野蛮人

思ったことを書く。

それ以上でもそれ以下でもない。


テーマ:

最近・・・いや、かなり前からですけど


研究室に行こうと思うとお腹が痛くなります(そんな気がする)。

研究室に行こうと思うと吐き気がします(そんな気がする)。


完全に心の病です。



でも、このような経験は私は初めてではありません。


思い返せば高校時代・・・

ラグビー部のあまりの練習の過酷さに、朝の授業を基点に、時間の経過とともにテンションが低くなるラグビー部の面々・・・


部活を休むために、学校を休む


そんな密度の濃いあの頃は・・・


皆が気分的にどこか体調に不安を抱えていたと思います(笑)


しかしラグビーというスポーツには、こんな僕らを見透かしたように

こんな言葉がTシャツに伝承されています。



「風邪・腹痛・熱・捻挫・・・・・・・そんなもん走ったら治る!」



はい・・・ぶっちゃけ治りました。



俗に言う「精神が痛みを超越した状態」になってましたもん!多分

当時は分からなかったですけど、今思えば、多少は「エンドルフィンが分泌されていた」ような気もします。


※1 試合中は気付かなかったけど、試合終了後、怪我していることによく気付きます。しかもかなり痛い。何で試合中は平気だったのだろう??

※2 エンドルフィンとは脳内から分泌される麻薬のようなものです。医療などで使うモルヒネなどよりもその濃度は何十倍も濃く、痛覚とかが麻痺しちゃう・・・麻酔ですね。


詳しくは

板垣 恵介
グラップラー刃牙 (25)
和月 伸宏
るろうに剣心―明治剣客浪漫譚 (巻之6)

を読もう!!(一部の人間の間では”闘魂の書”とも呼ばれる作品です。多分)



まぁ、話を戻しますと、すんごい憂鬱でも走ってたら治ってたんですよ!



しかし、今は・・・・・まさか研究室で走るわけにも行かず


う~~~ん・・・憂鬱です。

気分転換にブログを更新。

あのころの我武者羅さを取り戻したい昨今です。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は前々から計画していたスノボの日

本当は7人ぐらいで行く予定だったけど・・・
あいつぐキャンセルが出て結局三人の少数精鋭になっちゃったけど・・・

でもいいんです!!(川平慈英風に)
待ちに待ったスノボにやっと行けるんだし。


朝の6時半の電車に乗って、目的の伊吹山へ
雨が降ってるけど気にしない
JRの長浜駅で降りて、バスに乗り遅れちゃったからタクシーで
8時ちょい過ぎに目的地である伊吹山スキー場へ連結するゴンドラ乗り場に到着~♪


あれ・・・・!??
スキーやスノーボードをレンタルする店が閉まってる・・・


「本日強風のため運行を中止します」


・・・・・・強風・・中止・・



うわ~~~~ん!!(T T)
あんまりだ・・・

こんなこと言ってもしょうがないけどさ~~
他の友達が、卒論から解放されて有意義に過ごしてる中で、研究室に拘束され続けて、必死の思いで時間を空けてスノボに挑んだのに・・・・・
惨めだ・・・


降りしきる雨は冷たく 、風は容赦なく暴れ狂いました

友人Hの傘は壊れ、荷物はずぶ濡れ

帰ろうにもバスは1時間に1本程度

他のスキー場にに移ろうにも、タクシーを利用するしかありません。しかしタクシーだとお金が・・・・


悲嘆の雨に打たれながら、私達は帰路につきました。
何もせずに帰るのは余りにも癪(しゃく)なので駅弁を買って食べました。

買った時刻は午前10時頃、ちなみにお腹はまったく空いていませんでしたが・・・


こうして朝6時半に駅を出た旅は、同日午前10時半に駅に戻る形で終了しました。


実に4時間の短い旅

その間に使ったお金は

電車代 950×2
タクシー代 1300
バス代 350
朝食代 約480
駅弁代 1000

朝雨が降っている時点で中止にする勇気が必要でした・・・


悲しい・・・ただただ悲しい・・・

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は・・・

家で一日中「再々々々提出ぐらいの卒論」を作成しているはずのwadakenです・・・

しているはずです・・・

しているはずだよね?俺・・・汗汗

卒論にも関係あることなんですが、私の文章にはやや(かなり?)問題があります。

今までの過去の文を振り返ってもすぐわかるのですが、とにかく文章が長い長い・・・

まぁ内容が充実していれば文が長くてもまったく構わないわけですが、いかんせん実りのある内容が少ない!

駄文である上に、文章が長い!

デジカメ持ってないから画像も少ない!

内容がショボイことに関しては、アホ研究室のせいで、研究以外のことをほとんど何も出来てないことが関係してるとは思います。

「じゃあ研究のことについて書けばいいじゃん!」なんて意見が出てきそうですがそれは無理。

だって興味も関心もまったくない研究を無気力に強制的にやらされているだけですから!

愚痴しか書くべきことがないですから!

  ↑

あ~~~もう結局、全てが研究室のせい・・・

もうグダグダ×100です・・・

なんだ、書いている人の性格そのものじゃん!

私が目指す文章

それは、文章から知性が湧き溢れ出るような、湯水のように新鮮な単語がですね~

ラグビーならスクラムから飛び出すフランカーのように

サッカーなら鋭い飛び出しを見せる2列目の選手のように

テニスで言うなら「ここでドロップショット~!!??」みたいな

野球で言うなら満塁本塁打の後に、セーフティバントを試みるような

体操で言うなら屈伸・伸身・開脚の連続トカチェフでお腹いっぱい

アメフトならばQB4回連続run攻撃でまた突っ込むのかよ!みたいな

バスケットならば3Pシュートでカウントもらって4点プレイ

最近の話題であわせるなら

カーリングで言うならトリプルテイクアウト

アイスホッケーならば”浮かしたパックをそのままボレー”

スピードスケートの選手だけど競輪もやってる

リュージュもボブスレーもスケルトンもやるよ

俺スポーツ大好き!

それこそボクサーの繰り出すパンチのように、矢継ぎ早に相手に衝撃を与える単語が宝石のようにちりばめられている文章

「読む文章」から「読ませる文章」

相手がリズムに乗るようについつい読んでしまうような文章

言ってしまえば、知性を爆発させるような文章です。 (Uさんすみません。ネタ!?パクりました。)

私はそんな華麗な文章を目指しています。ちなみに私は漢字検定2級です。

理想の形をダラダラと述べたわけですが、今のところはっきり言って理想論です。

でも、私の考える華麗な文章の完成形を持っている人間は確かにいます。

完全に真似をするつもりはないですが、ある意味目標の作家はいます。


その作家とはっ~~~~

川原 泉
ブレーメンII (1)
川原 泉
小人たちが騒ぐので
川原 泉
新・本日のお言葉

川原泉さんでございます。

いや、さん付けなんて馴れ馴れしい・・・川原泉大先生でございます。。


「は?誰?」

そんな人もいるとは思いますが、一部の人間の間では神と拝められている

最高の漫画家であり、エッセイストであり、大作家です。


彼女のことを「教授(プロフェッサー)」と呼ぶのはこの世界の常識であり、ときに親しみをこめて「カーラ教授(この場合は”きょうじゅ”と読む)」と呼ぶことも多分常識です!


とにかくその文章は凄いです。

センスに溢れているというか、何というか・・・ その文章は哲学的でもあり、愉快爽快、常に読者の死角から溢れる言霊です。


とにかくその文章にぜひ触れてみて欲しい。


教授の手にかかれば、一つのエンゼルパイですら


「優雅さを気品と威厳でサンドイッチにして、高貴さでコーティングしたエンゼルパイ」


となってしまう。(※笑う大天使(ミカエル)より)


極端な話、小学校の国語の授業は既存の教科書なんてやめて教授の漫画にするほうが効果があるはずです!!流暢な文章のみならず、オペラの知識から、理系用語まで幅広い知識を習得できます!


何言ってんだ!?とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、私は完全に本気です!


私にあれだけの文が書ける日が来るんだろうか・・・?




冒頭に「文が長い」と悩みを告白したのにも関わらず、この長ったらしい文章・・・

卒論もこんな感じで、文だけは長い見せかけだけの論文を提出し、人の1.5倍ぐらい時間がかかってます。


この文書くのに3時間ぐらいかかったけどその間は勿論卒論やっておりません!!


頑張れ!俺!

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

冬季五輪が行われています。


ただその規模はどれほどのものなのでしょうか?


「規模」といっても曖昧なわけですが、例えば、参加国数や観戦者の数などが目安になると思います。


現在世界最大のスポーツの大会はサッカーのワールドカップと言われています。

サッカーは世界で最も競技者人口が多いスポーツであり、世界中の国々で盛んに行われています。


次に規模が大きい大会は夏季五輪でおそらく参加国数は最も多いと思います。


では、冬季五輪はどうでしょうか?


冬季と言うだけあって、その競技は雪・氷がなければ競技を行うことが出来ません。

故に、参加する国も、雪・氷を利用した競技施設を用意できる国にほぼ限定されます。(例外もあるにはありますが・・・)


百数十各国が参加する夏季五輪に比べ、冬季五輪の参加国数は非常に少なく、北半球の、それも北方に位置する国々、あるいは山間部の国が大多数を占めます。


南半球からもオーストラリアやニュージーランドなども参加してはいますが、大半は北半球の国々です。



参加国数が少ない


これは、単に気候という一面を表しただけのことでしょうか?

確かに雪が降らないとスキーは出来ませんし、氷がないとスキーは出来ません。


しかし日本の選手団を見ると、決して北国出身者ばかりではないことがわかります。


例えば、女子フィギュアスケート日本代表の安藤美姫選手は愛知県出身です。同じくフィギュアの高橋大輔選手は岡山県出身です。



このことは一体何を意味するのでしょうか?


私はこう考えます。


冬季五輪は、雪・氷という条件がそろう国々が参加する大会である。


しかし視点を変えるとこのような仮説も考えられます。


冬季五輪は、比較的に経済的に豊かな国々が参加する大会である。




旧ソ連の遺産が残っていたり、ジャマイカ人がボブスレーをしたりするなど一部例外はあるかもしれませんが、この仮説はある意味当たっているのではないでしょうか?


最も単純な例がアメリカ選手団でしす。


人種のサラダボールとも称される多民族国家アメリカ


しかし、その選手団を見ると黒人の選手はほとんど見ることができません。


黒人にはウィンタースポーツは向いていない??

そんなことはありません。黒人初の金メダルリスト ジャニー・デービス選手の滑りは圧巻でした。


アメリカ社会では、貧困層の多くが黒人であるのは、一つの真実です。


このことは、冬季五輪の現状を示しているのではないでしょうか?



冬季五輪の競技はお金がかかる競技が多いと言われています。


道具がないと成立しない競技ばかりです。競技として劣っているなどと言うつまりは毛頭ありません。

しかし、ただ走ることからマラソン選手となり、金メダルを獲得するようなシンデレラストーリーは冬季五輪では聞いたことがありません。


スキーにしろスノボにしろある程度経済的に余裕がなければ出来ないように思えます。


お金がかからない、それこそボール一つあれば競技として成立するサッカーのようなスポーツが冬季五輪に必要かもしれません。雪合戦とかか・・・?



まぁ個人的な考察は置いときまして、女子フィギュアスケートには期待していいんですかね??

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

日曜日の出来事なのですが・・・


「学生史上最強」


そんな呼び声も高かった早稲田大学ラグビー部が日本選手権で敗れました。


一回戦にトヨタ自動車ウェブリッツを破り、勢いに乗る早稲田を粉砕したのは、トップリーグ王者の東芝府中ブレイブルーパスでした。


文字通り「粉砕」でした。


接点の強さを見せつけ、トップリーグの誇りを取り戻す会心の勝利


早稲田大学 0-43 東芝府中ブレイブルーパス


とにかくFWが存分に力を発揮したことに尽きると思います。

そしてFWが活かしたボールを上手くさばいた吉田朋生選手のプレイも光りました。

それに二人の外国人選手、スコット・マクラウド選手とニコラス・ホルテン選手のプレイが素晴らしすぎました。


トップリーグのレベルはやっぱり凄い。


再確認できました。


学生相手では、頭一つ抜き出てていた、早稲田の今村選手、五郎丸選手、佐々木選手らも・・・トップリーグの、それも王者の力強いプレーの前では、中々目立つことが出来ませんでした。


しかし何と言うか・・・


テレビ越しに見ただけなんですけど


「そろいも揃って人間じゃねぇ・・・」


一般peopleとは別次元の筋肉 ナンダアレ・・・


早稲田を破った東芝ブレイブルーパスの次の相手はNECグリーンロケッツ

ブレイブルーパスが三冠達成しちゃうんじゃないかなぁ~~~


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

トリノ五輪のカーリングが面白すぎて寝れん!!


危険です・・・月曜は朝から実験なのに・・・


凄いですね!!日本チーム♪


優勝候補の一角のカナダを破り

欧州チャンピオンのスウェーデンと互角に競り合い

今度は、前回ソルトレーク五輪金メダルのイギリスに勝ってしまいました!!


勝敗を分けるのは僅か数cmの差


選手の集中力の凄まじさが画面越しからも伝わってきます。


変な着眼点かもしれませんが、寒いはずのリンクにも関わらず、日本選手が全員半袖になっているあたりから、選手の集中力の高さが伺えます。


日本でも何箇所かカーリングができる場所があるらしいですが・・・

http://www.geocities.co.jp/Athlete/8031/map/mapjp.html


う~~~ん・・・行ってみたい!



カーリングが最も盛んなカナダでは、街中にカーリングバーなるものがあるとかないとか・・・


日本でも流行る可能性はないですかね??


今後の日本チームの更なる飛躍に期待です!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

スポーツが与える感動


それは私の中では、映画やドラマを見て味わうそれとはまったく違うものです。


別にドラマや映画の与える感動がスポーツにおける感動に対して劣っているとか、そういう意味ではありませんが・・・



ちょっと言い過ぎかもしれませんが・・・


テレビでスポーツ選手たちの真剣な闘いを観戦していると、私には選手たちが練習している姿が見えてきます。


それは常人には理解できない過酷な日々、到達できない精神世界


スポーツの世界では、人は何かを犠牲にしなければ、欲しいものを得ることができません。


例えばそれは、時間であったり、食べ物であったり、恋や家族を犠牲にしている人もいるかもしれません。


しかし、技術とは、実力とは、時間を費やさずして生まれてはきません。



~努力したからといって成功するとは限らない。しかし、成功してきた者は何らかの努力をしてきたものだ。~ 少年マガジン連載中「はじめの一歩」より

森川 ジョージ
はじめの一歩―The fighting! (67)
オリンピックに出る

それは、途方もない時間を費やすことによってアスリートが成しえた夢の舞台


そして、それは、同じように気の遠くなるほどの鍛錬を重ねた他の選手達を振り落としたきたことをも意味します。


舞台が大きくなればなるほど増大する、想い、期待、不安、プレッシャー


様々な想いが交錯し、様々な想いが衝突する。


だから、スポーツはあれほどまでの感動を与えてくれるのでしょうね。



17日に行われたカーリング女子の日本VSカナダはとてもいい試合でした。


それまで不調だった日本チームのスキップ(主将)小野寺歩選手がスーパーショットの連続。

小野寺選手が最後の1投を終え、日本チームの勝利が決まった瞬間、日本の選手全員が抱き合って喜んでいた姿はとても印象的でした。

相手のカナダチームも、「してやられたな~」そんな顔をして日本の勝利を祝福してくれました。


カーリングの日本チーム

次のスウェーデン戦も頑張ってください!!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

さきほど卒業研究の発表が終わりました。


ありえないぐらい心臓ドキドキ・・・ありえないくらい冷や汗かきまくり・・・ありえないくらい・・・


とにかく一山超えた感はありますwadakenです。


でも研究室の拘束はまだ続くんだよなぁ~~~



さてさて、実は私26日にスノーボードに行ってきます。ヤッタネ!!


私が企画したスノーボードツアーなんですが・・・


何処に行くか決まってません。

車もまだ手配してません。

ぶっちゃけ何人来るか未だに把握できてません。

完全にノープラン・・・

「何とかなるさ」が信条の私らしいと言えばそれまでなのですが、ある1点のみ準備をしておきました。実は迫る26日の前に、密かにスノボの練習をしてきたんですね。


2月11日にスノボの前練に行ってきたんですね。元バイト同僚のNさんと・・・


Nさんは、スノボ大好きな身体能力の高い人でして、実力はかなりのもの。ついでにテニスもヤバイです。ついでにかなり男前です!


対する私は研究室のせいで、「かなり久しぶりに運動をする」という体たらく・・・


もう、Nさんは華麗な技のオンパレードでして、全然見知らぬ人から「あの人凄~~~い」と賞賛の目で見られていました。


対する私は、Nさんに連れられて上級者コースで滑ってるものの、何もない傾斜が緩やかな所で何の前触れもなく転び続け(情けない・・・)、他の方達から「その程度の実力で上級者コースに来るなよ!邪魔なんだよ!」みたいな目で見られていたような気がします。



ただ少し言い訳させてもらうと・・・

元々、大して上手いわけではないのですが、明らかにスノボの実力が落ちていました。去年を通り越して一昨年のレベルにまで落ち込んでいました。


研究生活であまりにも運動不足で、体の動かし方を忘れてました。

飛べない鳥、泳げない魚、牙の抜けたライオンだったわけです。最後はちょっと違うか・・・?


よかった・・・26日の前に一度行っといて・・・


冬季五輪で「スノーボードクロス」という競技を見て、スノボに行きたくなったwadakenでした。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

突然ですが私は株に興味があります。


株とは、会社が資金を集めるための一つの手段なわけですが、特筆すべきはその値段が変動することだと思います。


このため、安値で株を買い、高値で株を売ることで、会社とは関係ない第3者が利益を得ることが出来ます。(それとは別に配当金や優待がつく場合がありますが・・・)


だから、流行ってるわけです。


だから多くの会社が上場しているわけです。



どこかの政治家だか、なんだかが、ライブドアの不正の際に、


「株式とは、本来会社の資金運用の手段の一つであって、個人が金儲けするためのものではない!!」


などと言っていましたが、それは、お金を持ってる政治家の世迷言でしかありません。



金儲けを正当化するわけではありませんが、「利益を得られる」という事実こそが、株式という制度を今日まで残し、証券会社などの多くの会社を生み、多くの人間が働く基盤となった要因なのは間違いありません。



とにかく、私は株に興味を持っているわけです。


しかし、だからといって、株を持っているわけではありません。


株の取引には手数料がかかるわけで、株で利益を得るためには、その手数料を差し引いても利潤が出るだけの運用をしなければなりません。


取引にお金が掛かるなら・・・せめて株主に・・・しかし、株主としての特権や優待を受けるためには、莫大な量の株を保有しなければなりません。


普通の大学生では、資金が・・・


貯金を全部使い込めば、そこそこの値段分は取引できますが(資金の2倍分を借り入れできるから)

それはあまりにもリスクが大きいと言わざるをえません。

リスクの管理は株を取り扱う上での第一歩です。


そこで私はこんなものに手を出しています。



バーチャル株式



その名の通り、バーチャル(仮想現実)で行う株式のことなのですが・・・

バーチャルと言っても実際の相場と対応して取引を行うので、リアリティがあります。

資金も仮定の話ではあるのですが100万円という大金を取り扱うことができます。



↓私が利用しているサイトです。

野村證券バーチャル株式投資倶楽部


なんせ、仮想な世界なわけで、どれだけ赤字になってもヘッチャラなわけです。

どんなに黒字でも一銭の価値もないわけですが・・・



先週、ある会社の株価が大幅に下落したので、全資金をつぎ込んで、株を大量に買い込みました。


ある会社とは・・・・ライブドア です!


そのときは株価が100円でして、これから絶対値上がりすると思ったんですよ・・・


そしたらいつのまにか60円切り・・・・


良かったバーチャルで・・・・


本物の株を購入することが私の今年の目標の一つです。



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

トリノオリンピックがあってますね。


スポーツ大好き人間を公言してはばからない私ですから、当然テレビにかじりついてオリンピックを見て・・・


と、言いたいところですが、時期が時期なだけに・・・


全て研究室のせいです。卒論が~~~



さて話を戻しましてトリノオリンピックなんですが、沢山の競技が行われます。


スキーはアルペン、クロスカントリーと言ったタイムを競う競技からジャンプのように距離を競うもの

スケートなら、スピードを競う競技があるとともに、芸術を競う競技もあり・・・

ボブスレー、リュージュ、スケルトンといった、滑る競技も魅了的です。



さまざまな見所がある冬季五輪ですが、私が最も冬季五輪で楽しみにしている競技の一つに


カーリング


があります。



激しい競技や、限界に挑む競技が多いなか・・・


高い戦略性、チームワーク、そして非常に繊細なテクニックが必要な競技であり


氷上のチェス


とも呼ばれるカーリング



五輪の数ある種目の中でも、特に異彩を放っている競技といってよいと思います。



残念ながらカーリングの注目度はあまり高くないのが現状です。


しかし、テレビでカーリングを見れば、すぐに虜になると思います。


思わず唸ってしまうような、頭脳戦と僅か数センチが勝敗を分ける繊細な勝負


国によって掛け声が違うのも面白い。


非常にテレビで観戦しやすいスポーツで、とても惹きつけられるスポーツなのは間違いないと思います。



皆さんもトリノ五輪ではカーリングに注目してみてはいかがでしょう??

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。