WEBメディアでエッセー連載中です。
東洋経済オンライン


小学館 雑誌 Suits
SuitsKatekyo
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-07-23

【告知】9月10日 はたらく女性の「新学期」イベントで新ネタスピーチお披露目する件。

テーマ:かてきょのブログ

はたらく女性のかていきょうし史上、最大規模。

200名のはたらく女性に向けたセミナーが公開されました♪

 

舞台は910日(土)パソナさま特別無料セミナー
はたらく女性の新学期♪~もっと輝く自分のために~
セミナーのホームページはコチラをクリックしてください。

 

約1時間半のお時間をいただき、かてきょの新プログラム

明日にわくわくする、せんりゃく的な「マナビ」のお作法

をお披露目します♪

 

 

9月は「新学期」の時期。

季節の変わり目でもあり、はたらく女性もなにか学びたくなる季節です。

 

ではなにを「学ぶ」かというと。。。

自分に足りない英語やビジネススキルを身につけなくちゃ汗

。。。と考えていませんか?

 

足りないものを補う、欠点を克服する学びかたでは、

じぶんのほんとのつよみは生かしづらい。

ホントにデキるひとは、「なにを学ぶか」をちがった思考で

もっと「せんりゃく的」に決めています。

 

じぶんのこの先のかんがえかた

じぶんの生かしかた、つよみの育て方、効率的な学びかた。。。などなど。

明日から使えるデキるひとの「せんりゃく的なマナビのお作法」を

ご紹介します♪

 

 

学びたいことがきっと見つかる女性のためのセミナー。

一人でも多くの女性にお届けできたら嬉しいです♪

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-07-09

【かてきょのどくしょ】0312「ながくつしたのピッピ」★★★★★

テーマ:├ ★どくしょ
長くつ下のピッピ (岩波少年文庫 (014))/岩波書店

¥734
Amazon.co.jp

はたらく女性のかていきょうしを受けていただいたある女性が、
子供の頃からの憧れの女性像としてピッピを教えていただき、
ものすごく興味がわいて、さっそく購入した一冊。

はずかしながらピッピの存在しりませんでしたが、
世界いちつよい女の子で、たぶん世界でいちばん自由な女の子ピッピ。
女子のあこがれになるのがよくわかります。

女性に勇気をとどけるライフワークをしている一人として、
いろんな気づきをもらえる一冊。

40超えて、素敵な童話に出会えてコトに感謝です(笑)。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-06-30

6ヶ月で東洋経済オンライン アクセス1位の記事を4本も書けた理由。

テーマ:かてきょのブログ

月1億ページビューを超えるニュースサイト

東洋経済オンライン さまでの かてきょ連載記事が

おかげさまでたくさんの人に読んでいただけるようになって…

 

この2016年前半では4本もの記事がランキング1位に♪

編集者さま、読んで応援していただいた女性の皆さまに

感謝の気持ちでいっぱいです♪

 

ことし1位になった記事を簡単にご紹介します♪

(画像をクリックすると記事のリンクが開きます♪)

 

↑デキない男子とデキるひとの「ビジョン」のちがいについて

就活生や採用するひとに読まれたのかも。。

 

↑デキないオトコが質問で必ず使う「3つの言葉」

月間ランキングでも1位になったり、他のメディアでも

とりあげられたおばけヒット記事です(笑)

 

5月に1位になった、デキないオトコが会議でかならず口にする3つの言葉。

デキるひととの3つの言葉と比べるとちがいがわかります♪

 

↑そして6月に1位。デキないオトコの「外資系コンサル風」なパワポ

をダメ出しした記事。ほんとにデキるひとのパワポ術に共感いただきました♪

 

この半年にUPされた13本のかてきょの記事をふりかえると。。。

1位が4回(打率3割)、トップ5に入ったのが9回(7割)

わりと高い確率で、みなさんに読んでいただく記事が書けたのではと思います。

 

ライターが本業ではないのですが(笑)

 

どうして1人のフツーのオトコが、

全国的ニュースサイトでこんなに読まれる記事を書けたのか?

 

その理由は。。。

かてきょの「売れる文章を書くお作法

をうみだして、実践したから。

 

まとめると一冊の本になるようなお作法なのですが(笑)。

さわりをお話しするとつのお作法が基本。

 

  1. 強い主流派のイマイマしい敵になる。
    日本のビジネスはいまだにオトコ社会。
    はたらく女性のつよい味方になるため
    デキないオトコの敵となり、
    デキないオトコをコスり倒す記事を徹底的に書く。

  2. 愛を、忘れない。
    はたらく女性に対して「愛」を込めた記事を書き
    敵のオトコに対しても、敵だからこそ愛情とリスペクトを忘れない。

  3. スランプを、とことん体験する。
    実は。。。このスタイルを見つけるまで、
    連載の人気がさっぱりな時期がありました。
    正直、打ち切りになるかもな…と覚悟したくらい出口のないスランプ。
    でも、そのスランプがあったからこそ、このお作法を見つけ、
    プレッシャーや失敗への耐性がつよくなった。
    スランプがなかったら、この発見はなかったと思います。

 

ほかにも、アイデアだし、構成、書き方などなど

いろんなお作法を見出したので。。。

いつか、ぜったい読まれる文章を書くお作法を

一冊の本にまとめてみたいと思います♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

プロフィールかてきょメニューかてきょセミナーメニューかてきょ「生徒」様の声しごとのお作法集セミナー・メディア掲載事例

かてきょの書籍
わくわくする、
「じぶんせんりゃく」を描こう。

無料で「出版」しました♪
iPad用(iBooks)とPDF版の二種類あります
下の表紙画像をクリックしてみて下さい♪

表紙