野蛮人

思ったことを書く。

それ以上でもそれ以下でもない。


テーマ:

唐突な話なのですが


私のバイト先

名前を出してもさしつかえないでしょう。


「いろはかるた」という居酒屋なのですが、そのバイト先の居酒屋が5月7日を持って閉店することになりました。


店は私が大学1年生の頃の11月30日(31日だったけかな?)にオープンしたので、足掛け3年と5ヶ月と8日間の期間営業していました。


ちなみに私はオープニングスタッフでして、バイト最古参の長老的存在!?です。



閉店の理由は売り上げの不振による経営難

実際バイトの私の視点からいっても、店は繁盛しているとは言いがたい状況ではありました。


沢山の親友が出来た思い出深い場所なわけですが、社会というものはやはり厳しいわけで、私個人にとってどんなに素敵な場所でも、居酒屋・飲食店の経営という意味ではよい場所にはなり得なかったということです。



居酒屋の場所は駅から歩いて5分程度、国道沿い、立地条件としてはまぁまぁかもしれません。

ただ駐車場の位置関係が悪かったり、より駅から近い場所に「白木屋」「八剣伝」「和民」といった大手の居酒屋が出来たりといった様々な要因が顧客を獲得できなかった理由にあげられると思います。


適当な店だったわけではありません。社員の方々は店の売り上げを少しでも上げようと努力はしていました。光熱費の節約、バイトの教育、メニューの変更などなど・・・



しかし、どこかの店が儲かれば、どこかの店の売り上げが落ちる。

世の中そんなものなのかもしれません。



こんなことを言っては失礼かもしれませんが、いい経験をさせてもらいました。

経営というものの難しさ、一つの店を運営する難しさ



私は、唯一、開店から閉店までを見届けるバイトとなりました。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

卒業生の人達に末期の言葉を送った後、すっかり音信不通だった野蛮人の管理人wadakenです。かなりお久しぶり。


このブログ野蛮人なのですが、こんな不定期にしか更新しないブログにわざわざ足を運んでくれた方本当にありがとうございます。



さて、タイトルにあるとおりお知らせなのですが・・・


このブログ野蛮人の更新はおそらく「一週間に2回ぐらい更新」ぐらいののんびりとしたブログになります。


新しい年度の始まりということで、4月半ばまで給料も発生しない、ちり紙よりも役に立たない論文を書くための研究活動を始めた結果、昨年のようにハイペース(グダグダでしたけど)での更新は時間的に無理という結論に達しました。


これからの目標は


「量より質」


更新回数は少なくなるけど、その分読み応えのある内容を目指すので、今後とも足をお運びくださると幸いです。


今後の更新予定は


卒業旅行スペイン特集

Jリーグ戦力分析&順位予想

プロ野球戦力分析&順位予想

スペシャルコラム スラムダンクはなぜ名作なのか

だってワールドカップですから

研究室の愚痴

多分フルマラソン挑戦日記

ラグビー最高

料理万歳

今年も行くぞsummer sonic

氣志團現象

宗教に関するエトセトラ

臨機応変株物語

などなどなどなど・・・


節操なく心に思いついたことを書き続けます。

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

今回のブログは個人的なものです。

「私」という人間を実際に知っていないと、意味がわからないのでそのへんは悪しからず・・・



大学を卒業しました。


私は大学院に進学することもあって、あまり実感が湧きませんでした。


でも、私は留まっていても、周りの時間は関係なく過ぎてゆきます。


何人もの友達が新しい船出をし、地元や就職先へ旅立って行きました。


残された私は・・・


さ・・・さみしい・・・寂しすぎる・・・



大学で出会った友人達のことを思うと、卒業したことに対して実感が湧きます。


色々な人に出会えた大学生活ですが、特に印象的だった人達にこのブログを通じて、感謝の意というか、贈る言葉というか、自己満足の独り言を述べたいと思います。



学科関係

大学でまず初めに顔をあわせたのはやっぱり同じ学科の人達でした。最初は皆の関西弁に戸惑ったな~


友人F

私は地方から出てきた田舎者で、しかも浪人しているわけでして・・・同世代の友人はすでに大学へ進学していたため、関西に来たときは、本当に無人島に辿り着いた漂流者なみの孤独を味わっていました。

そんな最中に、最初に声をかけてくれたのがFでした。大学で出来た初めての友人で、彼には本当に感謝しています。その性格は、とにかく「爽やか」の一言。見た目も性格も爽やかBOYでした。

春からは銀行員で、東京に出ていっぱい勉強もせないかんけど、彼なら難なく乗り切れるはず。だって彼には人を惹きつけてやまない「爽やかさ」があるから!


友人M

Mは自分の中では完全にお笑い担当で、Mには本当に楽しませてもらった。

卓球で付属校に入学したのにバレー部に入ったたいうその生い立ちですでにツッコミどころ満載。時に笑いを求めるあまり暴走するのもある意味彼らしいなぁ~と・・・

Mの魅力はやっぱり運動神経とありあまる音楽の才能!?だと思うし、その線から攻めていけばいつか素敵な恋にめぐり合えるかと・・・

彼を見て関西人は面白いな~と思うことが出来ました。これからも皆の輪の中心になって頑張ってくれぃ!


同じ学科の人には本当にお世話になったと思う。プライベートでも単位でも・・・

皆のおかげで卒業できたと本気で思う。HとかFとかHとかHとか(頭文字Hの人ばっかりだな!?)本当にありがとう。みんな仕事頑張って!



サークル関連

大学入ったはいいけど、授業の意味はよくわからない・・・そんな学生生活で一番頑張ったのはやっぱりラグビーサークル(バーバリアンズ)だったと思います。私の世代は特に人数が少なかったんですけど本当にサークルは頑張った!!まだまだお世話になるつもりだけど


マネージャーYちゃん(サークルではマネージャーは”ちゃん”付けです)

私の世代はとにかく人数が少なくて、キャプテンのI(キャプテンIは留学した関係でもう1年大学に)と自分で途方に暮れていたとき、そんなときに支えてくれたがマネージャーの、いや16番目のプレーヤーのYちゃんでした。バーバリアンズを鼓舞し、相手チームへは「死んでしまえ!」発言。Yちゃんには本当に沢山助けていただきました。

Yちゃんはとにかくラグビーに詳しくて、日本代表の話とかも平気でついてくる兵(つわもの)・・・マネージャーの鏡です!!


後輩H

高校の後輩・・・しかし大学では同級生・・・

後輩であるHが誘ってくれなければ、私はバーバリアンズに入らなかったわけで・・・そいう意味では感謝しても感謝しきれない恩が彼にはあります。

これから警官になることに対してはイマイチ実感が湧かないのだが、本当に頑張って欲しい。

しかし警察の寮に行く初日にメガネを洗面所に忘れたと聞いたのだが・・・本当に大丈夫なのだろうか??

以外!?にモラルはしっかりしているのでいい警察官になりそうな気もするかな。。


サークルで忘れたはいけないのは先輩方。Hさん、Yさん、Zさん本当にありがとうございました。特にZさんには本当に感謝。Zさんがいなかったら・・・氣志團現象は起こらなかったことでしょう。Kさんは博士課程に進むということで、また会えますよね!?



バイト関連

ある意味大学生活で最も印象的だったのはこの「バイト」かもしれません。

アルバイトは単なる「お金を稼ぐための場所」って意見もあるけど、私は今のバイト先を働く場所として選んで本当に良かったと思えます。


友人S

大学生活で沢山の人達と知り合うことが出来ました。しかし沢山の人達の中でも、最も衝撃的な出会いだったのがSだったかもしれません。Sとはとにかく話が合います、同じ物を見て同じように面白いと言えるというか・・・「意気投合」って言葉があるけど本当にそんな感じかと!

バイト仲間で色々と企画をしたけど、発端が「私&S=グダグダ決定」みたいな方程式が出来上がってましたね~ 色々と迷惑かけたし、引越しのときにDVD貰ったりと最後までお世話になりっぱなしだったけど、同様に私も色々とネタを提供し続けたし、プラマイゼロってことでいいよね??勤務地決まったら教えてな。


友人H

大学生活で知り合った人々の中で最もアクが強くて・・・でも積極的だったのがHだと・・・

急に踊りだしたり、氣志團現象が起こったりと、ノリがいいのが最大の特徴。色々と話すことがあるだろうに、最後のほうは研究室の愚痴の言い合いになってしまったのが心残りです(笑)

その恋愛感については、もはや「君はわが道を貫き通してくれ!」としか言いようがありません。

関東に出て色々と大変だと思うけど、持ち前の積極性で社会の荒波を、むしろ楽しむように乗り越えてくれるだろうと信じています。


UM

上の二人ほど話す機会はなかったけど、二人とも本当にありがとう。二人とも袴姿可愛すぎです♪ばっちり脳に焼き付けました。

Uは遠く九州で働く可能性がたかそうだけど、時々は関西に遊びに来てね。Uに次会うときに、大人の女性の雰囲気が醸し出されているのか非常に気になります。仕事の愚痴もぜひ聞かせて!

Mは本当に自由人(何となく)。でも自分の好きな仕事を出来るらしいし、生き生きと働いて欲しいと思います。なんかマイペースで飄々(ひょうひょう)と生きてそうだな~



何しに大学に来たのか未だによくわからないどうしようもない自分だけど、皆に会えたことは間違いなく財産


これまでありがとう!これからもよろしく!!

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

ニュースでとある事件が報道されていました。


「エジプト政府はアメリカのメトロポリタン美術館に対して、エジプト展で不当に出品されている品物をエジプト本国に返却するように講義している・・・」



世界の3大博物館(美術館)は


大英博物館 (イギリス)

ルーブル美術館 (フランス)

メトロポリタン博物館 (アメリカ)

と一般的にはみなされています。これにはまぁ異論の余地はないと思います。



ところで、上記の中で2つの博物館は「ある同じような題材」を目玉の一つとして出品しています。

それは「エジプト展」


エジプトは知っての通りアフリカの国

エジプトで出土された美術品・あるいは考古学的価値ある品物が何故遠く離れたアメリカ・イギリスで出品されているのか?


皆さんは不思議に思ったことはありませんか?




私は以前にトルコに旅行に行きまして、かの有名なトロイ遺跡 を見る機会に恵まれました。


トロイ遺跡を観光中に遺跡の説明をしていたガイドさんがある言葉を発しました。



「ここ、トロイで出土された品物の大半は、「大英泥棒博物館」に飾ってあります。」




現在、遺跡の発掘作業は基本的には、遺跡が所在する国の政府の了承を得た結果、発掘されることが許されます。


例えばエジプト考古学で有名な吉村作治さんも、エジプト政府容認の元に発掘作業を行っています。



しかし昔は違いました。


遺跡が所在する国の政府の支配基盤が弱い場合(基本的に原因は欧米諸国の列強支配による)、遺跡の発掘作業はお金持ちの欧米人の思いのままの時代がありました。


エジプトから出土された数多くの品物も、その大半は植民地支配していたイギリスに渡り、現在もイギリス国内に貯蔵されている物が多々あります。


また、イギリスに送る途中で船が沈没してしまったため、海中に沈んでしまった貴重な出土品が沢山あります。


イギリス国内に送られた美術品は、イギリス国内で競売などに賭けられることも多く、それらの品物をメトロポリタン博物館も落札していました。



エジプトほどではないにしろ、欧米諸国から多大な干渉を受けていたトルコの遺跡も同じことが言えます。



確かに、遠い昔に忘れ去られた遺跡に現代の日の光を当てたのは欧米人かもしれません。

しかし、その国で出土した価値ある品物を、その国以外に持ち出すことは問題ではないでしょうか?


これは非常に難しい問題だとは思います。

あのツタンカーメンの王墓を発掘した、ハワード・カータージョン・カーナボンも、遺跡の所有権を巡ってイザコザを起こしたという記録もあります。


仮に、日本の正倉院に治められた国宝が外国の博物館でしか見れないとしたら・・・

やっぱり面白くないものです。



考古学って難しいですね。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

私は歴史が大好きです。



人が生きてきた証が歴史の中には確かにあると思います。



本を読んだり、そういった題材を扱っているテレビ(世界不思議発見とか)を見たり、色々なメディアを利用することでその知識は増やすことが出来ます。


でも、やっぱり「実際に見る」のが一番だと思います。


タイムマシンでもなければ実際に過去の時代を見ることはできません。


でも、遺跡や遺産を見ることで、調べることで、触れることで、考えることで


頭の中で過去に起こった壮大な物語を膨らませることが出来ます。


私はこれまでに幾つかの、人類の残した足跡とも道標とも言える壮大な世界遺産を何箇所か見る機会に恵まれたのですが、その全てが非常に感慨深いものでした。


故に、あの感動をもっと味わうために、自分の希望を叶えるために、私は行ってみたい場所、見てみたい世界遺産が沢山あります。




ところで・・・


皆さんは「モンタナ ジョーンズ」というアニメを知ってますか?

NHKでかなり昔に放送されていた(最近再放送されたらしいのですが・・・)アニメです。


HP:http://www3.nhk.or.jp/anime/archives/montana_index.html

参考HP:http://www.kusa.ac.jp/~kaori-fk/syu-mon.html


内容を簡単に説明すると、貧乏旅行会社を経営する主人公モンタナが、親友の考古学者アルフレッド、お金持ちのお嬢様メリッサらとともに、アルフレッドの上司であるギルト博士からの指令をこなしてゆくという考古学アドベンチャー物語です。


題名の通り、有名な映画

パラマウント ホーム エンタテインメント
アドベンチャーズ・オブ・インディ・ジョーンズ コンプリートDVD

インディ・ジョーンズの影響を受けているアニメなのですが、考古学者であるギルト博士からの指令を受けて、世界中の遺跡を駆け巡る物語は実に爽快なんです。


世界でも様々な国で放送されている何気に凄いアニメーションらしいです。


さて少し話は逸れましたが、このアニメ「モンタナジョーンズ」の中で、毎回悪役が出てきます。


世界中の人類の宝とも言うべき価値ある遺産を全て独占しようと企む悪の貴公子「ゼロ卿

部下にはドジで間抜けなスリムやらスラムやら、狂科学者のニトロ博士など個性的なキャラクターが非常にいい味出してるんですが、物語中で(毎回ですが)このゼロ卿はあるセリフを言います。


「世界の考古学的遺産は全てわがゼロ卿のコレクションに・・・」


アニメの中の話ではあるんですが、これって凄い魅力的で壮大な野望だと思うんですね。


まぁコレクションとは言わないまでも・・・


「世界中の世界遺産を全て見る」


これは私の人生を賭けた夢です。

しかしこの夢の実現は中々・・・難しいですね。


とりあえず今特に行ってみたい世界遺産は~


ペルー ナスカの地上絵

ヨルダン ぺトラ遺跡

中国 九寨溝(きゅうさいこう)

エジプト ルクソールとかピラミッドとか

フランス モンサンミシェル

マリ トンブクトゥ

カンボシア アンコールワットの遺跡群

南米(ブラジル・アルゼンチン・パラグアイ) イグアスの滝

・・・・・・・・


ってまだまだあるんですけどこれじゃキリないですね・・・


う~~~ん・・・野望制覇には気が遠くなるほど遠い

とりあえずまず日本の世界遺産を網羅せねば


そういえば先に紹介したモンタナジョーンズなんですけど、エンディングテーマはTHE ALFEEの”エルドラド”


良いです。ぜひお聞きあれ!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

最近、色々あってブログをサボり続けてしまいました。

今日からコツコツと更新したいと思います。


春は別れの季節です。


私も大学を卒業して・・・


大学院(同じ大学)に・・・


イマイチ実感が湧きません。


でも親しい友人が次々と引越しってゆくのを見ると、


「卒業したんだなぁ・・」


そう思います。


長いようで短い4年間でした。


今の時点で大学生の方は、今のうちにやりたいことを、どんなことでも積極的に取り組むことをお勧めします。


そう、例えば、フルマラソンとか、トライアスロンとか、富士登山とか・・・


社会人になったら中々できないよ!!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

3月4日 ワタクシwadakenはスペインへ逃亡・・・旅行に行ってきます!!


ここ最近では明らかに嬉しいことなのでテンション上がりっぱなしで眠れません!!


氣志團流しながら荷造りしてます!めっちゃノリノリです。


スペインの歴史をおさらいしてます。


冷蔵庫の腐りそうな物を片っ端から調理してます。


嬉しすぎる!!


逃げるように研究室をぶっちぎり、旅路の準備にいそしむ私


帰ってきたときパソコンのメールボックスを開けるのがかなり怖いですけど・・・


とりあえず、憂鬱なことは忘れて海外旅行を楽しもうと思います!!


ではでは


3月11日以降にスペイン旅行を振り返ろうと思います>


いってきま~~~~す



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

最近・・・いや、かなり前からですけど


研究室に行こうと思うとお腹が痛くなります(そんな気がする)。

研究室に行こうと思うと吐き気がします(そんな気がする)。


完全に心の病です。



でも、このような経験は私は初めてではありません。


思い返せば高校時代・・・

ラグビー部のあまりの練習の過酷さに、朝の授業を基点に、時間の経過とともにテンションが低くなるラグビー部の面々・・・


部活を休むために、学校を休む


そんな密度の濃いあの頃は・・・


皆が気分的にどこか体調に不安を抱えていたと思います(笑)


しかしラグビーというスポーツには、こんな僕らを見透かしたように

こんな言葉がTシャツに伝承されています。



「風邪・腹痛・熱・捻挫・・・・・・・そんなもん走ったら治る!」



はい・・・ぶっちゃけ治りました。



俗に言う「精神が痛みを超越した状態」になってましたもん!多分

当時は分からなかったですけど、今思えば、多少は「エンドルフィンが分泌されていた」ような気もします。


※1 試合中は気付かなかったけど、試合終了後、怪我していることによく気付きます。しかもかなり痛い。何で試合中は平気だったのだろう??

※2 エンドルフィンとは脳内から分泌される麻薬のようなものです。医療などで使うモルヒネなどよりもその濃度は何十倍も濃く、痛覚とかが麻痺しちゃう・・・麻酔ですね。


詳しくは

板垣 恵介
グラップラー刃牙 (25)
和月 伸宏
るろうに剣心―明治剣客浪漫譚 (巻之6)

を読もう!!(一部の人間の間では”闘魂の書”とも呼ばれる作品です。多分)



まぁ、話を戻しますと、すんごい憂鬱でも走ってたら治ってたんですよ!



しかし、今は・・・・・まさか研究室で走るわけにも行かず


う~~~ん・・・憂鬱です。

気分転換にブログを更新。

あのころの我武者羅さを取り戻したい昨今です。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は前々から計画していたスノボの日

本当は7人ぐらいで行く予定だったけど・・・
あいつぐキャンセルが出て結局三人の少数精鋭になっちゃったけど・・・

でもいいんです!!(川平慈英風に)
待ちに待ったスノボにやっと行けるんだし。


朝の6時半の電車に乗って、目的の伊吹山へ
雨が降ってるけど気にしない
JRの長浜駅で降りて、バスに乗り遅れちゃったからタクシーで
8時ちょい過ぎに目的地である伊吹山スキー場へ連結するゴンドラ乗り場に到着~♪


あれ・・・・!??
スキーやスノーボードをレンタルする店が閉まってる・・・


「本日強風のため運行を中止します」


・・・・・・強風・・中止・・



うわ~~~~ん!!(T T)
あんまりだ・・・

こんなこと言ってもしょうがないけどさ~~
他の友達が、卒論から解放されて有意義に過ごしてる中で、研究室に拘束され続けて、必死の思いで時間を空けてスノボに挑んだのに・・・・・
惨めだ・・・


降りしきる雨は冷たく 、風は容赦なく暴れ狂いました

友人Hの傘は壊れ、荷物はずぶ濡れ

帰ろうにもバスは1時間に1本程度

他のスキー場にに移ろうにも、タクシーを利用するしかありません。しかしタクシーだとお金が・・・・


悲嘆の雨に打たれながら、私達は帰路につきました。
何もせずに帰るのは余りにも癪(しゃく)なので駅弁を買って食べました。

買った時刻は午前10時頃、ちなみにお腹はまったく空いていませんでしたが・・・


こうして朝6時半に駅を出た旅は、同日午前10時半に駅に戻る形で終了しました。


実に4時間の短い旅

その間に使ったお金は

電車代 950×2
タクシー代 1300
バス代 350
朝食代 約480
駅弁代 1000

朝雨が降っている時点で中止にする勇気が必要でした・・・


悲しい・・・ただただ悲しい・・・

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は・・・

家で一日中「再々々々提出ぐらいの卒論」を作成しているはずのwadakenです・・・

しているはずです・・・

しているはずだよね?俺・・・汗汗

卒論にも関係あることなんですが、私の文章にはやや(かなり?)問題があります。

今までの過去の文を振り返ってもすぐわかるのですが、とにかく文章が長い長い・・・

まぁ内容が充実していれば文が長くてもまったく構わないわけですが、いかんせん実りのある内容が少ない!

駄文である上に、文章が長い!

デジカメ持ってないから画像も少ない!

内容がショボイことに関しては、アホ研究室のせいで、研究以外のことをほとんど何も出来てないことが関係してるとは思います。

「じゃあ研究のことについて書けばいいじゃん!」なんて意見が出てきそうですがそれは無理。

だって興味も関心もまったくない研究を無気力に強制的にやらされているだけですから!

愚痴しか書くべきことがないですから!

  ↑

あ~~~もう結局、全てが研究室のせい・・・

もうグダグダ×100です・・・

なんだ、書いている人の性格そのものじゃん!

私が目指す文章

それは、文章から知性が湧き溢れ出るような、湯水のように新鮮な単語がですね~

ラグビーならスクラムから飛び出すフランカーのように

サッカーなら鋭い飛び出しを見せる2列目の選手のように

テニスで言うなら「ここでドロップショット~!!??」みたいな

野球で言うなら満塁本塁打の後に、セーフティバントを試みるような

体操で言うなら屈伸・伸身・開脚の連続トカチェフでお腹いっぱい

アメフトならばQB4回連続run攻撃でまた突っ込むのかよ!みたいな

バスケットならば3Pシュートでカウントもらって4点プレイ

最近の話題であわせるなら

カーリングで言うならトリプルテイクアウト

アイスホッケーならば”浮かしたパックをそのままボレー”

スピードスケートの選手だけど競輪もやってる

リュージュもボブスレーもスケルトンもやるよ

俺スポーツ大好き!

それこそボクサーの繰り出すパンチのように、矢継ぎ早に相手に衝撃を与える単語が宝石のようにちりばめられている文章

「読む文章」から「読ませる文章」

相手がリズムに乗るようについつい読んでしまうような文章

言ってしまえば、知性を爆発させるような文章です。 (Uさんすみません。ネタ!?パクりました。)

私はそんな華麗な文章を目指しています。ちなみに私は漢字検定2級です。

理想の形をダラダラと述べたわけですが、今のところはっきり言って理想論です。

でも、私の考える華麗な文章の完成形を持っている人間は確かにいます。

完全に真似をするつもりはないですが、ある意味目標の作家はいます。


その作家とはっ~~~~

川原 泉
ブレーメンII (1)
川原 泉
小人たちが騒ぐので
川原 泉
新・本日のお言葉

川原泉さんでございます。

いや、さん付けなんて馴れ馴れしい・・・川原泉大先生でございます。。


「は?誰?」

そんな人もいるとは思いますが、一部の人間の間では神と拝められている

最高の漫画家であり、エッセイストであり、大作家です。


彼女のことを「教授(プロフェッサー)」と呼ぶのはこの世界の常識であり、ときに親しみをこめて「カーラ教授(この場合は”きょうじゅ”と読む)」と呼ぶことも多分常識です!


とにかくその文章は凄いです。

センスに溢れているというか、何というか・・・ その文章は哲学的でもあり、愉快爽快、常に読者の死角から溢れる言霊です。


とにかくその文章にぜひ触れてみて欲しい。


教授の手にかかれば、一つのエンゼルパイですら


「優雅さを気品と威厳でサンドイッチにして、高貴さでコーティングしたエンゼルパイ」


となってしまう。(※笑う大天使(ミカエル)より)


極端な話、小学校の国語の授業は既存の教科書なんてやめて教授の漫画にするほうが効果があるはずです!!流暢な文章のみならず、オペラの知識から、理系用語まで幅広い知識を習得できます!


何言ってんだ!?とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、私は完全に本気です!


私にあれだけの文が書ける日が来るんだろうか・・・?




冒頭に「文が長い」と悩みを告白したのにも関わらず、この長ったらしい文章・・・

卒論もこんな感じで、文だけは長い見せかけだけの論文を提出し、人の1.5倍ぐらい時間がかかってます。


この文書くのに3時間ぐらいかかったけどその間は勿論卒論やっておりません!!


頑張れ!俺!

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。