連合は、携帯電話やパソコンで

簡単な質問に答えるだけで、

自分の労働条件が適法かどうかを

診断できるウェブサイト

「ワークルールチェッカー」

を開設した。


連合は今春闘で、「すべての労働者の

労働条件改善」を掲げており、

このサイトもそうした取り組みの一環。


まず派遣社員、正社員といった

雇用形態や契約期間を選び、

「給与明細に雇用保険料が載っていない」

「ミスをしたら罰金をとられる」

などの項目に該当するかどうか

チェックを入れると、診断結果が

「ひとまず安心」「かなり問題あり」

「重大な法律違反があるかも」などと

表示される。


派遣社員の場合は、

事前面接や期間制限などの項目も加わり、

違法派遣のおそれがないかどうかも

確認できる。


問題点の詳しい解説に加え、

各都道府県労働局の相談窓口なども掲載している。


【参考リンク】

asahi.com

もしかして違法労働?診断できるサイト

連合が開設

AD