七夜待

テーマ:
七夜待
監督:河瀬直美
出演:長谷川京子
制作:2008/日/89分


人生のリセットを求めてタイに着いた日本人女性・彩子が、タクシーに連れて行かれたのはホテルではなく森の中。その川のほとりでフランス人青年グレッグに出 会った彩子は、彼が同居するタイ人母子の住む高床式の家に連れて行かれる。言葉も通ぜず、ここがどこかもわからない彩子だが、不安と苛立ちの中でそこで受 けた古式マッサージで心の安らぎを得ていく。少しずつ周囲と調和していく彩子は、そこで七つの夜を過ごす。goo映画より

うがぁ!
まず、なぜこの映画を見ようと思ったのか。
1)七夜侍と勘違いした(ちょっと時代モノかと・・・)
2)あ、タイが舞台なんだ・・・(気になる~)
3)30代女性の自分探しの旅!?これは見なきゃ!

結論から言うと、美しい風景以外に得たモノはなにもない。
残念ながら何を言わんとしてるのか、まーーーーったくわからなかった・・・
異国の地に乗り込んでおきながら、意思の疎通が図れないことにキレ気味な主人公には共感なんてできないし、タイの文化をよく知らない私がどうこう言うことではないけど、幼い子供を出家させたい母親の勝手な言い分にもイライラし・・・。そう、イライラしちゃうんです。

美しい映像も多いけど、日常っていうかさりげないシーンも多く。その繋ぎ方がまったくわからず。感性の問題かもしれませんけど。うーん、残念。最後の大どんでん返しを期待してラストまで粘ったのですが・・・がくり。
長谷川京子さんは美しいです。うん。
わたくし的には音声を消して、映像だけを楽しむならアリなのかな・・・という感じです。




AD