運命を分けたザイル

テーマ:
運命を分けたザイル
監督:ケビン・マクドナルド
出演: ジョー・シンプソン / サイモン・イェーツ
(2003年/英/107分)

久しぶりの更新(現在06/09/20)でございます・・・。ちと放置しすぎましたw

だって、この記事書いてるときアメブロさん調子悪くて2回くらい消えちゃったんですよ!(辛っ)

んでちょっと感想薄れてしまったかもしれないのですが、暗号と化しているメモを頼りに感想残しておきます。


-生きて帰るにはこれしかない-


アンデスの雪山で起こった遭難事故。実話を元に忠実に再現された奇跡の生還。

極限状態に追い込まれた人間の行動が、実在する本人たちのコメントを交えて展開されます。

(本人たちは今なお山に登り続けてるらしい・・・)

『これほどの悲惨な体験をしながらも、なお山に執りつかれている、山の魅力ってどんなんだろう』という純粋な好奇心と『絶対雪山にだけは登るまい・・・』という決意を抱かせた(笑)1本でした。

見ているこっちが凍えそうな厳しい自然の姿。迫力満点の登山光景&遭難シーン。。。((゚m゚;)

山を登る上でのパートナーとは心からの信頼がなければ無理みたい。

それほど信頼している相手なのに、、、

でもだからこそ生きるための選択ができたのか。


『もうダメか、どうするんだ~!』とドキドキしっ放しでしたがラスト辺りの追い詰められた精神状態には、更に心臓をぎゅぅっとつかまれたかのようにハラハラさせられました。

そして自分だったらどういった行動を取れるだろうか・・・とかいろいろ想像してしまった。

根性ないので、野垂れ死に確実。逆にザイルを切る選択をしたとしても追い詰められそう・・・。

かなり厳しい1本でしたo(;△;)o

AD

コメント(3)