鼓童公演。

テーマ:




先日、太鼓芸能集団「鼓童」の東京公演を観に行ってきました。

今回の作品は“道”
時代・世代が変わる中で、
35年の培われてきた伝統の今昔を体感した
貴重で個人的にとても贅沢な内容(^-^)

今回は友人の出演が多かった!

もう出逢ってから6年、長い関係になるんだなぁ。
かの鼓童となると本当に多忙そうで、
住まいも佐渡島、
会えるのはこうして公演を観に行くくらい。

それでも絆を感じると、僕は思っています。

今回観た彼らの、以前を超えたパフォーマンスには身震いしました。

華やかで力強く作曲センスも光るマヤさん、
魂のこもった連打と爽やかなライヴ感で伝えるショウ君、

研修生時代に出逢い、こうしてプロフェッショナルな華々しい舞台を届けている様を観ていると、
何だかとても嬉しいし、大きな刺激になります。

そして栄一さん(身内的には塾チョ笑)の圧倒的な表現には、
受ける度にいつも熱く心に刻み込まれます。

個としても集としても、継続から進化を続ける姿、
僕も見習おうと思った休日でした。




AD



先日、福祉施設「にじの里」にて、
ソロパフォーマンス出演致しました。
前回からおよそ4年ぶりに実現したこのステージ。
100名は超える施設内総出のイベントは
お陰様で大盛況。





ここに来ると、自分の表現に対しとても考えさせられるのです。

「何でも良い訳ではない、良いものを聴いてもらいたい。彼らにも幸せになる権利がある」
とは、依頼してくださった職員の方の言葉。

「彼らは本当に音楽が好きで、良し悪しを人一倍感じ、見極め、純粋に反応するのよ。」
良いものには呼応し、悪いものには一切の興味を示さない。
まさにシビアな世界…!

だからこそ、分かりやすく楽しませようとしても、彼らには見透かされる。
向き合ってきた「自分の音楽」を余すことなく表現すれば、本当に伝わるのだと。





それは重度であればあるほど如実に変化が見えるらしく、良いものを聴いた時の目は明らかに深みを帯びる。

その瞬間は障害を感じさせないような眼の色になり、
職員さんは本当に幸せだと口々におっしゃっていました。

感涙しそうなくらいの気持ち。

「和茶さんのその音楽の世界観はそれだけ素晴らしく、利用者さん達に届いています。」

どんな大きな舞台よりも、自分の表現の甲斐を見つめ直してくれる。

彼らの眼と皆さんの言葉、本当に自信に繋がります。
ありがとうございました!

AD
KIRIE presents 【 宴 〜en〜 】vol.4

第4弾となるこの回は、パフォーマンスショーをメインにお送り致します。

福岡のダンスフェスティバルで発表された、
コンテンポラリーダンス・ボイスパーカッション・空間装飾アートが融合した新作
「万華鏡」を東京初披露!

そして今回は、ゲストにピアニストを迎えてのスペシャルコラボステージもあります!

見どころ満載の
【 宴 〜en〜 】vol.4、是非お越しください!

…………………………

KIRIE presents 【 宴 〜en〜 】vol.4

2017.4.18( tue )

@SARAVAH東京
http://l-amusee.com/saravah/
東京都渋谷区松濤1丁目29-1 クロスロードビル B1

Open:19:30
Start:20:00

Ticket
前売り¥3500(1D付)/当日¥4000(1D付)

ご予約はこちらにお名前と人数のみご記載の上、メールお願いします!
waccha10@hotmail.co.jp

…………………………

AD