自民、公明、みんな、たちあがれ日本の野党4党は1日午後、実質審議1日で郵政改革法案の5月31日の衆院本会議採決を認めたのは問題として、横路孝弘衆院議長に対する不信任決議案を共同で提出する。野党は、内閣不信任決議案と鳩山由紀夫首相に対する問責決議案の提出に向けた最終調整にも入っており、今月16日の会期末をにらみ、政府・与党への攻勢をさらに強める構えだ。
自民党の谷垣禎一総裁は1日午前の役員会で、議長不信任案の提出理由について「議長の裁き方は与野党協議を進める姿勢がなく、小沢一郎民主党幹事長の走狗(そうく)だ」と指摘。郵政法案の今国会成立を目指す民主党の強引な国会運営を、横路議長が放置していると厳しく批判した。
議長不信任案の提出は今国会で2回目。与党は、同じ事案を同一会期中には扱わない「一事不再議」の慣例を盾に、本会議に上程しない方針だ。

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設~社民、連立政権を離脱~
【特集】「陸山会」土地購入事件~小沢氏、再び不起訴=検察審が再審査へ~
鳩山首相が漏らしていた「辞意」
場外戦にもつれ込む「小沢捜査」の内実
首相問責案に賛成も=民主沖縄代表

20、30代女性の専業主婦志向高まる 女は「家事プラス趣味」がいい(J-CASTニュース)
キヤノン関連工事脱税、元社長に求刑(産経新聞)
悪質業者取り締まり徹底を=児童ポルノ対策で全国会議―警察庁(時事通信)
鹿児島・奄美で震度3(読売新聞)
サッカー日本代表 「サムライ合宿」エコの村 移動は徒歩か電気自動車(産経新聞)
AD