2016年01月25日 16時45分57秒

外務省「歴史問題Q&A」 植民地支配と侵略の文言削除遅れた経緯を質す

テーマ:ブログ
本日、質問主意書を二つ提出しました。

回答は来月2日になります。

まず、外務省ホームページ「歴史問題Q&A」の掲載内容について。

私が昨年4月に行った予算委員会の質疑等で、村山談話にある「植民地支配」と「侵略」については定義できないとの政府答弁が出てきたのを受け、
5月に、外務省ホームページ「歴史問題Q&A」にある「植民地支配と侵略」との文言について削除を求める質問主意書を提出しました。

それに対する5月の政府答弁書では「削除する考えはない」としていたものが、その後、昨年後半になって削除されましたので、その経緯を聞くものです。


○外務省ホームページ「歴史問題Q&A」の掲載内容に関する質問主意書

 私が提出した「政府見解等における「植民地支配と侵略」の定義に関する質問主意書」(第百八十九回国会質問第一一七号。以下「前回質問主意書」という。)の質問二において、外務省ホームページの「歴史問題Q&A」の問一及び問六の回答文で使用されている「植民地支配と侵略」という文言を削除するべきである旨指摘した。

 これに対し政府は「安倍内閣としては、平成七年八月十五日及び平成十七年八月十五日の内閣総理大臣談話を含め、歴史認識に関する歴代内閣の立場を全体として引き継いでおり、お尋ねの回答文から「植民地支配と侵略」という文言を削除する考えはない。」との答弁書(平成二十七年五月十二日内閣参質一八九第一一七号)を閣議決定した。

 しかしながら、平成二十八年一月二十五日現在、外務省ホームページの当該箇所から「植民地支配と侵略」の文言が削除されている。

 そこで、外務省ホームページの「歴史問題Q&A」に関し、以下、質問する。

一 問一及び問六の回答文から「植民地支配と侵略」の文言削除を行った日はいつか。

二 前記一に関し、当該文言削除を行ったのはなぜか。

三 結果的に、問一及び問六の回答文から「植民地支配と侵略」の文言を削除することになったにもかかわらず、私が提出した前回質問主意書の質問二で指摘を受けた時点で削除しなかったのはなぜか。

右質問する。






いいね!した人  |  リブログ(0)
和田政宗さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み