7つの贈り物

テーマ:


7つの贈り物






監督:ガブリエレ・ムッチーノ

出演:ウィル・スミス、ロザリオ・ドーソン

2009年/米/123分


過去の事件により心に傷を負った謎の男ベン・トーマス(ウィル・スミス)はある計画を立てていた。親友のダン(バリー・ペッパー)にだけ打ち明けられた計画は、見知らぬ7人の他人に彼らの人生が変わるような贈り物をすることだった。そして計画実現のためには、その7人でなければならない特別な理由があった……。Yahoo!映画より


しょっぱなのシーンから展開が読めてしまったが、何故そうする事に至ったのかに興味が湧いたのでラストまでしっかり見ることができた。うーん、共感や感動はないけれど見ていて切なくなるというか。


↓以下ネタバレ含む


過去の事件で心に傷を負ったのは判ったが、贈り物をする相手が違うのではないか、と

ストーリー上触れられていないだけで、しっかり補償はしたのかもしれないが、ベンの不注意により命を失った人々の家族になによりも償いをすべきだと思う。

命を絶つうえで、「どうせだから誰かの役に・・・」的な風に感じられてしまったのがとても残念だな~。

(意図は違うところにあったのかもしれないけど、そういう風に感じてしまった部分がある、ということ)

難しい、デリケートな問題に触れるので深くは突っ込まないけれど、贈られた人はきっとそれで人生が変わるだろう。けれど、エミリーはどうか。やっと見つけた愛する人から心臓を贈られて、彼女は幸せになれるんだろうか。

親友もいい迷惑だ(涙)


多分、自己的な考えから始まった贈り物が、ひとを愛する気持ちで変わっていった・・・

っていうところが見所なんでしょう。

微妙だな~。ウィル・スミスの演技には息を飲まされるシーンがいくつもあったけど。


なんだかこの映画を見た後にハッピーな結末の映画が無性に見たくなりました・・・

AD

コメント(2)