ブラインドネス

テーマ:
ブラインドネス スペシャル・エディション(初回限定生産2枚組) [DVD]/
¥4,179
Amazon.co.jp
監督 : フェルナンド・メイレレス
原作 : ジョゼ・サラマーゴ
出演 : ジュリアン・ムーア 、 マーク・ラファロ 、 伊勢谷友介 、 木村佳乃 、 ダニー・グローヴァー 、 ガエル・ガルシア・ベルナル

制作:2008年 カナダ・ブラジル・日/121分
P-G12

全世界、失明。

街のど真ん中で突然立ち往生する車。。「誰か・・・見えないんだ」
ひとりの日本人青年から発症した白い闇は街の人々をひとり、またひとりと巻き込んでゆく。
そんな中、失明した眼科医に付き添って収容施設に入り込んだ妻には送り込まれる人々が増加する中、いつまでも白い闇がやってこないのだった。
周囲には見えていることを隠し、リーダー的存在である夫や同室の皆を助ける彼女はいつしか、皆の心のよりどころとなっていく。
白い闇が引き起こす、恐怖・暴力の中で第1病室の人々は絆を深めていく。


ショックなコトがひとつ。
ガエルファンと謳っていながら、キャスト一覧みるまで、第三病室の王(結構サイテー)がガエルくんだと気づかなかった・・・。わお。

突然、今見えている世界が真っ白になってしまったらどうしよう。
周りの人に助けてもらえるならまだしも、全員が同様に見えない環境。考えるだに恐ろしいことです。
気丈に立ち振る舞う医者の妻(ジュリアン・ムーア)が素敵でした。強い。
痛々しいシーンもあり、かなり「今だ!殺!」と拳を握ったけれど、その辺はストーリー上?タイミング的に?
女性だけが痛い目をみるなんて納得できないけどな。

で。最後まで登場人物の名が出てこないですね~。それも今気づいたけど。
名前を必要としないくらい、登場人物達の一挙手一投足に釘付けでした。
結局原因とか・・・むにゃむにゃ。サバイバル・パニック・サスペンスという分類より人々の絆のほうが印象的かな。



AD

コメント(4)