レイヤーケーキ

テーマ:


レイヤー・ケーキ




監督:マシュー・ボーン


出演:ダニエル・クレイグ


2005年/英/105分





管理人的キーワード:出る杭は打たれる、思いがけない落とし穴、





不動産賃貸業という表の顔を持つ麻薬ディーラーの名も無き男、XXXX(ダニエル・クレイグ)。彼はこの世界から引退する決意をしていた。そんな彼の元にボスのジミー(ケネス・クラナム)から、その右腕のジーン(コルム・ミーニイ)を介して最後の仕事が舞い込む。その仕事とは、裏社会の大御所エディの麻薬中毒の娘を探し出す事と、信頼のおけない男デュークが手に入れた大量のエクスタシーを売りさばく事だった。簡単なはずのこの仕事がXXXXを次第に窮地に追い込んでいく。中々見つからないエディの娘。そしてエクスタシーは、指名手配中のセルビア人スラヴォからデュークが盗んだわけありのブツだったのだ。スラヴォが差し向けた殺し屋に追われるXXXX。クラブで知り合った女タミーとホテルで過ごしていたXXXXが何者かに襲われる。屋上に連れて行かれた彼の前に現れたのはエディだった。そしてエディの口から明かされる真実。全てはXXXXの財産を奪い取り、彼を刑務所に送り込むためにジミーが仕組んだ罠だったのだ。事の真相を悟ったXXXXはジミーを暗殺した後、事態の収拾を始める。果たしてXXXXは無事にこの世界から足を洗えるのか。goo映画より





何もかもが順調で、計算したとおりの人生を歩んでいたかのように見えた男に突然降りかかったトラブル。


何層にも入り組んだ思惑と大きな闇の力に翻弄される男。


大きな盛り上がりはないが、銃や暴力を好まず、自然体な主人公に親近感を覚える。反面、麻薬ビジネスがもたらす多大な富と、それを食い物にしている人々への不快感も。作中にもありましたが麻薬は既に遠い世界の話ではなくいまや身近にもありうる犯罪ですからね。物語上では麻薬ビジネスに重点が置かれていたので麻薬の恐ろしさは少ししか描かれていなかったけれど。いけませんね~。


不法ではあるけれど、「地道に仕事をこなしていけば客がつく」と着々と仕事してたのにオイオイこんなんありかよ~。複雑ながらも飽きさせることなく魅せてくれます。


あ、gooで解説ひっぱりながら気づいたけど、主人公の名前が出ない!それもスゴイ


で。ラストであらら~。そう来たか~。人生とはわからないものです。。。











AD