アバター 3D

テーマ:
周囲のおすすめも多々ありましたが、最終的に有閑マダム の記事を読んで決心がつきました♪

映画迷走記 Avatar

監督・脚本:ジェームズ・キャメロン
出演:サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、シガニー・ウィーバー
製作:2009年/米/162分

あなたが見えるー

任務により両足の自由を失ったジェイクは、不慮の死を遂げた双子の兄が携わっていたアバタープロジェクトをひきつぐことになってしまった。地球から遠く離れた衛星パンドラで、先住民族ナヴィと人間のDNAを掛け合わせてつくられたアバター(分身)を操り、の交流をもとうというものだ。がそれは一部の人々が望んでいる表向きのことで、パンドラのもつ莫大な資源を手に入れようとする作戦の一端を担うものでもあった。
始めは任務によりナヴィの一族へ潜入するジェイクだが、次第に彼らの信頼を得て、そこにあるものを感じ取るようになっていく。人類と先住民の共存は果たして・・・


映画迷走記


迫力の3D。ピントが合うまで見づらかったけど、まるで自分がその場にいるかのように感じたり、画面から飛び出してくるかのような勢いが楽しかった♪
緑に包まれた魅惑の星パンドラ。その美しさや危険な迫力も余すところなく鑑賞できたと思う。
ジェイクがナヴィの文化から、命や自然へ感謝することを思い出し、一族として鍛えられていく過程では、その身体能力をフルに活かす能力を身につけ、彼の活躍に心温まったりわくわくしたり、バランスがすごくよかった。160分という長さ飽きさせない作品でした。人間が身勝手なのには悲しくなりましたが・・・。

素晴らしい世界感にしばらくは浸れそうです♪♪♪観にいってよかった♪

※まだ未見のかたは次の5行、読みとばしてね
で、そんな大満足のアバターですが。気になって仕方がない!書いちゃえ!
●エイワの森で木々の触手(?)が体に触れているシーン
 →風の谷のナウシカ(@宮崎駿)で王蟲の手が傷ついたナウシカに触れるシーン
●・・・浮いてる岩
 →天空の城ラピュタ(@宮崎駿)のラピュタ

映画迷走記
に見えちゃったのは私だけでしょうか!!!???

最後に。サブキャラながらもかっこよかったのは。
映画迷走記
トゥルーディー/ミシェル・ロドリゲス

ヘリのパイロット。「やめた」って言った瞬間、思わずガッツポーズでました(笑)渋い。
ブルークラッシュ、S.W.A.T出てたのか・・・(汗)他の出演作も気になります。
AD

コメント(4)