初恋

テーマ:
ハピネット・ピクチャーズ
初恋

レントラックジャパン
三億円事件の犯人は女子高生だった

監督:塙幸成
出演:宮崎あおい、小出恵介
2006年/日本/
見に行こうと思ってたんです。「いつまでかな~」なんてのんきに調べていたらなんともうDVDが出ていた!
世の中の流れについていけていません、管理人です。


実行の日。バイクのカバーをはずせないまま車を追う。



さて昭和43年に起きた「三億円事件」をテーマにしたこの作品。原作の「中原みすず」と同姓同名のヒロインが出ることから、実行犯の手記を思わせる内容です。あおいちゃんは「犯人は彼女だったと思って作品に臨んだ」とインタビューで答えていました。ふーむ。確かに多く扱われる「三億円事件」の中で、あおいちゃん&小出恵介という事を除いても気になってしまう。犯人は女子高生だった、という触れ込みから一気に引き込まれてしまいます。孤独に耐え、やっと出会えた人。その人に頼まれればどんなに危険が伴うことでもかまわない。もう一人になるのは嫌だ!とても切ないです。


「大人になんかなりたくない!」「合格だ」
いつの間にか岸のことばかり見ている。
みすずは幼い頃に父を亡くした。母は兄を連れて出て行き、親戚の家で世話になっている。
友達もいない。自分の居場所がどこにもない。孤独で何にも興味をもてない。
「B」という喫茶店でたむろする若者達。実はそのリーダーは幼い頃に分かれた兄のリョウだ。
「どうしようもなくなったら来い」と店を教えられていたのだ。店の前に立ちすくむみすずは「B」の仲間に招き入れられる。
『大人になんかなりたくない!』ときっぱり言い切ったみすずに『合格だ』と手を差し伸べる男。
それがリョウの親友ありで東大生の岸だった。

と二人の出会いから、当時の学生闘争、時代の空気を感じます。ファッションも60年代風。
決して派手ではないけれど、静かに惹かれあっていく二人。そして二人に実行を決意させる時代背景。
犯人はお金が目的ではなかった。。。のかもしれないですね。
あおいちゃん、可愛いなぁ。結構暗い役どころなのですが、ひたむきな感じとか強がっているところとか雰囲気伝わります。ラストあたりの気力をなくしている演技では、本当にこっちがハラハラさせられました。


岸が帰ってこない

小出恵介氏は・・・目で演技しますねぇ。立ち姿とかスラーっとしてるしなんとなく気品が・・・?でも横ワケ似合わないと思うんです。。。「のだめ」の真澄ちゃんとは180度違う!でもこっちの役っぽいのが多いのかな~?このほかの作品も見てみたい!と思わせられましたよ~。

ラストシーンでは思わずほろり。あおいちゃんファンは必見。
AD