社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相は7日の閣僚懇談会で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題をめぐり、「多くの沖縄県民が県内移設に反対している。県民の思いを切り捨てる政治はやってはならない」と発言した。政府が検討中の名護市辺野古の浅瀬への杭打ち方式による代替施設建設ではなく、県外・国外移設を目指すよう改めて求めたものだ。

 これに対し、平野博文官房長官は「5月末の決着に向けて今、最終調整をしているところだ。閣内が一致協力してこの問題に対応したい」と協力を要請した。

【関連記事】
首相沖縄訪問 もはや現行計画しかない
重い代償 遅きに失した「現実」直視 鳩山首相「普天間移転先は県内」
広がる不信、怒る沖縄 首相の訪問に「ヤマチラカチ、ヌースガ」の声
迷走招いた鳩山首相の「言葉の軽さ」…その8カ月間を追う
鳩山首相「おわび行脚」ひたすら低姿勢 言葉はまた“空回り”
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

ゴンドラ1時間半宙づり、女性1人が脱水症状(読売新聞)
格差是正へ雇用基本法=参院選公約に盛り込み検討-民主党(時事通信)
<鳥取連続不審死>捜査本部が解散 半年間にわたる捜査終結(毎日新聞)
B型肝炎訴訟で首相ら、和解協議入り確認(読売新聞)
代理ミュンヒハウゼン症候群、最長の裁判員裁判に(読売新聞)
AD