ベンジャミン・バトン 数奇な人生

テーマ:
ベンジャミン・バトン 数奇な人生

監督:デビット・フィンチャー

出演:ブラッド・ピット,ケイト・ブランシェット,タラジ・P・ヘンソン

2008年/米/167分


1920年代にF・スコット・フィッツジェラルドが執筆した、80代で生まれ、そこから若返っていくひとりの男の姿を描いた短編の映画化作品。普通の人々と同じく彼にも時の流れを止めることはできない。ニューオーリンズを舞台に、1918年の第一次世界大戦から21世紀に至るまでの、ベンジャミンの誰とも違う人生の旅路を描く。goo映画より


やっと見れた~( ̄▽ ̄)=3

公開当時から気になっていて、ずっと見よう見ようと思っていたのに、けっこう時間が長いので先送りにしてしまってた作品。見てみたら、長さを感じさせず、あっというまの一生だったという・・・。


第一次世界大戦直後。多くの人々が命を失い、時が戻ればいいのに、、、と願う人々もいた。

そんな中で生まれた赤ん坊。その姿は老人のようで父親はその姿を正視できず、子供を捨ててしまう。

心優しい女性に拾われたものの長くは生きられないと思われた赤ん坊だったが、予想に反してみるみる元気になっていく。老人たちの暮らす施設で、外見はおなじような感じなのに心は子供のベンジャミン。

なんか切ない。


映画迷走記

↑ハイジとクララか!?

人生何がおこるかわからないもんです。ね!神父さん!


いい人に拾われてほんとによかった(涙)

だんだんと若返っていくベンジャミン。どんどん顔がブラピに・・・( ̄□ ̄;)どこからブラピ?


映画迷走記 ←ここは(ブラピに)間違いないよね。

淡々と進んでいくベンジャミンの人生。

デイジーとの人生が交差する最高のひととき。

ケイト・ブランシェット、ぜんぜんいけてますわよ!!!!


映画迷走記 ←beautiful!

大切な人と歳を重ねていけるということがどんなに幸せなことなのか。


ラスト、少し泣いてしまいました。少しね!

笑いと感動、少しの涙。飽きさせない長編作です。

AD

コメント(1)