恋愛小説家

テーマ:
恋愛小説家
監督:ジェームズ・L・ブルックス
出演:ジャック・ニコルソン、ヘレン・ハント、
    グレッグ・キニア
(1997年/米/138分)

人気恋愛小説家のメルヴィン。だが、その実態は中年を過ぎて独身、潔癖症で毒舌の嫌われ者。

同じアパートメントに住むゲイの画家サイモンとも諍いの絶えない日々を送っている。

そんなメルヴィンの楽しみはレストランに行き、お気に入りのウェイトレス、キャロルに給仕してもらう事。

だがキャロルには病弱な息子が。息子の為に勤め先を変えるかもしれないと聞いたメルヴィンは

コネを使い、自腹を切って名医を派遣する。

突然の親切に戸惑うキャロル。当然下心があるものと警戒心を見せる。

だがメルヴィンの変わらぬ毒舌ぶり・変人ぶりを目の当たりにし、息子が次第に元気になっていく様を見て彼に感謝するように。

ある日、サイモンが強盗に襲われー。


マンハッタンを舞台に不器用にはぐくまれるラブストーリー。


ジャック・ニコルソンファンの皆様ごめんなさい。

私、どうしても彼の微笑みが邪悪に見えて・・・・・°・(ノД`)・°・

ニコリ じゃなくて ニヤリとしか・・・(笑)

そういうキャラだから?カッコーの余波?

恋愛モノは苦手ですが、ジャック・ニコルソンがいー感じの味付け(笑)をしていたので楽しめました。

な~んでそこまで一言多いかな!?ってくらい余計なことを言っちゃうし、素直じゃないし・・・。

ナイーブな隣人サイモンとの組み合わせで相乗効果が。

サイモンの愛犬、ヴァーデルとメルヴィンの距離が縮まっていく様子は微笑ましかったです。

メルヴィンに懐いてしまったため、落ち込むサイモンを元気付けようとして失敗するシーンは思わず噴きだしてしまいました。


キャロルと食事に出かけ、彼女の機嫌を損ねてしまったメルヴィンが「褒め言葉」を求められて発した台詞。容姿とか、スピリチュアルな褒め言葉が出るかと思いきや、予想外の台詞。きっとああいわれてうれしくない人はいないでしょう!キャロルもまんざらではなかったのに、やっぱり余計な一言で地雷を踏み抜いちゃったんですけど(笑)


子供みたいなメルヴィン。キャロルの為に変わろうとするのが垣間見えて温かい気持ちになりました。恋愛モノがちょっと苦手な方にもオススメな一本。

AD

コメント(2)