北朝鮮による拉致被害者の家族会と支援団体「救う会」は28日、東京都内で会議を開き、鳩山政権の北朝鮮政策について、現行の経済制裁に加え、送金と人の往来の全面停止を求めることなどを盛り込んだ活動方針を承認した。
 会議では、夏の参院選で拉致問題を主要争点の一つにするよう、与野党に働き掛けることも決定。家族会の飯塚繁雄代表(71)は「拉致をめぐる停滞した雰囲気を打開するため、東京などでデモ行進を行い、大きな力にしたい」と話した。
 また飯塚代表は、拉致被害者蓮池薫さん(52)の兄で元副代表の透さん(55)を退会させることも明らかにした。北朝鮮との対話の必要性を強調するなど、家族会と異なる方針を主張し続けたためという。27日の総会で決めた。 

<大雨災害>避難判断は「個人で」 検討会報告書案(毎日新聞)
110番、4時間で295回も…業務妨害容疑(読売新聞)
<男児餓死>保護責任者遺棄致死罪で両親起訴 奈良(毎日新聞)
小林議員陣営、北教組献金前に事務所費集め躍起(読売新聞)
カブト・クワガタ108匹盗む、容疑の男逮捕(読売新聞)
AD