野蛮人

思ったことを書く。

それ以上でもそれ以下でもない。


テーマ:

いや~昨日は朝から授業、夜11時までバイト、帰ってすぐさまウィンブルドン、フェデラー選手の試合が終わったごろからサッカーコンフェデとウィンブルドンでどっちつかずに両方のチャンネルを彷徨い、今朝は9時から実験・・・・と思いきや、時間どおり9時に来てみたら実験中止・・・(---)

「もうどうにでもしてくれよ!」・・・わだけんです。


スポーツって実際プレイするだけでなく、観戦にも体力がいりますね・・・ブラジル対アルゼンチンはほとんど記憶にございません・・・ショック!


フェデラー選手対ゴンザレス選手の試合を見たのですが・・・フェデラー強し・・・ゴンザレス選手にブレイクのチャンスが回ってくるだけで大声援。スキのない強さが際立ちすぎて、番狂わせを期待してしまう観客の気持ちがわかってしまいます。それほどまでにフェデラー選手は充実してました。


これは・・・3連覇実現の可能性は大・・かな?

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

毎晩熱戦が繰り広げられているウィンブルドンなんですが、男女ともに、優勝の本命に注目が集まっているようですね。


男子は現在ウィンブルドン2連覇中のロジャー・フェデラー選手

女子は昨年のウィンブルドンの覇者マリア・シャラポワ選手


しかもトーナメントが進むにつれこの二人の本命が優勝してしまうのではないかと思えてしまいます。というのも、女子に関しては、私が個人的に優勝候補に挙げていたエナン・アーデン選手がまさかまさかの1回戦敗退・・・m(- -)m、男子に関しては世界ランキング4位のマラット・サフィン選手、全仏ではフェデラー選手を退けたラファエル・ナダル選手といった対抗馬と目していた選手が相次いで敗退・・・ん~ウィンブルドンでは何が起こるかわからない・・!


2人の本命選手も好きなんですけど、本命がそのまま優勝ではつまらないので、他の選手の奮起にも期待したいですね。男子はやはりアンディ・ロディック選手が有力ですが、取り敢えず、準決勝でフェデラー選手との対決が予想される3年前の覇者レイトン・ヒューイット選手とのカードが楽しみです。女子はベスト8の内4人がシャラポワ選手をはじめとしたロシアの選手なのですが、ここはあえてフランスのアメリ・モレスモ選手に期待です。


とにかく今年も歴史に残る名勝負に期待です。私の中ではウィンブルドン2001の男子シングルス決勝 ゴラン・イヴァニセビッチ選手とパトリック・ラフター選手の試合がテニスを見た中で最も興奮した試合なんですが、それを超える名勝負が生まれることを期待します。


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

サッカーコンフェデレーションズカップ メキシコ対アルゼンチン 感想


睡魔と闘いながら開始時刻もで起きていたわけなんですけど、試合が始まって目が覚めました。両チームともレベルが高い、緊迫した好ゲームになりました。


さて、アルゼンチン、メキシコの両チームなんですけど、FIFAランキングは3位と6位。色々物議をかもしだしているFIFAランクですけど、日本より格上なのは間違いありません。そして両チームとも、アフリカの選手のように爆発的な身体能力をもっているわけではなく、ヨーロッパの選手のような屈強な体格を誇っているわけでもありません。ともすれば日本代表の目指すべきサッカーへのヒントはこの両チームの戦い方に隠れているのではないでしょうか!?


試合を見て思ったのが、DFの選手のパス回しの上手さです。特にメキシコですが、大きく前線にクリアするのではなく、必ずディフェンスラインからボールをまわしていく、そして特筆すべきは、ディフェンスの選手のボールを扱う技術、パスの技術の高さです。例えば日本はディフェンスラインでボールを回していても、そこからは局面を打開するパスはあまり出ません(出たとしてもロングフィード)。結局ボランチにボールを預け、そこが攻撃の起点になります。しかしアルゼンチン、メキシコはディフェンスの選手がそのまま前線にドリブルで上がっていき、積極的にパス交換をします。


ディフェンスの選手がボールを取られると「軽いプレー」と非難される日本。しかし、メキシコやアルゼンチンは例えディフェンスの選手であっても、ボールキープ力に自信を持ち、攻めに加担する。このあたりが日本と各国との差なのかもしれませんね・・・最も、そういったプレイはときにピンチを招きます。後半、アルゼンチンのコロッチーニ選手がメキシコの選手にボールを取られファウルで相手を止めた場面がありました。個人的にはあれはレッドカードだと思うのですが・・・(それ以来コロッチーニ選手がボールを持つたびにブーイング)一概にディフェンスの選手のボールキープ、攻め上がりが良いプレイと言えるのか・・・?サッカーは難しいですね。


試合結果はPK戦の末アルゼンチンが勝利しました。しかし試合の後半、延長戦前半は完全にメキシコが主導権を握っており、メキシコというチームのポテンシャルの大きさを感じました。特に、過去にホルヘ・カンポス、オスカル・ペレス選手といった名GKを輩出してきた国であって、今回のGKサンチェス選手の好プレーが光りました。アルゼンチンの方もハビエル・サネッティ選手はさすがのプレーをみせていましたし、交代で入ったパブロ・アイマール選手もさすがと思わせるプレーが随所にありました。それにしてもアルゼンチンの中盤は今回のメンバーに加えてファン・ベロン選手、ダレッサンドロ選手などがいるわけで・・・中盤の選手層の厚さは凄いですね・・・。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

最近更新がダレ気味でもうしわけない(-_-)

太平燕 (タイピーエン)の知名度を大学で友人達に片っ端から聞いた結果、本当に全国共通のメニューじゃないことを知り、かなりのショックをうけたわだけんです。コンニチワ・・・


日本ラグビー協会の会長に前首相「森善朗氏」が就任。


確かに知名度では全国的、体格からもラグビーをやっていたことに大いに納得できる人ですよね。2011年ラグビーワールドカップの誘致に向けて大いに期待です。まじで期待してるぞー!!!!!


政治的コネでも何でも使ってラグビーをもっと普及させてくれ!!頼む!失言しても俺が許す!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

NBAファイナル、スパーズピストンズは4勝3敗という拮抗した接戦の末スパーズが見事に優勝。


個人的にはピストンズが連覇すると踏んでいたのだが・・・先にスパーズに王手を掛けられた状態での逆王手、このまま優勝と思ったんだけどな~


スパーズティム・ダンカン選手がMVPに選ばれたものの、エマニュエル・ジノビリ選手の活躍も忘れてはいけないと思う。とにかく、インサイド、アウトサイドが活躍すればおのずと勝利は見えてくるという事にほかなるまい・・・


それにしても、テレビで見ている限りでは実感できないのだが、NBAの選手の平均身長は2mを超えているらしいですね・・・凄い世界だ・・ちなみに私の身長は約170cm・・・・


そんなとてつもない世界に挑戦している田伏選手には本当に頑張ってほしいものです。


近々日本にもプロバスケットリーグ(bjリーグ)が発足されますが、この中から将来NBAに挑戦する選手が出てくるかもしれませね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

バレーの試合は興味があるがNEWSにはまったく興味がないわだけんです。こんばんわ。


かつて「東洋の魔女」との異名をとり世界を越権していた女子バレー


しかし時代が進むにつれ各国の大型化、そのパワーに押され、ついにはオリンピックの出場権の確保すらできない時代が到来しました・・・


勿論、日本バレー協会も指を咥えて見ていたわけではなく、世界に追いつけ、追い越せと強化を進めてきました。しか一度低迷した影響は大きく女子バレーはスポットを浴びない時代が続きました。


そこで打ち出されたのが、ジャニーズ事務所のグループNEWSとのコラボレーション。テレビタレント、それも若者(ごく一部のだが・・・)に人気のジャニーズの影響力、重点的に強化を進め世界との差を縮めてきたバレーの強化の効果も現れ、女子バレー界は再び脚光を浴びる世界になりました。


最近では女子バレーの関心は非常に高まったと言えるでしょう。


だがしかし


女子バレーとNEWSの蜜月関係はそろそろ双方に不利益をもたらすと思うのですが・・・(特に女子バレーの方にな・・)


気づけ!気づくんだ!皆の衆!!

とりあえず女子バレーの選手より前に出るな!NEWS!スポーツ舐めとんのか!??


仕事だから仕方ないのかもしれませんけどね・・・



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

日本対ブラジル 2-2

勝利こそが決勝トーナメント進出への最低条件だった日本は、勝ち越すことが出来ず、惜しくも予選リーグ敗退となった・・・・。(-_-)ずぅ~~~~ん・・・


でもこれだけは言えます。日本は世界王者のブラジル相手に最後まで戦い続けブラジルを慌てさせるところまでは追い詰めました。


日本は「うまくやれば、世界のトップ相手でも勝利を収める可能性がある。」そう思わせる試合でした。


確かにシュート数は負けています。ボールポゼッションも劣っています。しかしそんなことは戦う前からわかっていたことです。相手も負けたら終わりの状況、先発メンバーも若干落としてくる(主力選手を温存する)との情報もありましたが、しっかり現時点でのベストメンバーを組んできました←多分


そのブラジル相手に日本はよく戦いました。得点こそ2得点だったものの、


前半最初の加地選手の幻のゴール

コーナーキックからのヘディング(福西選手か・・?)がバーに嫌われた場面

後半開始直後の柳沢選手が抜け出した場面

大黒選手かろのパスを中村選手がつま先で押し込みキーパーは抜いたもののDFにクリアされた場面

最後の大黒選手のヘディング←惜しすぎる!!!


決定的な場面は数多くありました。(最もブラジルにもおなじくらいあったのは事実ですけど・・・)


課題も浮き彫りになりました。両サイドバックが前線にオーバーラップした状態でのインターセプトから2対2、2対3の場面を多く作られました。この4バックの弱点(サイドバックが上がると守備が手薄になる)をどうするか、状況に応じて3バック、4バックを使い分けるなど対策が必要だと思います。


それにしてもブラジルはやはり世界屈指の実力を持っていました。特に前線のロナウジーニョ選手のキープ力・・・あれはやばすぎますね。2トップのロビーニョアドリアーノ両選手、交代出場のジュリオ・パプチスタ選手、エドゥ選手とタレントの豊富さ、選手層は凄いものがありました。あまり調子があがらなかったカカ選手を下げるなど、けっして日本を甘く見てなかったですね。。最後ボールをキープしだしましたし。


選手交代に関しては疑問が残りました。前線の玉田選手→大黒選手はわかるのですが、小笠原選手→中田浩選手は正直疑問が残ります。

といのも、勝利が絶対条件の日本にとって次の失点は致命的なため、ボランチの位置にデフェンシブな選手を置いた。意図はわかるのですがあの場面は遠藤選手を出すべきだったのではないでしょうか、実際後半はボランチから起点になる場面があまりなく(福西選手はそういったタイプではない)中田英選手、中村選手、果てはFWの大黒選手が下がってボールを受けていた場面が非常に多かったのではないでしょうか、特にゴールに近い位置で飛び出し、ポジショニングで勝負する大黒選手がボールを受けに下がるのはまずいと思います。また日本が攻め込む場面でも中田浩選手がビルドアップする場面はほとんどありませんでした。

そして最後のカードに関しては・・・無理やりでも何でもいいから大久保選手なり、西澤選手なりを招集すべきでしたね・・・鈴木選手は何もしてねーぞ!!


とにもかくにも、ワールドユース、コンフェデレーションズカップとサッカー尽くしの期間は突然に終わってしまいました。私の健康のためには良いのかもしれませんが・・・(苦笑)


ワールドユースも、コンフェデレーションズカップも前者はオリンピックの(ちょっと違うか・・?)、後者は来年のワールドカップの前哨戦にすぎません。本番では今回以上の成績に期待するのみです!


頑張れサッカー日本代表!!!!!!!!






いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

が~~!!


オランダにて開催されている。ワールドユースU-20大会。日本代表は予選リーグを突破したものの、決勝トーナメント初戦でモロッコに敗れ去ってしまいました・・・・


前半、後半と双方にチャンスがあるものの、決定力に欠き、延長突入かと誰もが思ったロスタイム、モロッコの選手に裏を取られ、決められちまいました・・・(T T)


日本にもカレン選手(ジュビロ)の惜しいシュートがありました・・・二回ともポストに嫌われノーゴール・・・


DF陣はスピード、体格に勝るモロッコFW陣によく食い下がっていました。特にSBの水本選手(ジェフ)の健闘は光りました。


しかし後半は相手に押し込まれ、ロスタイムに失点。悔しすぎる~~~。


もう何も書く気になれない・・・とりあえず必死に頑張った選手達にテレビ越しに拍手を送ります。


はぁ~~・・・

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

私は九州の熊本出身で、現在は大学の都合で関西に住んでいるのですが、昨夜信じられない事実を知ってしまい大変ショックを受けております。


太平燕(タイピーエン)って全国共通のメニューじゃないの!????

おそらく、太平燕て何だよ?って人が多いと思うので説明しておくと、太平燕とは中華料理の一種で、私がイメージする太平燕は、「豚骨スープの汁ビーフン」が一番近い表現ではないでしょうか?詳しくはこちら を見てくれたら話が早いのですが・・・


すっごいショック・・・熊本では給食でも出るメニューなのに・・・そういえば関西では見た記憶がない・・・


関西じゃ、熊本出身の私は外国人扱いです。←大学入学当初は本当にそんな感じでした・・・

関西人「熊本・・・ってどこだっけ?」←うるさい!


さて話は変わりまして、いや~今年もついに始まりましたね。テニスのウインブルドン(全英)が!


今もウインブルドンは見つつ更新してるわけなんですけど、

杉山愛選手初戦敗退・・・浅越しのぶ選手初戦敗退・・・

やっぱテニスの世界は厳しいですね。

たとえランキングが上の選手でも負けたら終わりのトーナメント、そこにあるのは「勝敗」という結果のみ。

しかしそれを勝ち抜いてこそ本当の意味での「強い選手」なのかもしれません。

テレビでは、シャラポワ選手、ロディック選手の試合を放送しているのですが、苦戦はするもののやはり「強い」という印象を持ちます。


しかしながら、私は、かつての伊達公子選手のようにランキングトップ10に入る日本人選手の登場を期待し続けています。杉山愛選手もあと少しというところまではいったんですけどね~。世界の壁は厚い。しかし今更ながら、最高ランキング4位という伊達公子選手の凄さは驚嘆の念を隠せません。

とりあえず、15歳でプロデビューを果たした森田あゆみ選手に期待大です。


とにかくこれで、ここ数日はテニスの熱い戦いを見ることが出来るので嬉しくて仕方がありません。サッカーテニスと寝不足な日々が続くのは確かなようです・・・。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「燃焼系アミノ式を飲み続けると本当に痩せるけど、その前に糖尿病になりそうな気がする。」わだけんです。こんばんわ。


サッカーコンフェデレーションズカップ、日本対ギリシャ 1-0で勝利!!!よっしゃ!!


いや~見事に勝ちましたね(^^)!!!


代表の弱点の一つに常に「高さ」が指摘され続けていただけに、試合開始前は分が悪いと思っていたんですよ。正直・・・。なにせ、ギリシャは神話の世界から飛び出した(言い過ぎか・・?)屈強な男達の集まりですからね~。でも日本は相手の高さを有効利用させないために、いい戦い方をしたんじゃないでしょうか?


まずシステムは4-4-2、これがうまくいきましたね。相手の両サイドをつぶすことで、相手にサイドからのクロスを上げさせないという意図がしっかり表れてました。とくに加地選手は攻守ともに非常にいい活躍をしていたんじゃないでしょうか?正直、いままで加地選手は「他にもいい選手いるだろうが、ジーコ他の奴を選ばんかい!!」とか思っていた←ごめんなさいm(--)m だけに、コンフェデでの活躍は喜ばしい限りです。また全体的に日本の選手の運動量はギリシャを圧倒していたように思えます。


体格で勝てないなら運動量と速さで勝負!これはサッカーに限らず、ラグビーでもバスケットでも共通の要素ですね。


今回の日本は攻めの速さが目立ちました。日本代表もああいう戦い方が出来るんですね!いつもは、速攻にいける場面でも選手がボールを持ちすぎ、攻めが遅くなることが多々あったんですが、今回の試合に関しては、ダイレクト、1タッチでボールをどんどんさばき、ボール、人、の動きが多く、見ていて楽しいサッカーでした。また忘れてはいけないのが、前線の2トップの働きで、運動量、スピードがともに豊富で、相手DFに動きを捕まえさせない素晴らしい働きだったと思います。ただ前半のうちに1点とってほしかったかな・・・


シュート意識の高さも光りました。あんなに積極性の高い日本代表はジーコ監督が就任して初めてじゃないでしょうか!?中盤で相手ボールになる場面が少なく、攻撃がシュートで終わるため、ギリシャの攻撃は、終始ゴールから遠い位置から始まっていました。そのため、日本は守備の際に数的不利を作られることなく、ほとんどの場面で組織的な守備を行うことが出来たように思えます。


選手交代もうまくいきました。得点をあげた大黒選手はもはや日本代表に欠かせない選手になったのはまちがいありません。また本山選手、稲本選手ではなく遠藤選手を起用したのにも驚きました。ボランチの中田選手が前線に上がった場合、それをケアするのなら遠藤選手のほうが適していると私も思います。


いや~いつもに比べて日本代表を褒めまくりですね!!自分で文章考えてて嬉しいっす。。


この調子でブラジル戦も挑んでほしいですね。サッカーは何が起こるかわかりません。相手の個人技、攻撃力は半端じゃないものがありますが、ギリシャ戦で見せた、「安定した守備から早い攻め」が出来れば、アトランタオリンピックでの「マイアミの奇跡」の再現も十分ありえると思います。


とにかく我々サポーターは選手を信じて応援するのみ!祈るのみ!

あの時のような川口選手の神懸り的なスーパーセーブに期待です。


うおぉぉぉぉ~~~~!!!頑張れ日本代表!!



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。