環の会 -Motherly Network-           育ての親からの声

環の会で子どもを迎えた家族からの声をご紹介します。


テーマ:

生後1ヶ月のこういちろうを迎えました。

乳児院で出会い、初めて見たこういちろうはとても可愛く、男らしい顔つきをしていました。

名前の由来は、優しさや心の強さ、礼儀など、人としてのたくさんの幸せの実を付けた大きな樹木の様に、幸せいっぱいの元気で賢い子に育ってほしいという願いが込められていると、産みのお母さんから教えて頂きました。

そのお話を聞いた時、産みのお母さんのこういちろうへの思いが伝わり胸がいっぱいになりました。

改めて責任の重さを感じ、私達夫婦の所に託して良かったと言われるように、精一杯愛情を持ってこういちろうを育てていこうと決意しました。

産みのお母さんとおばあさんに会えて本当に良かったです。

 

子育て研修がスタートし、初めての抱っこ、初めての沐浴、もう新米の私達はおっかなびっくりでした。

しかもこういちろうは縦抱きが好きで、何度首は大丈夫?と思った事か・・・。

そして最大の試練は、研修中の3日間、ベビーベッドであまり寝てくれず、夜も交代しながらずっと抱っこをしていた事です。身体中がガチガチに凝り、3日間で身体年齢が10歳老けた気がしまた。

我が家に帰った日の夜、主人は夜勤の仕事でおらず、私一人で夜中じゅう抱っこ出来るのか、内心と ても不安でした。

しかしそんな私の不安はよそに、帰った日からベッドでスヤスヤと寝てくれたのです。思わず、あの3日間は何だったの?と拍子抜けしたのを覚えています。

もしかしたら、こういちろうは自分の事を守ってくれる人なのか?とまだ生後一ヶ月ながらも、本能で試していたのかもしれません。

 

私達は主人の両親、祖母と同居しています。

研修を終え、一緒に帰ると、もうすでに「こうちゃ〜ん」と甘い声を出しながら迎えてくれ、一瞬で我が家のアイドルになりました。

そんなこういちろうも生後6ヶ月になりました。

寝返りをマスターし、前に進みたいのか手足をバタバタして、一生懸命に動こうとしますが、まだ出来ず一人でゔーゔーと唸っています。

離乳食もしっかり口を開けて食べ、こぼさない様に上を向きながらゴックンをして、とても上手です。

笑ったり、泣いたり、怒ったり、全身を使って意思表示をしてくれるこういちろうが、とても愛おしく、幸せな日々です。

我が家の癒し系ですね。

こういちろうとのご縁に感謝しています。

いいね!した人  |  リブログ(0)

環の会さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります