女子のキホンはHappyでしょ。ココロとカラダと行動を調律します。

川上ひかりです。ぶれない起業家を育成。自然療法スクールWacca主宰。セラピスト・カウンセラー・講師向けビジネスマインドコースに注力中。こころの土台がキモだと考える札幌の3児の母。

Holistic(ホリスティック)ってなんだろう?
 
 
アロマセラピストやエステティシャンならば
一度は聞いたことがあるであろう
「Holistic」という単語。
 
「包括的な」とか「全体的な」
と訳されて、テキストに載っていますね。
 
 
では、この単語を、中学生の子供に説明してみましょう。
 
 
母「ホリスティックって、どんな意味だと思う?」
 
息子「知らね」
 
母「チーン…。
   (気を取り直して)
   イメージでも何でもいいからさ。」
 
息子「ん~、細長いイメージ」
 
(そりゃ、スティック違い~~!!!)
 
 
母「なるほどね。他にイメージは?」
 
息子「だから、知らねえって!それより腹減った。スティックパイとか作ってよ」
 
…ザンネンナケッカデシタ。
 
 
 
と、まあ、食べ物と友達のことが頭の90%を占めている方に聞くには
質問が薄っぺらかったようです。
 
 
でね、おやつを与えながら、改めて説明を聞いていただきました。
 
 
母「ホリスティックって、直訳すると『包括的』『全体的』っていう意味なんだ。」
 
息子「ふ~ん。totalじゃダメなの?」
 
母「ぜんぶ、とか、合計すると、がtotalだとしたら、
色んな方向から一つの物事を観る感じがholisticなのだよ」
 
息子「あちこちから、みたいな?」
 
母「ま、そんな感じだね。『多角的に』がぴったりだと思うんだ、かーさんは。」
 
息子「ふ~ん。ま、ものごとは一方的に決めつけない方がいいってことだよな。学校で宿題済ませて帰ってきたからうちでゴロゴロしてたのに、『まだ宿題やってないんでしょ!』とかさ。」
 
 
母「あ、まあ、そういうことだよ(汗。」
 
 
そんなわけで、
決めつけないで、
違う角度からの視点も
知っておく。
 
おもてから
 
裏から
 
横から
 
斜め下から
 
真下から。
 
サイコロをイメージするとわかりやすいかな?
 
 
見る角度によって、目の数は違う。
 
でも、
 
それが「サイコロ」であることは変わりない。
 
 
そんな感じ。
 
 
 
コメント(0)  |  リブログ(0)

川上ひかりさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります