いよいよ装置をつける日がやってきました。

まず上アゴの裏側に装置を装着し、上あごにブラケット(個々の歯につける矯正装置)をつけました。

写真のように裏側の装置とインプラントにゴムを引っ掛けます。引っ張られる力によって奥歯が後ろへ移動していくことになります。


$スタッフの矯正治療日記-L.A.

上顎に装置やゴムがついたため多少喋りにくく感じましたが、2~3日ですぐになれました。

その後ブラケットをつけました。

装置にも種類がいくつかあり、私はセラミックのデーモンクリアというブラケットで、ゴールドのワイヤーをつけました。

$スタッフの矯正治療日記


今まで矯正をしてみたいと思いながらも出来なかった理由の一つに、銀色の装置が目立つという思いがありました。
セラミックの装置は、歯の色とほぼ同じ色をしているため目立ちにくく、ワイヤーもゴールドで、銀色のワイヤーに比べて歯の色になじむため目立ちにくいということで、こちらでお願いしました!

装置をつけ終えた感想は、装置が思ってた以上に目立ちませんでした!!!
装着感は、私の場合右上がすごい八重歯のため、くちを閉じる際に唇とブラケット装置がひっかかる感じがしました。ただこの感覚も2~3日で気にならなくなりました。

今日から口の中の環境が変わり、お掃除も大変になるので歯ブラシがんばります!!
AD
ついにこの日がきました

抜歯です!

歯科医院へ勤めて、いろんな患者さんの抜歯をみてきましたが…
私、実は抜歯の経験がありませんでした!

親知らずも全て残っている状態で、お掃除も大変だし咬み合わせとしても機能していないため、幾度と抜歯を進められてきましたが、臆病な私は抜歯を避けてきました

ですが、キレイな歯並びになるため!意を決して行ってきました。

ちなみに抜歯する病院は、いつも通っているかかりつけの医院、口腔外科のある病院など、患者さんの希望にあわせて決めています。私は、顎関節症(あごを大きく開けられない)なので、口腔外科のある病院で抜いてもらいました。

私の場合、まず上の歯から矯正装置をつけるため、今回、上の歯の前歯から左右4番目の歯と、8番目の親知らずを抜歯しました。

抜歯当日・・・

麻酔をしただけで心臓はドキドキ、完全に目は挙動不審状態でした
落ち着いて深呼吸をして、いざ抜歯へ!

私の親知らずは特殊なケースで、歯の根っこが曲がっているとの事です。担当の先生に慎重に抜いて頂きました。口腔外科の先生は抜歯が専門分野なのでとても安心感がありました。

親知らず以外の歯は通常の根っこのようで、スムーズに終わりました。

無事抜歯が終わって一安心です!! 次回、装置を着けるのが楽しみです!
AD
インプラントといえば、切開して、顎の骨に埋め込んで‥
と大掛かりな手術を想像していましたが、矯正でのインプラントとは、歯を動かすために固定源として使用するもので、インプラント自体も小さなネジのようなもの

とはいっても初めての事で、準備をしている時からドキドキが止まりません

私は上顎に2本インプラントが必要なため、まず麻酔を打ちました

先に表面麻酔を塗るので、針を刺す痛みは全く感じず!麻酔と聞いてもドキっとしてしまう臆病な私にはとてもありがたかったです!
インプラントを打つ際にも痛みはなく、先生が専用のドライバーでクルクルと埋め込むのですが、少し押されるような感覚がある程度で、あっという間に終わりました


個人差はあるものの、術後に少し痛みが出る場合があると聞きましたが、私の場合インプラント周辺が少し腫れぼったい様に感じたくらいで、痛み止めが必要なほどではありませんでした

しばらくするとインプラントを打った周りの骨が安定してくるので、歯ブラシでそおっと優しさしく清掃するようにとのこと

無事に終わり一安心です
AD
診断では、検査の結果をもとに、治療計画を説明して頂きました

$スタッフの矯正治療日記

私の診断名
☆早期接触による下顎骨左前方誘導を伴う叢生症例

という難しい診断名がでました!

上下の歯を咬み合わせると、本来はどの歯もほぼ同時に接触しますが、咬む動作に入る時に、下の奥歯と上の親知らずが先に接触していて、さらに咬みやすい位置にスライドしながら咬んでいるらしいのです
叢生とは、歯並びがデコボコという意味!

そのため顎に負担がかかり顎関節症にもなっているので、口を大きく開けると顎の関節からジャリジャリという音がします

そんな複雑な咬み方をしていたとは驚きました
自分の歯の模型を使い、わかりやすく説明して頂きました

顎関節症の治療とは別ではありますが、咬み合わせを正しくすることで、顎への負担が軽くなればと思い頑張ろうと思います!


その他に、治療方法
使用する装置、抜歯の有無など

治療計画
どのように治療を行っていくか、治療の流れ

治療費の説明を詳しく説明して頂きました

私の場合、抜歯は確実ということがわかり…
急に緊張が‥

抜歯後に装置を付けることになりました!
検査の日は、矯正を始める前の資料をとりました!

☆歯並びの状況を把握するため、

・お口の中、お顔の写真
・歯と、顔全体のレントゲン撮影→分析
・歯の型とり、かみ合わせの位置の確認
・質問表、その他・・・

などをを行いました!
治療計画を立てるためにとても重要!

どのような診断結果になるのかドキドキです!