「ラクに生きる」練習帖●伊勢崎ちえ●

ズボラな主婦が、楽に生きるために努力する(←本末転倒)ブログです。



テーマ:

情けは人の為ならず。

男子高校生と育児、という一見無関係なものを強制的に融合させることによって、ハイスペックなモテ男子が誕生し、しかも世界がものすごく良くなる理論を考え付いたので聞いてください!(鼻息荒い)

 

***

 

 

「電車に赤ちゃん連れで乗ってると、肩身が狭い」という話をよく聞きます。

実際、私も子供連れで電車乗るのは怖く感じていました。

 

で、ちょっとこれ何とかならんかな?と思っていたのです。

子供連れてる側も辛いし、周りの「めいわく・・・」と感じちゃう側の人も辛いじゃないですか。

 

 

特に未婚の男性は、ほとんど生身の赤ちゃんと接触が無い中で、ある日電車でたまたま乗り合わせて、ギャンギャン泣いてる姿だけ見る、というような出会い方をするわけです。

 

もしくは、赤ちゃんの乗ってるベビーカーに足踏まれる、とか。

そういうほんの一瞬で印象が決まってるのがもったいない。

 

 

 

だから、提案なんですが、高校生になったら日本国民全員が1年くらいの間

「子守インターン」をすればいいんじゃないかなって思うんです。

 

 

抱っこして、ミルクあげて、話しかけて、あやして、寝かしつけて、オムツ変えてあげる。

 

これを、1日3時間以上週3回で1年間。

 

1日1時間じゃ醍醐味わかんないですからね。

3時間は要ると思うんです。

 

 

1年後には、立派な「子供好き」の完成です。

中には向かない人もいるかもしれませんが。

 

 

私の予想では、猫好きなら9割くらいはパーフェクトな「子供好き」になると思います。

 

 

で、一旦子供好きになってしまえば30代くらいで「子供欲しいぃいいいいい!!」という

欲求に勝てなくなるので、状況が許す人はみんな子供作るんじゃないのかなと。

 


子守インターン。

これは特に、男性に向けて強力に推し進めたいです。

 


もう高校の必修科目にすればいい。

大体、性教育はやって育児教育はやらないっておかしい気がします。

 

 

そしてみんな赤ちゃんにメロメロになればいいんです。

そしたら「泣いてる・・・!可愛い!!」とか「赤ちゃんが潰れるじゃねぇか!そもそも満員電車がけしからん!!これ何とかしようぜ!」って、本気で考えて動く人が増えると思うんですよね。

 

 

それに、ガタイの良い男子高校生が赤ちゃんに絵本読み聞かせ、とか考えただけで和みませんか・・・。

 

 

 

最後に、子守インターンを男子高校生が行った場合の効果をまとめます。
(女子にも良い効果はもちろんありますが、ここでは一旦置いときます。)

 

 

①モテるようになる

相手は言葉で意思疎通できない赤子です。

表情や仕草、状況から判断して何をすべきか自分で考えなければなりません。


1年間赤ちゃんのお世話をした男子は、非言語コミュニケーションの能力が飛躍的に向上して、格段にモテるようになります。

 

 

②就職に有利

先にあげたコミュニケーション能力の向上とともに、相手の希望に全力で応える経験を積むことにより職場でも自主的に動ける人材に成長します。

 

また、突発的な危機(発熱や嘔吐、尋常じゃない下痢など)を経験することにより自信と落ち着きを持ってトラブルに対処することが出来るようになります。

 

 

③メンタルが強くなる

自分が世話をしないと生きていけない、弱い存在を守り育てる経験によって人は強くなります。

ヒーローが強いのは、悪を倒すからではなく、弱い者を守るからなのです。

強くてカッコイイヒーローには、大体守るべき者がいます。(北斗の拳、子連れ狼など)

 

 

④結婚に有利

言うまでもなく、子育て経験があれば共働きで子供を産み育てることが容易になるので、女性から見れば非常に魅力的な存在になります。

 

 

⑤介護も安心

人の助けを得ないと生きられない、という点で赤子と老人は似ています。

今は現役バリバリで働く父母も、いつかは介護が必要になる。

自分の親が老いて衰えていく、それは誰にとっても受け入れにくい事実であり、必要以上に悲観的になるか直視を避けてしまいがちなものです。

 

そんな時に育児経験があれば、介護食、おむつ替え、着替え、入浴介助などについて戦力になり得ます。

実際に介護要員とならなくても、「このような物が必要で、これくらいの人手がいる」という理解がスムーズで、病院や介護サービスの手配の際にも的確な判断が出来ます。

 

 

⑥明るく社交的になる

赤ちゃん相手に長時間仏頂面でいられる人間は、そう多くありません。

なぜなら、仏頂面でいると赤ちゃんに泣かれるからです。

明るく朗らかなトーンで、優しく話しかけながらお世話しないと、初心者のたどたどしい手つきでは確実に赤ちゃんは不安になります。

 

そして、話しかけてあやせば、赤ちゃんは必ず反応を返してくれます。(号泣している場合を除く)

笑顔や明るい声で話しかけることの重要性を、1年間でしっかり体で覚えることが出来るので、社交性が底上げされます。

 

 

 

このように、子守インターンを行うことによって、人格的にも能力的にも非常に魅力的な人材に成長します。

逆に言うと、子守インターン以外の方法で、同じレベルの成果が期待できるものって他にあるのかな?という気すらしますね!

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

見えないチカラ、不思議な能力について

私はかなり全力で

「ある!!」と信じている派です。

 

 

小学生の頃の私は、

男子によく

「お前生意気だぞー!」的に

からかわれていたので

 

(悲しい事に、

決してモテていたわけではない。)

 

(実際私は本当に生意気だった。)

 

 

超能力があったらなぁ・・・

あいつら全員梨畑の向こうまで

フッ飛ばしてやれるのになぁ・・・

 

と想像していました。

 

 

 

もしくは、

 

この椿の木から

実がパチーン!!ってはね飛んで

一番うるさい奴の目に

ズビシィイイ!!って当たればいいのに。

椿の実って黒くて

めっちゃ固いから絶対超痛い。

 

 

とか考えて、

一人でニマニマしていました。

(暗い小学生時代)

 

どんだけいじっても泣かないので

男子はきっとイラッとしていた事でしょう。

 

 

 

こんな感じで、

順調じゃないときも絶好調の時も

 

 

「超能力があったら爽快だろうな」

 

「今人の頭の中を

覗けたとしたら面白いだろうな」

 

「ワープして家にケータイ取りに行けたら

会社に間に合う」

 

 

みたいな事を

毎日考えて暮らしていたので

相当なキャリアがあるわけです。

 

 

物心ついたころから

きっと考えていたと思うので

30年くらいの経験と実績がある!!

と言ってもいいくらいです。

 

 

 

だから、

「不思議パワーで病気を治せる!」とか

「神様が守ってくれる特別なナンチャラ」

なんていう話には、

めちゃくちゃ食いつくわけです。

 

 

食いつく一方で、

 

奇跡や不思議は

珍しいから奇跡であり不思議なのだ

 

とも思っているので、

科学の力やトリックが

既にわかっているものは

 

その仕組みが知りたくて

たまらないのです。

 

 

だって、奇跡は

特殊な一例なわけですから。

 

それに近いものを

人力で再現できるなら

その方法を使いこなせれば

 

私も奇跡(っぽいもの)を

起こせるんじゃん!

超かっこいい!!

って思うんですよね。

 

 

不思議を暴きたい、

という動機ではなくて

 

人の手で再現できるものを

できる限り知りたいと思う、

そういう欲求なんですよね。

 

 

 

で、もしもですよ。

神の使いか悪魔か何かが現れて、

 

お前に超能力

(霊力、神通力など)を

授けよう・・・!!

 

 

とか言われたとしたら、

私は迷わず

お断りすると思うんですね。

 

 

凄いことが出来るようにはなりたいけど

人間離れした超人とか救世主とかに

なりたいわけではないので。

 

 

【面白い人間】に

なりたいのであって

 

【人間じゃない面白い何か】

になりたいわけではないのです。

 

 

もう既に超能力があるのなら

それを制御して生きていくために

より学んでいくのは

素晴らしい事だと思う。

 

 

でも、超能力がないのに

制御して使いこなす勉強しても

それは・・・え、何だろう?趣味?教養?

 

いつか自分の子供とか身近な人が

そういう能力を持って

悩んでたら力になれる、

的な活用は出来るのかな。

 

 

でも、特殊な事例だから

超能力なわけですから

活用できる可能性は

あんまり高くはないよね。

 

 

 

私は

「人の心が読める能力」よりも

 

 

「人が心を開いて

本音を話してくれるような

聞き上手な相づち能力」

の方が、

ずっと魅力的に見えるなぁ。

 

 

そして

「椿の実が飛んでって当たったら・・・イヒヒ」

って想像しただけで、


実際には仕返ししなくても

スルー出来る能力がある、

っていうのも

 

中々素敵なんじゃないのかな、

と思うのでした。

 

 

だから私は、

何にもないけど、これでいいのだ!!

 

 

 

(ああ、でもケータイを

ワープして取りに行く能力はちょっと欲しい。)

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

考え事をしているときに、

自分のものじゃない「思考」が

割り込んできたり

ツッコミを入れてきた、

・・・なんていう経験はありませんか?

 

私は割と頻繁にあります。

 

それが普通だと思ってたんだけど

そうでもないらしい、と気付いたのは最近で。

 

 

まぁでも、

夢を見る人と見ない人がいる、

くらいの差異だと思っていたんですよね。

 

 

この考え事にスッと入って来る「思考」「声」を

田中朋子さん

「ハイヤーセルフです」と言われたんですが

いまひとつ素直になれず。

 

「そうですね」と受け入れられなかったので

ひとつ前のブログ(前編)で

しつこく「ハイヤーセルフ」について

考えてみたのですが

 

 

腹立つ意識高い系が出てきたり

上様が出てきたり

エグザイル好きなロウワーセルフ君が

早弁したりし始めて。

 

まったく収集が付かないので

今日は、言葉の意味のほうではなく

割り込み野郎の「意識」「声」について

考えてみたいと思います。

 

 

=======

 

 

さて、頭の中で声がする、とだけ言うと

 

「わぁ、気が触れた感じのお人かな?!」

という印象を与えるんじゃないかと

びくびくしております。

 

 

でもコレね、

漫画に育ててもらって、

漫画が友達だった私にとっては

すっげー当たり前の事なんですよ。

 

 

漫画のあとがきなんかで、

作者がマンガの作中の登場人物と

掛け合い漫才みたいな事を

やってたりするじゃないですか。

 

 

もしくは、制作裏話で

ストーリー作りの過程で

「漫画の神」みたいな人と問答してたり。

 

 

「キャラが勝手に喋って動き出したので、

最初の予定と全然違う結末になった。」とか。

 

 

それそれ。まさにそんな感じ。

クリエイティブな方向には

発揮されてないけど(笑)

 

(いや、笑ってる場合じゃないだろうが・・・)

 

 

で、その割り込み野郎ですが、

質問投げかけると答えてくれますけど

これはまた、別の心当たりがあって。

 

 

例えば、

「ん?なんでコレこんな事になるの?」

って思うとする。

 

そうすると次に

 

「そう、なぜならば・・・」

って頭の中に意識を集中して、

回答を探してるのね。

 

考えて答えを出すんじゃなくて、

もう既にある答えが、

姿を現すまで目を凝らす、っていう感じ。

 

 

コレね。

「テスト中に、あコレ知ってるわ!

ってなって

授業でやった気がするから、

記憶の底から引っ張り出してる」感覚

に超そっくりなんですよね。

 

ちゃんと全部つながるように、

格納されてるの。頭の中の物置に。

 

今まで読んだ本とか、

聞いた話とか、

実体験とかの要約とか骨子が

メモされてるノートがあるのよ、多分。

 

 

漫画も小説も、現実の出来事も

「行間の情報」ってあるじゃない。

 

直接ダイレクトには

書かれてないし言及されないけど

【コレ】について指し示してる、みたいなもの。

 

うまく言葉で説明できないんだけど

言いたい事、横たわってる法則が

「おおむねこんな感じ」

って共通項。

 

恋愛メインの少女漫画と、

推理小説と

ビジネス書と

健康法の本が

同じ事を言うために書かれている・・・みたいな。

 

世界観なのかもしれないし

「常識」と言われるものなのかもしれないし

文化の土台なのかもしれない。

 

 

・・・なんか伝わってる気がしない。

でもうまく言えないなぁ。不甲斐ない。

 

えっとね、

例えば、ある分野の専門知識を

身に着けたとするじゃない?

物理学とか、料理とか。

専門の知識と技能ね。

 

で、それって他の分野でも

活用できるじゃない。

理論の成り立ちとか

習得する過程とか、活用方法とか。

水平展開ってやつ?

 

外国語1つマスターすると

2つ目3つ目はもっと簡単に

習得できるっていうじゃん。

 

もしくは、

まったく知らない場所でも、

町の構造の基礎知識があれば

地図見れば目的地に行ける、みたいなの。

 

 

それって、普通の事だよね。

人によって向き不向きはあるにせよ。

 

 

そういう事だと思うんだよね。

「知らないはずの事でも

なぜか『知ってる』って感じる」理由って。

 

どこかで、類似問題のQ&Aを

インプットしてたんだよ、きっと。

 

と言う事はですよ。

「ハイヤーセルフ」と言われたものは

言い方を変えると

「私の読書ノート」「受けた授業の記録」

だよね。

 

打ち込まれたデータを、

私の好みや方針に基づいて編集して

独特の検索方法で引っ張って来る、

そんなデータベース。

 

 

で、話しかけてくる「思考」は

ユーザーインターフェイス(UI)・・・みたいな。

音声案内で、

タッチパネルで次の操作を選ぶと

また音声で案内してくれる、

みたいな感じ。

 

 

便利じゃん(笑)

 

 

問題は、このUIのデザインが独特で

茶目っ気がありすぎる仕様なのが

ほんと参った・・・

 

こんな遊び心要らないんだけど・・・!!

 

 

特に差し迫った問題が無いときは

ずっと下ネタとか下世話な話を

開陳してくれるのよ。

頼んでもいないのに。

 

 

 

さあ、ではここでご紹介させていただきます。

そんな困ったちゃん、

私のUI 「佐々木くん」です。

【佐々木語録】の佐々木くん。

 

 

佐々木君には設定があるらしく、

こないだ自己紹介してくれたので

特徴を書き出してみます。

 

 

■ 佐々木明(偽名らしい)

 

・明治あたりの書生(と言う名の居候)

・40歳になる前に逝去

 (家庭を持ったことはない)

・人に奢ってもらうコツを体得している

・本はいっぱい読んでいるので

 知識と教養はある

・が、性根が下品で

 変態寄りの性癖の持ち主

・どのくらい変態寄りかと言うと、

 「人間椅子」を

 さらに倒錯させた感じ

・女好き、ちょいブス専

 (ちょっと独特な美意識の持ち主)

・脚フェチ、くびれフェチ

 (太りすぎると怒り狂う)

・年齢のストライクゾーンはかなり広い

・どの服が一番似合う?と聞くと

 「全裸が一番可愛いよ」

 と言う役立たずの変態

・一番好きな場所はお風呂

 (全裸になるから)

・二番目に好きな場所は寝室

 (・・・・・・。)

 

 

・・・こんなUIは嫌だ(号泣)

でも今これで定着してるみたいなの。

困ってるの。

 

 

「対話してる相手は、ハイヤーセルフ」

っていうのが

受け入れがたかったのは、

このUIのせいが8割ですわ。

 

 

だって、

 

「え・・・?私のハイヤーセルフ、

ずっと下ネタ言ってるんだけど・・・?

 

高次元の自分が【下ネタの変態】って、

一体どうしたらいいの・・・?」

 

って涙目になるじゃない。

 

 

 

 

これ、きついよね?

一般的な目で見て、ツラいよね??

 

 

よそ様のおうちでは、

下ネタ言ってこないよね?

ハイヤーセルフは。

 

 

だからね、

分けて考える事にしました。

 

 

データベース

(検索機能搭載)が

ハイヤーセルフ本体。

 

ユーザーインターフェイス:佐々木は、別物。

 

 

別物です。

 

 

誰が何と言おうと別物ですぅううううううう!!!!!(号泣)

 

 

 

はぁ・・・前は聡明で

威厳があったのになぁ・・・。

 

肝心なときしか

出てこなかったのに

今じゃ用が無くても

ずっといるよ・・・さすが居候キャラ。

 

なんで途中から

こんなに下品になったんだろう。

 

猫かぶってたのかな?

慣れたころに化けの皮が

剥がれたのかな?

 

 

書きながら凹むけど、

でもやっと言葉で表せて

ちょっとスッキリした!

 

で、ですね。

もしよかったら皆さんの

「うちのハイヤーセルフは

こんな風に話しかけてくるよ!」

みたいな話を聞かせてくれませんか?

 

ちょっとでも現状を改善したいので

よそのおうちを参考にしたいのです。

 

なんかハイヤーセルフを

カジュアルに捉え過ぎじゃね?

という気もしますけど(笑)

 

ぜひ!ぜひとも!

【うちのハイヤーセルフ情報】

お待ちしています!!

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
突然ですが、「ハイヤーセルフ」って興味あります?

まぁ私も詳しくは知らないんだけどね、
先日田中朋子さん
「せいちゃんの部屋」というサービス(※1)で

ちえさんが自問自答してる対話相手は
あなたのハイヤーセルフですよ、と
言われて、それ以来
「ハイヤーセルフ」が気になっているのです。


※1:どんな内容だったかは コチラの記事をご参照下さい


そんなわけで、今日は
「ハイヤーセルフ」について考えてみたいと思います。



***




ハイヤーセルフ。



なんか戦隊ヒーローの
必殺技名みたいな響きじゃないですか?





ハイヤァアアアアアアアア!セルフゥウウウウウウウ!!!
(ドーン!バーン!!)
(立ち上る煙をバックにポーズを決める5人)




これが出ると一件落着せざるを得ない感じ。
最終兵器ハイヤーセルフ。



かっこいい。
超かっこいい。


でも普段使いするには、ちょっと恥ずかしい。
ガチのコスプレをするくらいの恥ずかしさ。


しかるべき場所で、しかるべき仲間と一緒に
前提となる世界観を共有している前提で
その空間限定で、
そのように振る舞って使うなら
いけるんだが。



コンビニにその格好で行って
おでん(今なら70円!)を買ってたら
違和感ありまくりですよね。



いや堂々と買えばいいんだろうけど。
私はどうしても恥じらっちゃう派なんですよね。



だから、
言い訳が長くなるわけですよ。
このように。


=======
(長いし大して意味はないので※※までスルー可)



「あー、なんか、いわゆる?
ハイヤーセルフっていうやつらしくて~

いや、っつってもね、
私も全然詳しくないんだけどwww

まぁなんていうか、
そういう世界観で見直すっていうか
いわば翻訳?し直すのも
新鮮なんじゃないかと思うワケ。

やっぱ人格って、主観だけだと
通り一遍の理解になりがちじゃん?

それもちょっと凡庸っていうか。

斬新な視点で、
多角的に捉えるのを
常に意識していたいよね、って。

多様なストーリーで再解釈することで
世界観の奥行とか魅力って増すと思うんだよねー。

あ、ごめんwww
ほら私って小説家志望じゃない?
だからどうしてもねー
よりクリエイティブな方へ、
って考えちゃうんだよねwww」


※※=======





ああ・・・




こいつ、殴りたい。




我ながら心底ウザい。
なんか腹立つ。




よし、ここはひとつ原点に立ち戻って
グーグル先生に聞いてみよう。


と思ってググってみたけれど、
なんか高尚っぽい言葉がいっぱい並んでて
イマイチ理解できませんでした。

読んだ端から、消えていくみたいな感覚。


ハイヤーセルフを理解するどころか
アセンションとか5次元という言葉も登場して
おいおい、増えてるよ?!
という感じで、謎は深まるばかりです。
ミステリー・・・



大体、ハイヤー、っていうのがアレだよね。

ハイヤー、って言われちゃったら
私なんか暴れん坊将軍のオープニングで
上様が白馬を駆ってこちらへ向かってくる姿を
どうしたって想像しちゃうんでね。
馬にかける掛け声的な意味合いで。


パカラッパカラッパカラッ・・・(馬止まる)
暴れん坊将軍っっ・・・・・・!!!!
(ぱぱぱー、ぱーらら、らーーーーーー!!!)


で、松平健の決めポーズが脳内に
大々的にアップになった状態から


「えーと、何だったっけ・・・
そうそう、ハイヤーセルフだわ。」


って戻ってくるわけなので、
もう話が進まない進まない。




よし落ち着け自分。
別の切り口から考えてみようぜ?

ハイヤーなセルフがあるって事は
ロウワーなセルフもあるかもしれない。


ハイヤーはきっと崇高で知的で高度な感じなんだろう。
ロウワーは低俗で刹那的で欲望に忠実な感じがする。



あれ??
なんか・・・ロウワーが憎めない・・・。
ロウワーってさ、
なんかバカなんだけどキライになれないかんじ。

早弁としかしそう。
そんで昼休みに友達の弁当恵んでもらってそう。
そんで食べ足りなくて
結局購買でパン買って食いはじめそう。


「彼女ほしーーーー!!!」
っていつも言ってそう。

エロ本道に落ちてたら
わざわざ拾いに行きそう。


すぐに告って速攻振られてそう。
体育祭、異様に張り切りそう。
そしてワンピースとエグザイル好きそう。


・・・ん?私今さり気なく
エグザイルファンのとこディスってた?


そんなことないよね、エグザイルは素晴らしいよ?
CD一枚も持ってないし
曲名チューチューとレインしか知らないけど。



ダメだ、ロウワーから戻ってこれない。
じゃなくてハイヤーだよ。
ハイヤーなセルフについて考えるんだよ。


ハイヤー・・・
高い・・・崇高な・・・真理・・・


・・・ダメだ・・・
ガンジーさんとか仏陀とかで再生される・・・!!
後光が金色過ぎてまぶしくてよく見えない!

完全に悟り開いちゃってるから
絡みにくいし、本音がよくわかんねぇ。
いや、全部本音なんだろうけど。
親しみが湧きにくい。



なんか「こんな下らないこと聞けないわぁ。」
って一歩引いて頭を垂れてしまう感じ。


・・・・・・・・・。


こんな感じで、ハイヤーセルフという言葉の意味は
ちっとも理解が進まないのでありました。

まいったまいった!!



あ。続きます。

後編では実際私が
頭の中で対話してる人は
どんな感じなのかを書いていきます。

なんかね・・・キャラ的には
ハイヤーさんよりロウワー君に近いんだよ・・・(滝のような汗)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
佐々木くんの話を書き起こしていきます。

 (佐々木君とは・・・古今東西の名著やら哲学書やらビジネス書やらにやたら詳しいので、たまにそれらを引用して良いこと言う人。自分の考えかのように言うので、そこは騙されないよう注意。下ネタ大好き、基本下品なので、真面目な話をしていてもちょいちょい変なの入れてくるのでそこも要注意。)

*********


人は何のために生まれてきたのか?
人の役に立つため?
徳の高い行いをして、天に宝を積むため?
魂のレベルを上げるため?


ちがう。
全然ちがうだろ。


「生きるために生まれてきた」に決まってるだろ。

それはつまり、
食って寝て、やって産むために
生まれてきてるって事。


産まれるか産まれないかは、
人の自由にならないときもあるから、
それはまぁその辺に置いておくとして。




まずは、食って寝てやるのを
最優先にしなきゃおかしいだろ。
ていうか生きてるならそれが当然だろ??


それを放置して
「魂が・・・」とか「格が・・・」とか言ってるから
永遠に満足できないんでしょ。


生き物みんなそうじゃん。
まずやるために全力で生きてるじゃん。
何おまえ生き物じゃないの?
虫や獣とは違う、私は高尚な存在って?


・・・・・・はぁ。


やるやらない、で考えると
思考停止するなら「うんこ」で例えるよ。


生きてれば物を食うし、うんこするだろ?
それとも高尚だからうんこしないの?

ていうことは生きてない、
って事だけどそれで合ってる?

お前さ、架空の存在なの?
概念上の存在なの?

それ何の役に立つの?
ていうか存在し続けてるの?本当に?
気のせいなんじゃない?

そら「何のために生まれてきたんだろう・・・?」
って迷うよね。

生きるために生まれてきたのに、
生きてないものとして自分を扱ってたら。


そんなにうんこしてるの
知られるの嫌なのかよ。

心配しなくてもみんなしてるよ。
当たり前のことだから言わないだけ。


うんこから話戻すね。


モテなくて相手がいないんだからどうしようもないだろ!
ってキレてるやつ、ちょっと話聞いてよ。


あのな、やり方間違ってるだけだから。


なんであえてモテ市場なんていう
【条件の有利なやつばっかり参加してるトーナメント】
に参加しに行くの?


そんなの歴戦の猛者たちに
「あ、カモが来た」っつって
ギッタギタのボロクソにやられるに決まってんじゃん。

そりゃ人は群がってるよ。
でもそいつら全員が相手探しに来てると思う?

彼女欲しい彼氏欲しいって言いながら
実際は殴り合いマウンティングし合ってさ。

少しでもいい目を見るために
血眼になってるのが大半じゃん。

そんな血に飢えた猛獣みたいなのと番っても
大事にされるわけないじゃん。
食い殺されて終わり。


他にどうしても適当な場所が無いなら、
モテ市場のトーナメント会場に行ってもいいよ。
ただ、上位に食い込んでるやつらじゃなくて

「なんで自分はこんなところに来てるんだろう?」
って我にかえって後悔し始めたやつを狙え。

殴り合い奪い合いが
向いてないやつだけを見ろ。

やる時は二人きりなんだから
やる時までモテ市場とか
余計なよそ事考えるような奴は

生きてるようで生きてないので
無視してください。



やっている間の、一瞬一瞬が
自分と相手の事だけで
いっぱいになってないと。
集中してないってことだから。

やるイコール生きること、なのに
集中してないとか、バカだろ。


愛とか生きがいとかは
生きるための欲求を満たした後に考えろよ。



何によって人は生かされているのか?
神に、じゃないだろ。
自分の身体の生命活動に生かされてんだろ。

ましてや、前世の因縁とか
鼻くそレベルでどうでもいいから。

(いや、鼻くそ愛でてる人種もいるけどね。
そんな特殊性癖の人達に付き合う義理はないでしょ?)


仕事の成功とか
よりよい人間関係とか
はたまた過去にさかのぼって母との関係がどうたらとか
リア充だ婚活だモテがお金に愛されるためにはどうだとか


そういうのは、暇になってから考えろ。

ぐっすり眠って
たっぷり食って
すっきり出して
思う存分やって

話は全部それからだ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。