女子のキホンはHappyでしょ。ココロとカラダと行動を調律します。

川上ひかりです。ぶれない起業家を育成。自然療法スクールWacca主宰。セラピスト・カウンセラー・講師向けビジネスマインドコースに注力中。こころの土台がキモだと考える札幌の3児の母。


テーマ:

こんにちは!
今日は横浜からお届けしてます。


さて突然ですが
お洗濯とアレルギーの関係って
ご存知ですか?



カサカサ肌の悩みが
洗剤を変えただけで解消した!
という話、何故かよく聞くんですよねー、わたし。

きっと洗剤などの日用品を自分が納得した材料を使って手作りしているのでそういう情報に敏感なんだろうなあ。と思います。



我が家の長男、小さい時に洗剤かぶれで
肩やおしりなど、肌着が密着しているところはカサカサしていて、かゆがることが多く、お風呂上りにボディクリームが欠かせなかったのがきっかけで、日用の洗剤探検が始まったんです。

12年ぐらい前だったかなあ。




{4B11BD85-F120-489C-9AD3-63523E4F2B98}


自然派・天然素材・無添加

エコ家事・ナチュラルクリーニング


本屋さんで、ぷらーっと雑誌コーナーを眺めていて

このキーワードを見かけると、ついついその雑誌買っちゃうんだよね、


っていう方におすすめの手作り教室のご案内をします。


お洗濯で気をつけているポイントがどこなのかは、そのお家ごとに違うと思いますが
(例えば干す時の香り、着ていて香りが続く、シワを防ぐ、強力、環境にやさしい、などなど)、あなたのおうちでは今どんな柔軟剤を使っていますか?



ダウニーが並行輸入じゃなく
普通にスーパーで買えるようになって


「アロマ柔軟剤」「天然アロマ配合」
などなど、アロマセラピー風な表記がされる商品が出はじめ


今では「着た時ににおいカプセルが弾けて香りがひろがる」っていうタイプの柔軟剤、増えました。



「いい香りであること」
それだけ大事になってきたんだなあ。

とか

「自分発するにおい」を消したりにおわなくしたい、って思う人が増えたんだなあ。

とか


テレビCMやスーパーの洗剤コーナーを見る度に感じます。


こういう世間の流行から

色々読み解くことができますね。

例えば…


自分のにおいが気になる

→周囲からどう見られているかが気になる

→自分そのままでは好ましくない


ってどこかで思っているいわゆる自己不満足さんが全国的に増えている





好きな香りに包まれているとゴキゲンになれる

→ストレス解消と家事を一緒に済ませたい人が増えた

→「便利で簡単なコンビニエントグッズ」だけではなく、ステキさも重要視される世の中だなあ


といった具合に。


ああああ……

はなしがどんどん逸れていくので(笑)こ続きはレッスンでお話ししますね(忘れてたら言ってください!)



さて、肌と洗剤のお話でしたね。

肌のカサカサ、衣類が原因と思われるのは

・素材そのものへのアレルギー反応

・こすれるという物理的刺激

・衣類(特に肌着)の繊維に洗剤が残留しているのが体温で肌に刺激になり続けている


あたりです。


「わたし化学物質過敏症です」という方以外でも、透明感のある肌タイプの人や小さなお子さんにとっては、気をつけたいポイントだなあと思います。


スキンケアに気を遣っているし、皮膚科に通っていても、肌がカサカサカユカユなんだよなあ、という場合は

日用品を見直してみよう、って皮膚科のドクターもおっしゃる方が多いです。


でも、ドクターはどう見直せばいいのかまで教えてくれる時間ないですよね。


えーー、どう見直せばいいの!?

粉石けんにしたらいい?

って、
トップやアタックから
粉石けんに変えたら、

一度はカサカサカユカユがおさまるんだけど、いい状態が長続きしない。

しかも、明らかに汚れ落ちがよろしくないっ!!

そして、白い服はだんだん黄ばむ!!



にょーーーー


困った。どうすりゃいいのさ。と調べまくった結果、重曹洗濯の師匠に出会いまして、目からウロコのプロのクリーニング屋さん直伝のお洗濯方法をするようになりました。


長男の肌荒れはピタッとなくなり、
私も手荒れしなくなり
お洗濯ものも臭くないし汚れ落ちもバッチリ。


サロン時代にはエステのお客様や友人にこの方法をお伝えしまくってきました。


ただひとつ難点は

めんどくさい。


今まで、スプーン1杯洗剤と柔軟剤をキャップの目盛りの線まで洗濯機にセットして、スイッチイポン。あとは洗い上がりを待つだけ。


というお洗濯に慣れていた私たちは、


重曹を入れてぬるま湯で洗濯し始めて

数分後に酸素系漂白剤を追加で入れて

すすぎ2回目でクエン酸を入れて。

って、洗濯してることを意識しなきゃならないのは、正直手間かかってめんどくさい。


「そこまで洗濯にはこだわらないし時間も手間もかけたくないのよねえ。」って、何人ものお友達が言っていました。


そーよねー(笑


私は健康オタクだし、実験大好きだから、時間をかけてでも「おー!すごい!」って喜べるけど、


そこまでオタクでもないし、
肌のことでとても困っているわけでもない、っていう人にとっては


「いいのはわかるけど、手間増やしたくない」



というのが正直なところかと思いますわ。



で!

つくりました。


ズボラアロマ柔軟剤レシピ。



これさえ作っておけば、日々のお洗濯の柔軟剤をこれに取り替えるだけで


洗濯物のすすぎ残りもグンと減って

タオルもフワッフワ♡

肌着も肌あたりがよくなっちゃいます。

(シワになりにくいかどうかは、まだ検証中)


というわけで、
ながーーくなりましたが、


1/25(水)午前、
手作り柔軟剤レッスンを開催します!!


月1開催の「アロマクラフト部」でのレッスンです。少しだけお席空いていますので、ぜひぜひご参加くださいね。



詳細・費用などはこちらの記事をご覧ください。

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
注目するのはどのポイント?



もう、自分のことなんて構ってられない!

っていうほどの

ドタバタの毎日ですが、


ひとつだけ
ふとフラットに立ち戻る
おまじないワードを
いただいているので


なんとかココロを保てております。



「ここまでやれてるあたしってステキだな」


これ、わたしのお守りワードです。こっそりブログを読んでくださるあなたにもにシェアします。



わたしがゴキゲンでいることが
いい方向に進むための
たった一つの材料。


え?

わたしなんて何もできない。

こんな風に声かけしたって意味がない。

って思ってますか?



んなこたーーない!



のれんに腕押しでもヌカにクギでも

いいじゃないか。

大事なのはのれんでもヌカでもなく


腕とクギじゃん。


自分で自分をほめようよ。


プレゼントを渡そうとルンルンしてたのに

相手が受け取ってくれなかったとき

がっかりするのはきっと

今の自分にフォーカスしてない時。




今、プレゼントを選ぼうとしている自分

今、渡しに向かっている自分


今、はいどうぞ、これあげる!って言っている自分


その瞬間の
ゴキゲンな気持ちや
ワクワクドキドキしちゃう気分は


なかなか味わえるものじゃあない。


いいの、相手が受け取るか否かは別に。



もう、渡す行為で90%以上満足しちゃってるから。


って、実感中です。





ガルシア先生にはいつも大切な言葉をいただいてばっかり。


まだまだココロの原理原則は
はじめの一歩レベルでしかわからないし


きっと一生わたしのココロを100%解明しきった!なんてできないのだと思っていますが


一個一個、経験値を積みながら

ゴキゲンな自分であるって
どんなことかな?

を体感し続けています。



そういう意味では、

私が欲しいものは外側にはないのかもしれない。




ありがたいな、を実感するのって
こういう、なんていうか
ぼわわーんってあったかくなる時なんだな。



今、大変なのは確かだけど


それは


「大きく変わる」時っていうことで


まあ、「大まかにいうと変てこりん」でも「大いに変人っぷり発揮」でもいいんだけど、


そこに果敢にチャレンジできる自分っていいじゃん♪

っていう気分を、自分にプレゼントしたいな、というところなのです。




コメント(0)  |  リブログ(0)
久々にサードメディスン(嗅覚による体質診断)ネタです。



普段はこんなグラフのわたしですが


{3AEA6939-300F-4058-ABCE-805D9257C96D}



今日はこうだった。




{CE2F8E56-2783-4AB6-A69C-D3BAB3E4C886}


赤線の四角の形がだいぶ違います。




今のわたしの状況をちょっとだけ解説しますと


・飛行場にいる。行き先は親の入院先

・フライトが1時間以上遅延していて、出発ロビーで待っている

・独居の老親にうつ症状ありと電話あり(わたし札幌、親横浜)。数日間、電話でまめにカウンセリングし続ける


・朝、子どもたち3人と夫との業務連絡や身支度手伝い(サポート係)

・そのあと自分の身支度

・空港連絡バス(1時間)で車酔い



こんな感じ。



平常運行のときと

ちょっぴりハプニングが起きたときの


ココロ模様がこうしてグラフ化できると

(しかも頭使わず鼻だけなので、自分の気持ちにウソをつきようがないんです)



あー、こういう時は、

朝いつもより陽射し浴びようかな。

お味噌汁の具はかぼちゃとキノコにしてみよう

アロマはユーカリとグレープフルーツだな


なんていう感じに

サクッとチョイスできるのがサードメディスンチェックを使ったセルフケア。



このグラフから、陽射しと味噌汁の具とアロマのチョイスが何故これなのか、は

生物学的にばっちり根拠があるんです。


ヒトの体をとことん分解して、分子レベルで観てみるとほんとおもしろいように
食べるものや行動とマッチするので
間違わない。




わたしのバランスを保つことが、家族のサポートをする時に、とっても大事なんですが


「さあ、考えすぎるのをやめよう!」

って、自分にいくら言い聞かせても、叱ってもなだめても言うこときかなくて、いつまでたってもぐるぐる考えちゃう。


特に心配性の人はその傾向が強いかと。



脳のスイッチを自力でオフにすることはなかなか難しいから(瞑想が得意な人は別かも)



こうして目でパッと見える形にするんです。


そうすると、だいぶ楽になりますよ。


こころの負担もストレスも

そのほとんどは

考えてもしょうがないことだったり

単なる思い込みだったりするのだけど

そうアタマでわかっていても

やっぱりココロは言うことを聞かない。


なら、アタマとかココロとか、
もうこの際考えなくていいんじゃない?


カラダは答えを間違えないから。

そして、アタマもココロの状態も

カラダは反映してくれるから


嗅覚っていう、人間の本能に直結している感覚に注目。


もうかれこれ4年ほどお世話になっているこのグラフのおかげで、アタマぐるぐるしちゃうことは、なくなりつつあります。


思考って意外な方法で変わるものなんですね。


一度、目に見える形を出してみると、おもしろいですよ。



川上のカウンセリングはこちらから


全国のサードメディスンアドバイザー情報はこちらから





そうそう、一つ前の記事も、サードメディスン理論を学んで実践してきて、痛感することなのです。


自力で整うことができるように、本来なっているはずの私たちひとりひとりのカラダ。


なんでバランス崩しちゃうんでしょうねえ〜
コメント(0)  |  リブログ(0)