野蛮人

思ったことを書く。

それ以上でもそれ以下でもない。


テーマ:

オーストラリアのメルボルンにて世界体操選手権が行われています。


男子個人総合には日本から2人、富田洋之選手と水鳥寿思選手の2選手がエントリー

見事に予選を1位、2位で通過



そして今日行われた決勝にて見事に1・2フィニッシュ!!!



特に富田選手は2位以下の選手(水鳥選手)に1点以上の差をつける完勝。

まさに圧巻の強さを世界に見せ付けてくれました。



かつては王国と言われた日本体操界

しかしかつての栄光は失われ、混迷の時代を迎えてしまいます。

アトランタ五輪では10位と低迷、復活を賭けたシドニー五輪でも後一歩まで詰め寄るものの4位に沈むなど、日本体操界の苦悩は続きました。


しかし地道な強化を重ね続け、見事にアテネ五輪では男子団体で栄光の復活を告げる金メダルを獲得。

私もテレビでその演技を手に汗を握りながら見守っていたのですが、何回ハイライトでみても富田選手の鉄棒の演技での着地の瞬間に鳥肌が立ちます。



そして迎えた世界選手権



アテネ金メダルの日本の選手であるエースの富田選手には多くの注目が集まりました。


しかしそんな注目の中で、多くの選手が失敗を重ねる中で、全ての演技を手堅くまとめ、特に得意の平行棒では世界の強豪を寄せ付けない完璧な演技をこなし、前評判通りの大活躍

特に水鳥選手を含め前の3選手が連続で失敗していたあん馬の演技では精神的な強さを見せ付けてくれました。


一方で、あん馬で大きな失敗をしてしまったのにも関わらず、跳馬で高得点をマークし、2位にまで追い上げた水鳥選手も立派でした。


アテネ五輪後の体操界の騒動(→10.0が消える Part1  Part2 ) により、演技規定がまた少し変更され、多くの選手が苦戦する中、比較的にスムーズに対応した成果が大きく出たということでしょうか。


 詳しくは0.4点の加点が追加された。つまり今まで10.0の演技価値点だった演技が9.6点の評価となり、演技価値点を10.0点にするためには、0.4点分の演技を追加する必要が出てきた。


※2 演技価値点については→ 「10.0が消える Part1」



ちょっと気が早いかも知れませんが北京五輪でも活躍が期待できそうです。



しかし喜んでばかりもいられません。今回の世界選手権は多くの国が北京に向けて若手主体の選手団を送り出してきました。

また、中国の楊威選手やアメリカのポール・ハム選手などの有力選手はエントリーしていませんでした。



本番はあくまで3年後の北京五輪


日本選手もこれまでと同様に順調な強化に努めていってほしいものです。


といってもまだまだ先の話ですね。

とりあえずは、この後行われる種目別に期待したいと思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

実験の関係で研究室に泊まりこんでいるため、ありえない時間に更新!


この実験が何の役に立つのか、自分の人生において少しでもプラスになることがあるのか本気で教えて欲しい・・・


さてさて愚痴は置いときまして前回に引き続き体操のお話です。



その前に、何故2回に分けてまで体操の話を熱く語るのかというと、これにはちゃんと理由がありまして~


私は自分で言うのもなんですが・・・

あらゆるジャンルのスポーツを貪欲に観戦し続け、オリンピックがあった日には、柔道やサッカーや陸上などのメジャーどころはおろか、重量挙げ、アーチェリー、射撃などに注目し、マラソンはスタートからゴールまで一部始終を見続け、あらゆる競技を観戦し続けて睡眠不足により体調を壊してしまうほどの、真のスポーツ大好き人間だと自負しています。

そして

ここまでえらそうに主張する私の中では、無茶を重ねて見てきた様々なスポーツの中で、「体操はもっと脚光を浴びてもいいスポーツだ」という結論に達したんですね。(ラグビーももっと脚光を浴びてよい)



つまり力説させてもらいますと


体操とは・・・


一般Peopleではありえない鍛え抜かれた筋肉と、常人離れしたバランス感覚で人間の運動能力の限界に挑む演技です。


確かに初めて体操を見る人にとってはあん馬などは退屈かもしれません。

しかし、そういう体操観戦素人さんはぜひ男子の鉄棒を見て欲しい!!(女子の段違い平行棒でも良い)


体操競技の華と形容される鉄棒


それは、人間の筋力と、地球の重力と、遠心力とが織り成す奇跡の演技である。


普通の人は大車輪(鉄棒を軸に回転すること)すら出来ません。大車輪すら出来ない我々にとっては、コバチコールマン などはまさに神の領域のパフォーマンスと言ってよいのではないだろうか?


そうこうしていく内に体操に興味を持つことが出来れば、あん馬や吊り輪の醍醐味が分かってくると思う。


そうやって体操の魅力に魅せられると、馴染みのないイントネーションが多い体操の技の名前も覚えれるようになると思う。


有名どころからいくと、コバチコールマンモリスエムーンサルトなどなど・・・

ちなみに幼き頃にモリスエ塚原飛びなど日本人の名前に由来した技が多いことと、親が言う「日本は昔、体操王国だった。」と言い聞かされていたことが相まって、コバチ→小鉢さんの技、ギンガー→銀河さんの技、などと完全に勘違いしていたことも今では懐かしい。



話が逸れたので本題に戻ると


前回の記事 にて10点満点の歴史?などについて触れましたが、やはり今回、採点方法の大幅な見直しに至った原因として先のアテネ五輪によるところが大きいと思える。


特に問題となったのが男子種目別の鉄棒の演技、演技する選手は団体のときの鉄棒の演技によりそのメンバーが決まるのだが、多くの選手がルールの限界近くまでその実力が到達し、まったく甲乙が付けられず、8人の選手による決勝の予定が10人の演技者で行われるという緊急事態に至ってしまいました。


私はテレビで放映される体操競技の演技の一部始終を見ていたが、鉄棒競技は大半の選手が演技価値点が10点に到達しており、日本選手は足のつま先から着地までしっかりと決めてくるし、離し技(鉄棒を一回放す技 コバチとか)を3連続する選手や、スーパーE難度であるコールマンコバチと連続でやったり伸身で行ったりと、人間離れした大技の連続でして、確かにこれでは審査員も得点を付けるのは並大抵ではないと実感しました。


確かに10点満点という演技レベルのラインに選手の実力は限りなく近づいているようです。


そして審査員の採点での苦悩を象徴するかのような事件が、ロシアのアレクセイ・ネモフ選手の得点増加事件ではないでしょうか?

詳しく説明すると、ネモフ選手の演技の得点に観客がブーイングし、その結果得点の再検討が行われ、あろうことか得点が上昇じてしまったという事件です。


世界最高峰の舞台であるオリンピックで審判の判定が覆る  これは絶対に起こってはいけない事態ではないでしょうか?(シドニー五輪で篠原選手の判定は覆らなかったのに・・・)おそらく審査員ももはや演技に甲乙を付けることが出来なくなったのでしょう。


このことは、限りなく高次元のレベルに多くの選手が到達してしまい、もはや10点満点ではその演技を測ることがことが出来なくなってしまった・・・その証拠ではないでしょうか・・・?


ほかにも個人総合で演技の採点に不備があったりと問題が続出したのが最近の体操界です。



今回の得点の評価法の変更が、これからの体操界にどう影響を及ぼすかはまだわかりません。しかし体操の代名詞であった10点満点という楔から開放された選手が、どのようなパフォーマンスを見せてくれるのか?そしてその評価はどれだけのものなのか?


今後の体操界から目が離せません!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

少し前の話題なのですが・・・


オリンピックの体操競技にて、その代名詞とも言える「10点満点」が消えました。


? という方もいるかもしれませんね。


なにをかくそう、私は体操部所属の友人Hから

「素人(体操を実際に行ってない人)でこんなに体操に詳しい人は初めてや!!!」

と言わしめるほど、幼きころから体操を見続けて云年の実力者なわけでして、じっくり、ばっちり2回にわけて説明させてもらいます。




「10点満点」


この言葉はおそらく誰もが聞いたことがあると思います。


オリンピックの体操競技は大まかに言うと、最初に選手個人が決める演技構成(今からする演技の予定表のようなもの)があって、そこから実際の演技を行い、審査員がミスに対して減点をしていくという流れで得点が算出されます。


簡単な演技であればミスは起こらないわけですから、演技構成にはそれぞれ演技価値点というものが設けられています。演技価値点とはすなわち 構成されている演技を仮に完璧にこなした場合に得れる得点のことを言います。


最終的に


演技価値点 - 実際の演技での減点 = 得点


この方程式が体操競技の得点の換算方法になるわけです。

ちなみにこれは、俗に言う体操競技=体操・新体操・トランポリン の全てに共通される換算方法です。



つまりこの方程式に当てはめると、10点満点を出すには最低でも演技価値点が10点満点の演技構成をしなければなりません。

で、当たり前の話ですが価値点が10点満点の演技ともなると当然その難易度も桁違いな演技構成になるわけでして、現にオリンピックに出場している選手でも演技価値点が10点に満たない演技構成を行う選手はいくらでもいます。ちなみに技の難易度はアルファベットで表します(C難度、E難度のように)。


一口に10点満点の演技と言ってもピンと来ないと思いますので。例として跳馬の10点満点の演技を紹介したいと思います。(跳馬がわからない人は、学校の体育の時間に跳んだ跳び箱(8段ぐらいかな・・?)をイメージしてください。)


今、目の前に8段ぐらいの跳び箱があると仮定して10点満点を出すためには、踏み台でジャンプして跳び箱に手を着きその反動で


3回転1/2ひねり ローチェひねりドラグレスク跳び)←技の名前


を行う必要があります。



確かめる必要もないとは思いますが・・・常人では無理!絶対無理!!


とにかく10点満点の演技を行うだけでも難しいわけでして、さらにそれをノーミス(着地をしっかり決める・回転の時足が揃っているとか)で行うのは昔は無理とも思われていました。



しかし、1976年モントリオール五輪で世界は震撼します。


ルーマニア代表 ナディア・コマチネ選手による10点満点の獲得


この10点満点には色々と噂なり何なり(点を上乗せしていたという疑惑)があるのですが、とにかく

当時としては信じられない難易度のレベルの技を完璧にこなしたという事実

この偉業により世に広く10点満点という言葉が響き渡ります。


そして1984年ロサンゼルス五輪にて森末慎二選手による、鉄棒の10点満点獲得。このことにより日本でも「10点満点」は広くお茶の間に流れることとなります。


現在では、特に体操演技に関係なく完璧なパフォーマンスのことを例えて「10点満点」と使うまでに社会に浸透しています。ちなみに今ではあまり使わないかもしれませんが「ウルトラC」という言葉も元は体操演技から広まった言葉です。


こうして世間一般に知れ渡った10点満点なのですが、ここから選手と10点満点演技とのいたちごっこが始まることとなります。


大体一つの演技で2人が10点満点を出してしまっては甲乙が付けれないので、簡単には10点満点が出ないように演技価値点の見直しがオリンピックや世界選手権が開催される度に行われました。こうしてかつては10点満点を出すに事足りたC難度の技が時代遅れの産物となりD難度、E難度、F難度・・・とはてしなくエスカレートしていくこととなりました。


例えば、森末選手が10点を出した鉄棒の主要構成とも言える技の一つにトカチェフという技があるのですが、現在はアメリカのポール・ハム選手が屈伸・伸身・開脚の3連続でトカチェフをするまでに至っています。


このようにして体操界では選手と10点満点との競い合いが今まで続いてきました。



しかし今、アテネ五輪での事件を大きなきっかけとして、その流れが大きく変わろうとしています。


続きは次回で・・・(もう意識が限界です・・)



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。