感染列島

テーマ:
感染列島
監督:瀬々敬久
出演:妻夫木聡, 檀れい, 国仲涼子, 田中裕二, 池脇千鶴
制作:2009年/日本/138分

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

新型ウィルスがもたらす脅威を描いたパニックヒューマンドラマ。正月明けの市立病院。救命救急医・松岡の下にひとりの患者が運び込まれる。新型インフルエンザと思われたその患者は、治療法が見付からず死亡。やがて院内感染が発生し…。

新型インフルエンザが猛威を奮った今冬、シーズン前にとってもためになる映画だったのでは。
インフルエンザに限らず、イロイロなウイルス感染症の対策として
・手指の消毒 ・目・鼻・口などをマスクやゴーグルで覆う ・外出を控える
っていうのが映画の中で観客に分かりやすく伝わるようになっていた気がします。
そういえば公開当時、マスクしたりいろんなキャンペーンもやってましたね。

映画迷走記

未知のウイルス(?)が日本を襲った場合・・・を想定した映画。
リアリティがあって、怖かった~
そして、治療にあたる医師や看護師の現場での戦い。
助けたい、という思いで頑張っているのに患者にはなかなか伝わらなかったり。
命の選択というつらいシーンもありましたが、自分が感染するリスクが高いのに治療を続ける姿に感動。
実際わけもわからない病気で次々に倒れていく現象なんて絶対パニックになると思う・・・

映画迷走記

最初の診察で見落としたのではないか、と苦悩する医師。
真摯な姿勢で患者と向き合う。

映画迷走記
映画迷走記
感染拡大を防ぐため、ほぼ病院内からでずに治療にあたるスタッフ。
その帰りを待つ家族。大切な人を守りたいのは患者だけじゃない。涙ちょちょぎれ。

例えばエイリアンの襲来よりも有り得るリアリティを持っているから。
もしこんなことが起こったら、こうしたらいけないんだ、こうしよう、などなど考えさせられた作品でした。

AD

コメント(2)