平沼赳夫元経済産業相、与謝野馨元財務相らは5日夕、8日の新党結成に向けた会合を都内で開き、党名や基本理念、政策などについての最終調整を行う。新党には共同代表となる平沼、与謝野両氏と、自民党の園田博之前幹事長代理、藤井孝男元運輸相が参加。また、鴻池祥肇(よしただ)元防災担当相(69)の参加も有力視されている。

 平沼氏は5日午前、都内で記者団に対し、鳩山邦夫元総務相の新党参加について「彼の考え方も聞いてみようと思う。今日は会わない。近いうちに会おうと思っている」とこたえた。一方の鳩山氏は都内で記者団に「与謝野さん、平沼さんには強い同志意識をもっている」と、新党参加への意欲を示した。

 与謝野氏は都内の青木幹雄・自民党前参院議員会長と中曽根康弘元首相の事務所を相次ぎ訪問し、両氏にそれぞれ、自民党離党届を出した経緯や、新党の活動方針について報告。園田氏は5日午後、谷垣禎一総裁に離党届を提出する。

【関連記事】
民主と自民 「中央突破」それぞれの結果
与謝野氏「自民党に明日はない」 新党旗揚げ、議員5人確保
「台風の目」になれるか 与謝野氏離党で新党結成の動き加速
与謝野氏が離党届提出 谷垣氏「残念だ」
新党を動かしたのは邦夫氏、そして石原知事 きっかけは…
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

失業率、横ばいの4.9%=求人倍率は2カ月連続改善-2月(時事通信)
<サル>ボスに君臨11年4カ月、「ゾロ」は温厚、仲間思い(毎日新聞)
<霧信号所>根室、小樽の霧笛消える(毎日新聞)
海砂採取業者を告発=1億円余脱税容疑-福岡国税局(時事通信)
ブリストル、英国1のミュージック・シティに
AD