大阪・平野 和処 Re楽 女将の日記

大阪・地下鉄(谷町線)平野駅すぐにあります和処 Re楽です。
寿司職人、ホテルの料理長の経験を持つオーナーシェフ自慢のお料理と次の世代につなげたい想い、おもてなしの心についてブログを書いています。

大阪・地下鉄(谷町線)平野駅⑤番出口より約90秒!

和処 Re楽(りらく)

【営業時間】
ランチ 11:00-14:00(LO13:30)
ディナー 17:00-23:00(LO22:00)

【定休日】
毎週火曜日

ご予約・お問合せは気軽にどうぞ
06-6708-3405

テーマ:

女将のゆみこです。

 
「いや~本当に貴重な体験をしました!」
とお客様から大喜びされた鱧鍋食べ比べの会です。
 
私自身、少しの違いはあるだろうが、
ここまで4つ全ての鍋の味が違うとは思いませんでした。
 
これ、テレビでやって欲しいと思ったほどです。
 
昆布も昆布処 『永楽』さんにご協力頂き、天然の無添加にこだわりました。
 
 
{2EF7423B-5901-4581-99A5-891B0BAA2181}
 
 
皆さん!
昆布にも天然と養殖があるってご存知でしたか?
 
見分け方は、なんと、袋に天然と書いてあるか書いてないかだそうです(笑)

それだけ?

分かりやす過ぎる〜
 
 
さて、鱧は梅雨の雨水を吸って美味しくなるといわれており、この時期はまだ「走り」なのですが、淡路から良い鱧が入りました。
 
大将が「俺の鱧を食ったら他では食われへんぞ~」と言いながら鱧の骨切りをしていました。
 


 

今回は梅肉で召し上がって頂く、鱧の落としも少しだけ皆様にお出ししました。
 
この長皿はお客様から「鱧鍋の会に使って」とお送り頂いたお皿で、鱧が映える!!映える!!
 ありがとうございます。
 
{38B70B65-0004-4CA9-A4DF-69D39E388E17}
 
さぁ「鱧鍋食べ比べの会」始まりです。
 
 
{A9558769-6906-4564-8D00-4ADA45279435}


まずは、昆布出汁だけで召し上がって頂く『鱧しゃぶ』です。
 
 
生の鱧をしゃぶしゃぶと四種類の昆布出汁で泳がし、一口!!
 
「ん~分からん」
「いや羅臼だけなんか違う」
「微妙にみんな違うんじゃない」と
「日高、甘みが増してる」

 
皆さんの主観に合わせ色々な会話が飛び交う中、やっぱり分からんか〜と思っていると、

大将が、昆布出汁だけでは、鱧が淡白過ぎで違いが分かりにくいと思いますので、鱧の骨や頭で出汁をとり味付けした出汁を足しますね。とのこと。
 
味が全部一緒になるんじゃないか?と
みんなの不安を横目に、

 
「はい、これで召し上がって下さい。」
 
{34B169CF-5B08-4D60-813D-01E5F133CAEA}


すると
 
「え~全然違う。」
「なにこれ美味すぎる!」
「四種類の出汁の違いが際立つな~」
「真昆布の出汁は慣れてるけど、他の三種類はこんな味がするんや」
「日高と羅臼の違いが1番分かるな~」
「違いはあるけど全部美味しい」
 
と皆さんわいわい言いながら、店中に鱧鍋のなんともいえない美味しそうな香りが漂う中、みなさんの鱧を取る手が休まる事なく、あっと言う間に雑炊に突入。
 
 
「雑炊まで違う!!」
「俺、違いの分かる人や!」
「なに!これめっちゃ美味い!」
「俺、羅臼が好きや!」
「私は、利尻が上品で好き!」
 
 
などと雑炊まで味の違いを堪能されました。
 
 
お客様のお一人が、
 
「これって凄く贅沢なことですよね。」
 
とおっしゃり、

 
皆さん「本当に貴重な体験をさせてもらいました。」
 
「なんか自慢できます。みんなに言います。」
 
「どの昆布出汁でも、美味いもんは美味いな!」
 
と喜んで頂けたようです。
 
{BFDD2A49-4386-4B8F-BE3B-C2F56AC911EF}
 
普段食事をされた時、出汁の美味しいさはわかるけれども、何昆布を使っているかまでは、意識しませんね。
 
でも、それぞれに旨味があり、合う料理も変わってきます。
 
料理の味を決める昆布出汁
 
「うまみ」の塊
 
この「うまみ」がわかる人が少なくなっていると、昆布処『永楽』の藤橋社長もおっしゃっていました。
 
 
今回のイベントで、「うまみ」の違いを体感して頂けた事、ご参加頂いた皆様には、本当に感謝致します。

 これからもうまみのわかるみなさんでいて下さいね。

ありがとうございました。
 

 

大阪・地下鉄(谷町線)平野駅
⑤番出口より約90秒!

 和処 Re楽(りらく)

【営業時間】
ランチ 11:00-14:00(LO13:30)
ディナー 17:00-23:00(LO22:00)

【定休日】毎週火曜日 【アクセス】

【ご予約・お問合せは気軽にどうぞ】
電話06-6708-3405

- 和処 Re楽(りらく)のイベント情報 -

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

お香創りの講座開催です!!

 

 

今から1500年程前に、仏を供養するものとして仏教経典と共に日本に伝来したとされているお香。
調香(ブレンド)で用いる香原料は、そのほとんどが生薬としても用いられる草根木皮です。

白檀をベースにして龍脳、丁子、桂皮など約10種類の天然の香原料を自分好みに調香(ブレンド)して、世界にたったひとつだけの、オリジナルの和の香りをつくりましょう。
(今回は文香も一緒に作ります)


香りの歴史のお話や、お香の効能についてのお話もしていきます。


◆御守り代りに(魔除け・邪除け)

◆和服のおともに

◆お財布・名刺入れに


良い香りは悪いものを寄せつけないといいます。
そして、和の香りはどこか懐かしくもあり心も落ち着きます。

忙しない日常の合間に、和の香りでほっこり癒しの時間をご一緒しましょう。
新しい自分と出逢えると思います。


当日は、和処 Re楽さんの美味しいランチを皆さんでいただいた後、お香作りにはいります。



日時 : 6月7日 (水) 13時~

料金 : 5000 円 和処 Re楽 ランチ(デザート付♡)&材料費込み

場所 : 和処 Re楽 (りらく)
〒547-0032
大阪府大阪市平野区流町1-7-1
06-6708-3405

持ち物 : 筆記用具

申込 : 『和処 Re楽』又は『縁心屋』 小浜まで

又はFacebookイベントの参加ボタンを押して下さい
クリック

 

 

Facebookイベントからの
お申込はこちら

 

 

大阪・地下鉄(谷町線)平野駅
⑤番出口より約90秒!

 和処 Re楽(りらく)

【営業時間】
ランチ 11:00-14:00(LO13:30)
ディナー 17:00-23:00(LO22:00)

【定休日】毎週火曜日 【アクセス】

【ご予約・お問合せは気軽にどうぞ】
電話06-6708-3405

- 和処 Re楽(りらく)のイベント情報 -

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

女将の由美子です。

 
【昆布と一緒に体感するUMAMIうまみ】セミナーと
【4種類の昆布出汁で鱧を食べ比べの会】を開催しました。
 
なんか面白くてみなさんの為になるイベントをしたいと企画したのですが、想像以上に実りの多いイベントになりました。
 
 
まずは日本人が感じなくなってきている五味の一つ「うまみ」を体感するセミナーでは、苦楽園昆布処 永楽さんの藤橋健太郎社長にお越し頂き、昆布について楽しく学びました。
 
{620EB053-3BE3-417E-B7B3-0CCB82C1AE1C}
 
昆布には、色々な種類があり、形も長さも厚みも全然違うんです。
 
 
実際に本物の昆布を手に取り

 
藤橋社長から
 
これは日高昆布です。」
 
「これは長昆布といって5mぐらいあるんです。」と、


それぞれの昆布の特徴をレクチャーして頂いた後、実際に皆さんにどれがどの昆布出汁か当てて頂きましょう。
 
 
{E776F8EF-F3C4-45B7-8924-7585B6BC4400}
 
え~っ
そんなのわかるの?と思いながら、用意されたのは『日高 利尻 羅臼 真昆布 顆粒だし』
 
一つづつ飲んでみると、確かに全て味が違うのには、皆さん驚かれていました。
 
 
「こんなに味が違うのですね~」
 
「でも、どれがどれか全く分かりません」
 
 
皆さんワイワイ言いながら、
 
さてさて、日高昆布の特徴は、磯の香りがほのかにして、その後すっきりとして最後にこくがくる。
 
 
「これ日高やと思う。」
 
 
羅臼昆布は濃厚で後に塩味が残る。
 
 
「じゃこれや!」
 
 
などと皆さんぶつぶつ言いながら、
 
 
「これだけ分かる」
 
「なんか人工的な味」とみんなが一致したのが、顆粒だしでした。
 
 
しかし、最近は顆粒だしに慣れてる方が多いので、この顆粒だしが「1番美味しい」とおっしゃる方が多いらしいです。
 
 
是非、芸能人の格付けチェックを昆布出汁でしてほしいなと思いました。
 
 
藤橋社長曰く、
 
どの昆布選びのコツは昆布の種類を理解し、詳しい人に聞いて、最後は自分の五感を大切に「なんかこれ自分に合うな美味しいなと思うものを選んで下さい。」
 
とのことでした。
 
 
また、昆布だしは、カルシウムは牛乳の7倍、マグネシウムは牛乳の50倍もあるミラクル栄養スープで、血圧を下げたり、コレステロールを減らしたりする健康効果もあるそうです。
 
 
なんか、きき昆布だしで、ちょっと健康になった気がするのは私だけ?
 
 
天然無添加にこだわる藤橋社長の想いがとても伝わってきたセミナーでした。
 
 
昆布の奥深さ先人の知恵に感動しっぱなしの私でした。
 
貴重な体験をありがとうございました。
 
 
次回は
 
【4種類の昆布出汁で鱧を食べ比べの会】を終えてをお伝えします。
 
 

 

大阪・地下鉄(谷町線)平野駅
⑤番出口より約90秒!

 和処 Re楽(りらく)

【営業時間】
ランチ 11:00-14:00(LO13:30)
ディナー 17:00-23:00(LO22:00)

【定休日】毎週火曜日 【アクセス】

【ご予約・お問合せは気軽にどうぞ】
電話06-6708-3405

- 和処 Re楽(りらく)のイベント情報 -

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

和処 Re楽(りらく)では、各種講座、イベント、お茶会、ランチ会などでもお使いいただけます。

 

 

5月31日(水)は日本デコずし協会マイスターの咲まきこさんが

 

「あじさいのデコずし講座」を開催されます!

 

 

 


日時:5月31日(水曜日)14時半から

参加費:2,500円(材料、レシピ、お持ち帰り容器付き)
※終了後、コーヒー、紅茶、ジュースの何れかをお選びいただけます

場所:和処 Re楽(りらく)
大阪府大阪市平野区流町1-7-2
電話06-6708-3405

締め切り:5月30日(火曜日)18時迄受付致します
 

 

 

 

大阪・地下鉄(谷町線)平野駅
⑤番出口より約90秒!

 和処 Re楽(りらく)

【営業時間】
ランチ 11:00-14:00(LO13:30)
ディナー 17:00-23:00(LO22:00)

【定休日】毎週火曜日 【アクセス】

【ご予約・お問合せは気軽にどうぞ】
電話06-6708-3405

- 和処 Re楽(りらく)のイベント情報 -

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

女将:あっ!「ウマズラハギ」やん

 

大将:誰が「ハゲ」やねん。

 

女将:お決まりのフレーズですにっしっし

 

女将:でも、カワハギの時期が違うんじゃない。天然もの?養殖?

 

大将:誰が「天然のハゲ」やねん!

 

女将::はいはい、そこまでボケんでいいから・・

 

大将:(真面目に)カワハギは秋から春先までやから、この時期にこれだけ太ったカワハギは養殖ものや!

 

女将:ふう~ん。肝ポン酢で食べたら美味しいよね。

 

大将:そやな。薄造りで肝ポン酢でお召し上がり下さい。

 

 

 

 

 

4種類の昆布だしで鱧鍋を食べ比べの会

~食べ比べるからわかる、旨みの極み~

 


日高、利尻、真昆布、羅臼
老舗こんぶ処の三代目と二人の料理人の共演を楽しみながら、昆布の種類で変わる鱧の旨みを体験しませんか?
 
 

ベルイベント内容 5月20日(土)

・第一部 16:00~ 昆布と一緒に体験する旨み/藤橋健太郎
・第二部 18:00~ 4種類の出汁で旬の鱧を食べ比べ/裏野 功・丸山 大介
 
・参加費/10,000円(一部のみ 2,000円、二部のみ8,000円)
・定員/限定25名様(10名様以上の参加で実施予定)

会場:和処 Re楽

お問い合わせ:和処 Re楽 TEL:06-6708-3405
(受付時間11:00~21:00 お気軽にお問い合わせくださいませ)

 

お申込はこちら

 

大阪・地下鉄(谷町線)平野駅
⑤番出口より約90秒!

 和処 Re楽(りらく)

【営業時間】
ランチ 11:00-14:00(LO13:30)
ディナー 17:00-23:00(LO22:00)

【定休日】毎週火曜日 【アクセス】

【ご予約・お問合せは気軽にどうぞ】
電話06-6708-3405

- 和処 Re楽(りらく)のイベント情報 -

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。