WEBメディアでエッセー連載中です。
東洋経済オンライン


小学館 雑誌 Suits
SuitsKatekyo
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-06-30

6ヶ月で東洋経済オンライン アクセス1位の記事を4本も書けた理由。

テーマ:かてきょのブログ

月1億ページビューを超えるニュースサイト

東洋経済オンライン さまでの かてきょ連載記事が

おかげさまでたくさんの人に読んでいただけるようになって…

 

この2016年前半では4本もの記事がランキング1位に♪

編集者さま、読んで応援していただいた女性の皆さまに

感謝の気持ちでいっぱいです♪

 

ことし1位になった記事を簡単にご紹介します♪

(画像をクリックすると記事のリンクが開きます♪)

 

↑デキない男子とデキるひとの「ビジョン」のちがいについて

就活生や採用するひとに読まれたのかも。。

 

↑デキないオトコが質問で必ず使う「3つの言葉」

月間ランキングでも1位になったり、他のメディアでも

とりあげられたおばけヒット記事です(笑)

 

5月に1位になった、デキないオトコが会議でかならず口にする3つの言葉。

デキるひととの3つの言葉と比べるとちがいがわかります♪

 

↑そして6月に1位。デキないオトコの「外資系コンサル風」なパワポ

をダメ出しした記事。ほんとにデキるひとのパワポ術に共感いただきました♪

 

この半年にUPされた13本のかてきょの記事をふりかえると。。。

1位が4回(打率3割)、トップ5に入ったのが9回(7割)

わりと高い確率で、みなさんに読んでいただく記事が書けたのではと思います。

 

ライターが本業ではないのですが(笑)

 

どうして1人のフツーのオトコが、

全国的ニュースサイトでこんなに読まれる記事を書けたのか?

 

その理由は。。。

かてきょの「売れる文章を書くお作法

をうみだして、実践したから。

 

まとめると一冊の本になるようなお作法なのですが(笑)。

さわりをお話しするとつのお作法が基本。

 

  1. 強い主流派のイマイマしい敵になる。
    日本のビジネスはいまだにオトコ社会。
    はたらく女性のつよい味方になるため
    デキないオトコの敵となり、
    デキないオトコをコスり倒す記事を徹底的に書く。

  2. 愛を、忘れない。
    はたらく女性に対して「愛」を込めた記事を書き
    敵のオトコに対しても、敵だからこそ愛情とリスペクトを忘れない。

  3. スランプを、とことん体験する。
    実は。。。このスタイルを見つけるまで、
    連載の人気がさっぱりな時期がありました。
    正直、打ち切りになるかもな…と覚悟したくらい出口のないスランプ。
    でも、そのスランプがあったからこそ、このお作法を見つけ、
    プレッシャーや失敗への耐性がつよくなった。
    スランプがなかったら、この発見はなかったと思います。

 

ほかにも、アイデアだし、構成、書き方などなど

いろんなお作法を見出したので。。。

いつか、ぜったい読まれる文章を書くお作法を

一冊の本にまとめてみたいと思います♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-06-26

動画デビューしました♪

テーマ:かてきょのブログ

はたらく女性のかていきょうし、動画デビューしました♪

 

舞台はパソナさまグループ会社のビズナイズさま。

女性向け起業入門編として

 

わくわくするじぶんせんりゃく、のお作法。

の動画版が公開されました~♪

動画版セミナーのリンク先はコチラです♪

 

動画は、こんな感じ。お洒落なスタジオで撮影していただきました♪

 

カメラに向かって、カメラの向こうの女性の皆さんに。。。

伝われっ。。。って念じながら話し中。

 

 

最初は緊張ぎみでしたが。。。スタッフの皆さんのおかげで

楽しくスピーチさせていただきました♪

 

初の動画で講義は、東進ハイスクールの林修センセイになった気分(笑)

 

1人でも多くの女性に

知恵と自信と、わくわくをお伝えできたら嬉しいです♪

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-06-22

【かてきょのどくしょ】0311「サイロ・エフェクト」★★★★☆

テーマ:├ ★どくしょ

 

 

金融危機、SONYやマイクロソフトの官僚主義などなど。

 

社会や組織が専門組織(サイロ)に分化したタコツボ型に変化するしくみや影響を、

「インサイダーでありながら、アウトサイダーの目線」という

人類学のアプローチで分析する

視点が新鮮でおもしろぃ「経営の、社会学」本。

 

高度なスキルを持つ専門家集団が、分類されたサイロを好む理由は

「自分は専門外の人々には理解できない仕事をしているから!」

という自覚を持ちたいため。という筆者の指摘には共感します(笑)

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

プロフィールかてきょメニューかてきょセミナーメニューかてきょ「生徒」様の声しごとのお作法集セミナー・メディア掲載事例

かてきょの書籍
わくわくする、
「じぶんせんりゃく」を描こう。

無料で「出版」しました♪
iPad用(iBooks)とPDF版の二種類あります
下の表紙画像をクリックしてみて下さい♪

表紙