真夜中の弥次さん喜多さん

テーマ:


角川エンタテインメント
真夜中の弥次さん喜多さん
監督:宮藤官九郎
原作:しりあがり寿
出演:長瀬智也、中村七之助
<<江戸>>小池栄子、阿部サダヲ、
<<笑の宿>>竹内力、森下愛子、
<<喜びの宿>>古田新太
<<歌の宿>>山口智充、松尾スズキ、
<<王の宿>>中村勘九郎
<<魂の宿>>研ナオコ、ARATA、麻生久美子、妻夫木聡、荒川良々
(2005年/日/124分)

結論から言うと、映画として見ない方がいいかも?

公開当時、とても見に行きたかったのですが行けませんでした。でもこれはDVDで楽しんで正解。

クドカンのドラマって「落としどころ」があると思うのですが、最終話・魂の宿でちょっとキたけどあとはそうでもなかったかな。。。とにかく豪華キャストです。面白いのは面白いんですよ!ところどころ爆笑。

若干ミュージカル調だったのと、映画と現実が入り交じってる設定(ちょこっとだけど)が入り込めなかった原因かな~。お伊勢参りにバイクで江戸を飛び出す・・・、ってどんな時代ですか~!


あんまり出てこないのですが初めて小池栄子を可愛いと思ったとです。

三途の川、源流の秘密には引きましたが・・・。

江戸を出発した話から、あまり脈絡なくそれぞれ宿の話があるので、続けて見なくてもちょこっとずつドラマのように楽しむのもいいかもしれません。私は<魂の宿>が一番気に入りました。

原作を知っていたらまた違った楽しみ方ができたかもしれませんが。。。

AD

コメント(2)