路上のソリスト

テーマ:
路上のソリスト
監督:ジョー・ライト
原作:スティーヴ・ロペス
出演:ジェイミー・フォックス、ロバート・ダウニー・jr
制作:2009年/米/117分

ロペスはある日、べートーヴェンの銅像のある公園で2本しか弦のないヴァイオリンを弾くホームレス、ナサニエル・エアーズに出会う。彼の演奏する音楽の美 しい響きにひかれコラムのネタに取材をはじめる。まもなく彼は、ナサニエルが将来を嘱望されたチェロ奏者で、ジュリアード音楽院の学生だった事を知る。な ぜ才能ある音楽家が、LAの路上生活者になったのか?そして、家も家族もない彼が、なぜ音楽だけは捨てずに生きてきたのか? やがて、ロペスはナサニエル の感動の物語を発見するのだった。(goo作品紹介頁より)

LAタイムズのコラムニスト、スティーヴ・ロペスの原作を元にした作品。
美しい演奏に惹かれたのは事実だけれど、コラムの種にナサニエルを支援したきらいのあるロペスが、ナサニエルの音楽・心に触れ、心からの友人として接していくようになるおはなし。
ロペスの言いたいこと、やりたいことがわかるだけに、それをナサニエルが受け入れられないのがもどかしく、辛かったです。受け入れられないのは心の問題があるのですが。。。
仕事の合間をぬって、ナサニエルに会いにいくロペス。
突拍子もない格好をしていたり、奇行にでたりするナサニエル。
笑うべきではないけれどそんな二人のかけ合いが思わず笑いを誘います。

映画迷走記
ナサニエルに荷物を置いていきたくないとダダをこねられ、生活道具一式を猛スピードで運ぶ二人。

路上生活者のあふれかえる街。決して日本も他人事ではありません。
行政による支援が、本当に彼らの望んでいることなのかどうか。考えさせられるシーンもしばしば。
ロペスが危険な街から友人を抜け出させたい、よりよい環境で音楽を奏でて欲しいと願う気持ち。
うまくいかない・伝わらない、歯がゆさ・悲しみから抜け出した瞬間。
とても温かい気持ちになりました。

AD

コメント(2)