ワーブワーフの夕べ。

見つけたね、それが良いのか悪いのか・・・
でも、ワーブの入江へようこそ。 
時間があるならごゆっくりどうぞ。


テーマ:

もう一度基礎からみっちりと!という事で愛玩動物飼養管理士の資格試験にチャレンジしています。 ここは一発一級から受けてしまいたい所ですが、物事には順序というものがあるらしく二級からじゃないと受験不可という事らしい。  まぁ、今迄色々とやって来て今更二級くらいはナンも勉強しないでも取れるとは思うのだけど、いやいや基礎って大事なのよと思うこの頃です。

 

というのも今更ながらですが、犬の躾を人様に教える難しさを痛感する日々なのです。 犬に理解される指示を出すタイミング一つを取っても一秒ズレると正確に伝わらないものですが、この辺の伝授っていうのは一回や二回のレッスンで掴んで貰おうと思っても事実上不可能なんだろうと思っています。

 

最近ではそういう不可能な事を平坦に分かり易く解説して行くのが僕の仕事なのだと割り切って、犬の行動を解析して、指示のタイミングに頼らない安全な誰にでもできる躾を模索しています。 分かり易く言えば出来ない事を学習して頂くよりは、出来る事を会得して頂く方が簡単なのではないかと言う事です。

 

例えば釘一つ打つにしても大工さんが打つのと素人さんが打つのは違います。勿論、大工さんの打ち方を理屈として僕は教えますよ。 でも、幾ら頑張ったとしてもやっぱり素人には無理なのです。そこでどうするか?と言えばビスを使って頂く訳です。 厳密に言えばプロが打つビスと素人が打つビスも違いますが、実用に際しての問題は無くなる訳です。

 

そうやって物事を単純化して行く作業は、基礎が揺らぎなくしっかりしていないと、思わぬ所でロジックの破綻が出てしまいます。 テレビ等で犬の躾番組等たまに観ていますと、未だに支配性と陽性がチャンポンになった物をやっているのを見掛けますが、無邪気なもので基本の破綻にやっている本人も気が付いていない訳で、観ている人もそんなに注意深く観ている訳でもないだろうし、結果として犬も随分と雑に扱われて可哀そうだと思う。  

 

 

さて、本題の愛玩動物飼養管理士の受験資格にスクーリングが含まれるので、ここは超面倒ではあるが、ルールに従って大人しく受講する事にする。 場所は長崎市内。ああ、超面倒で挫折しそうになる。

 

松山町の駐車場が料金的にグッドなんじゃないの?という事で行って見たら、おお、満車。 駐車場を求めてウロウロしていると受付の時間になってしまって、朝の貴重な時間が飛んで行く。

 

クラクラと暑い中を急いで会場の受付に行くと、「久しぶりです」と挨拶される。 えっと獣医師会の誰かかいな?と思って顔を見ると、長崎の猫の中村淳氏。 なんで此処に居るの?って聞いたら、「だって講師だもん」との事。 「やり難い」との一言があるが、僕は大人しい良い受講生ですよと言って置く。 邪魔にならない様に気をつけよう。

 

一限目は橋本洋一氏の動物愛護論。 橋本氏も何処かの何かでお会いした記憶があるのだが、名刺交換した訳でもないので、一応受講後にご挨拶。 なかなか熱量がある人で、頭の回転も良く話が速い印象を受ける。 今後の長崎での活動での協同に付いて打診して来る明快さは好感が持てるものでした。

僕も時短が大好きなの。

 

二限目が中村氏で、愛玩動物飼養管理士の社会活動に付いての講義。  そういえば今なにかやっているって言っていたよなぁ、コレか・・・なんて思いながら勉強させて頂いた。

 

三限目も橋本氏で、4時限目がなんと福島みゆき氏。

もう何年も前になってしまうのだけど、今は県南保健所にいるH女史と長与の伊藤さん(懐かしいでしょ?)の協力を得て福岡動物愛護センターの小山氏を大村のシーハットに講師として招いた事がありました。 その時に実技指導の講師として同行して頂いたのが福島女史。

 

この講演をヒントに僕が台本を書いて後は諫早エヌケースリー ドリーム プロの渡邉氏に丸投げでアレンジしてやって貰ったのが「犬の気持ちマルわかり劇」でした。 ああ、物事って連動して行くんだなぁ。

 

講義の後にパピークラスを観に大村に行くと言うので、ああ、森さん(モリ動物病院)?と聞くとピンポン。

ひぇ~、世間って超狭いじゃないですか。 僕も一緒に行きたい所だが、こちらも終われば速攻でカラコカラフィールドに戻らないといけない身。 分身って出来ないもんね。

 

5~6時限が宇山里奈氏。 この人は全然知らない。 講演後にちょっとお話したい事が二三有ったが、時間が無いのでパス。

 

受講生の半分は諫早農高の生徒さんで、移動動物園で何回もお世話になっているし、彼女達のOGの何人かはボランティアで手伝って貰ったり、勉強で僕の所に通う子も居ました。

この分野での意識の高さは諫早農高って抜けてるんだよなぁ。 なんて感心するが、今日の講義全部を理解しなさいと言えば酷な気もする。 まぁ、若いので受験日までには実力を付けて来る事でしょう。

 

僕の実力はどうなんだ?と言えば法令関係はラジオなんかでも偉そうに喋っている関係もあるし、この辺は現時点で講師と同等の力が無いとマズイとも言える。

 

躾分野はプロとして人それぞれなんだけれど、協会の指針に則った回答が要求される訳で、どうであれこの辺も一発で理解出来ない事には僕の立場上非常にマズイ。

 

愛護も散々講義している身なので、現時点で楽勝でないとマズイ。

 

動物の飼養管理は犬に関してはプロなんだから言い訳無しなんだけど、ウサギは飼った記憶あるのだけれど、真剣にやった覚えはないので勉強しないといけないし、鳥、爬虫類に関しても他人よりずば抜けて詳しい訳でもない気がするので、イチからやり直す。

 

どうであれ僕の場合は満点でパスしないと立場上マズイ訳で、自分を追い込む事に関しては相変わらず一流の馬鹿者なのです。 という事で、まぁ頑張ります。 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。