野蛮人

思ったことを書く。

それ以上でもそれ以下でもない。


テーマ:

過去に少し触れたのですが・・・


久しぶりに映画館に足を運んで映画を観て来ました。


ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女

公式HP http://www.disney.co.jp/movies/narnia/shell_content.html


指輪物語と双璧をなす大作ファンタジー


ネタバレは多分無いので安心してどうぞ!



近年、ファンタジー小説(特に児童向け)の映画化が進んでいます。


指輪物語然り、チャーリーとチョコレート工場グリム童話関連、そして今回のナルニア国物語


こうしたファンタジー小説の映画化

それは、欧米人の観点から言えば、おそらくこんな感じではないでしょうか?


「誰もが知ってるあの話を遂に映像化!」


これは、かなり的を得た考え方だと思います。


特に英語圏の人間の場合、指輪物語ナルニア国物語はかなりの多くの人間が読んだことがあると言えます。


しかし、日本の場合もそうですが、どんなに有名な小説だからといってその物語がどの国でも広く読まれているとは限りません。


しかし、メディアはそんなことお構いなく映画を売り出すわけです。


そこで私達はこのような選択に迫られるのではないでしょうか??



「映画を観るのが先か?本を読むのが先か?」


本を読めば、映画の展開がわかってしまいます。

しかし本を読むことにより、その物語に深く入り込めるのもまた事実です。


ミステリーものの映画であれば、先の展開が読めてしまっては面白みがないので映画を先に観るほうがお勧めだと思います。



ではナルニア国物語のようなファンタジー映画はどうでしょうか?



指輪物語の映画は非常によくまとまっており、本を読んでいない人間でも非常に楽しめる作品に仕上がっていたと思います。

ハリーポッターは妹の談によると、第3作「アズカバンの囚人」は本を読んでいないと内容がさっぱりわからない。対照的に第4作「炎のゴブレット」は非常に良く出来た作品だったとのこと。



では今回のナルニア国物語はどうなのか・・・?



個人的な意見ですが


原作を読んでから観たほうが良いかと・・・


上映時間は2時間半だったのですが、確実に3時間にするべきだったと思います。


映像は素晴らしく、子役の演技も満足でき、フォーン・ケンタウルス・物言う獣達など、ナルニア国独特の世界観は非常によく造りこまれていたと思います。


ただ、弱冠内容を詰め込みすぎたような印象を受けました。


今回は私を含めて3人(内2人は原作を読破済み)で映画を観に行ったわけですが3人ともに同じような印象を受けました。


上映時間を増やすか、或いは思い切ってナレーションを入れても良かったかもしれません。



何様のつもりでこんな偉そうなことをほざいているのかわかりませんが、決してつまらない映画ではないと思います。


興味のある方は足を運んでも損はありません。


第2章 カスピアン王子の角笛 は映画化されるのかな?

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ちょっと気が早いかもしれませんが・・・


「サッカーのワールドカップは研究室を休む理由になるのかな?」


そこんとこはっきりさせたいwadakenです。こんばんわ!



金曜ロードショーで「風の谷のナウシカ」がありました。


残念ながら研究室のせいで見ることができなかったわけなんですが、やっぱりすごい作品だと思います。


~暗い世界に指す一筋の光~

映画では希望を象徴するシーンでエンドを迎えます。


しかし、知ってましたか??


風の谷のナウシカには続きがあることを・・・


風の谷のナウシカには続きがあります。

正確に言うと、「風の谷のナウシカ」という映画は原作である漫画の内容を全て網羅していません。


というか、映画で語られる物語は全体の3分の1、いや4分の1程度でしかありません。


宮崎 駿
風の谷のナウシカ 1 (1)      
宮崎 駿
風の谷のナウシカ 7

大海嘯とは何なのか?

なぜ腐海ができたのか?


映画では全て語られなかった物語が紡がれてゆきます。


とにかく世界観が奥深いの一言


蟲、森、腐海、神、古の技、細かに創られた世界は無限に広がり


生死 滅びと誕生 戦争 自然 ・・・


色々なことを考えさせられます。


「世界が何処に向かっていくのか」


最終巻の第7巻 

言葉ではとても伝えられないラストが待っています。


ぜひ一度読んでみることをお勧めします。


昨日の「ウケる話力」 とは違って・・・

絶対に読む価値はあります。

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

私は基本的には慎重な人間です。


慎重すぎて今まで何度も何度も好機を逃してきました。(何の好機かは想像にお任せします。)


チャンス×


多分、人見知りしてしまうのも慎重な姿勢の表れです。


しかし


いつもは石橋を叩いて渡るぐらいの慎重さを持ち合わせていながら、私は時に何も考えずに勘違いな行動に出ることもあります。


故に人からは


一方通行の行動力を持った人間


とも称されます。



おそらくこんな本を買ってしまったのも、こんな私だからなのでしょうか??



近藤 勝重
「ウケる」話力―話材の集め方、話の仕方から自分の見せ方まで

タイトルを見た瞬間に衝動買いでした。



実は本自体を購入したのは結構昔なんですが、最近部屋の本棚を整理しているときにこの本が出てきて大爆笑してしまいました。



ちなみに内容は微妙です。

面白くないことはなくはない的な・・・その程度です。




皆さんもぜひ一度読んでみてください。


たいして面白くないですが・・・


「読んだことがある」それ自体が話の種にぐらいはなります!


その本を読んでいるあなたの姿を見た友人は、微妙な微笑を浮かべること間違いなしです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。