読者登録してね

皆様、こんにちは♪ コンビニ和スイーツ第491弾

今回ご紹介するのは、ファミリーマートの『チョコバナナ大福(生バナナ入)』。 2/5に発売された「Sweets+」ブランドの「和菓子」シリーズの一品は、昨年の『ざくざくチョコクランチ大福』以来の"チョコクランチ大福"の第2弾! その味わいが気になります♪


まずはパッケージ、帯プリントに三重襷の柄を採用したお馴染みのデザイン。 左下には、商品断面とチョコのイラストをプリントしてあります。

袋を開けると、チョコクランチをまぶした大福が透明PPシートに包んであって、さらに型崩れ防止の透明トレーに入っています(約φ6×3.cm)。 まさに"チョコクランチの塊"、その見た目は健在ですね(笑)。

手に取ってみると、ずっしりと重量感があります。 切ってみると、チョコクランチの中に餅生地が、その中にはチョコクリームがしっかりと詰まっていて、中心にはバナナが入っています♪ インパクト抜群です!


ではでは、食べてみましょう♪ んー、"2つのチョコ"とバナナの組み合わせが斬新な創作チョコ大福! それぞれの食感と味わいが相性抜群です♪

餅生地はもちもちと弾力のある食感♪ ココアを混ぜ込んであるので、ほんのりとほろ苦風味です♪

チョコクリームはクーベルチュールチョコレートを使ったガナッシュ仕立てで、まろやかで口どけなめらか♪ 甘さ控えめでコクのある味わいが楽しめます。


もう一つのチョコが、表面のチョコクランチ。 細かく砕いてまぶされたチョコビスケットに、濃厚な味わいのチョコをコーティングしてあって、そのザクザク感が食感のアクセントになっています。

本品の特徴はバナナ♪ やわらかくてねっとり感があって、そのさっぱりとした甘さが"2つのチョコ"を引き立てています。


ちょうど1年前に登場した『ざくざくチョコクランチ大福』にバナナを組み合わせることで、さらにインパクトのある創作チョコ大福に仕上がっています♪

もうすぐバレンタインですけど、男性に義理チョコならぬ"義理チョコ和菓子"として渡してみるのも、面白いかもしれませんね(笑)。 見た目も味わいも楽しい一品、今年も美味しくいただきました!

価格は147円(税込158円)、カロリーは240kcal♪ 発売エリアは全国(北海道・宮崎県・鹿児島県・沖縄県を除く)。 製造は菓匠 杵乃屋、名称は和生菓子。

ではでは、この辺で。 今回もご覧いただき、どうもありがとうございました!


<原材料>
バナナ、乳等を主要原料とする食品、餅粉、準チョコレート、チョコビスケット、砂糖、ココア、植物油脂、トレハロース、乳化剤、加工澱粉、着色料(カラメル、紅麹)、グリシン、酵素、安定剤(セルロース)、乳酸Na、膨張剤、香料、(原材料の一部に卵、小麦、大豆を含む)

<成分表示>
たんぱく質 2.3g、脂質 10.7g、炭水化物 33.6g、ナトリウム 26mg
AD