THE 有頂天ホテル

テーマ:
utyouten
監督:三谷幸喜
出演:役所広司、松たか子、
   佐藤浩市、香取慎吾、
   篠原涼子、オダギリ ジョー
   生瀬勝久、西田敏行
  (2005年/日本/136分)

お帰りなさいませ。私どもはお客様の家族です。


役所広司づいてます。豪華キャストにも惹かれましたが、三谷監督の『(豪華キャストが実現したのは)私の人徳です!』という強気発言も気になって観にいきました。久々に館内が笑いに包まれるという体験をし、私も周りを気にすることなく吹き出したり、肩を震わせたり(笑)とても楽しめました。


大晦日を迎えたホテル「アバンティ」。

汚職した政治家や、演歌の大スター、高級コールガール、そしてこのホテルでカウントダウンを迎えようという客たちでごった返す。

従業員のみならず、客や業者の信頼も厚い副支配人(兼宿泊部長)の新堂(役所)。彼を中心としてこのホテルに集まった一癖ある従業員や訳ありの客たち、それぞれの物語が進んでいく。

カウントダウンパーティーまであと2時間。

果たして無事新年を迎えることができるのだろうかー。


キーは新堂さん。ほんっとうに役所広司うまいなぁ!

すまーした顔と必死な顔のギャップが素晴らしい(笑)。ちょっとした見栄をはってしまい、ピンチにおいこまれますがそんな様子さえも好感がもてます。こんなホテルマンに接客してもらいたい!と思わせる副支配人ぶりでした。対照的だったのはもうひとりの副支配人(料飲部長)の瀬尾(生瀬)。彼のコミカルな動きは絶妙!ちょっと「ごくせん」の時の教頭役を髣髴とさせる動きをハナ(松)がしていたのが気になりましたが。(笑いましたけどね!)

utyouten2   有頂天

アヒル嫌いなのにダフダフを追いかける。     Man of the Year受賞式。その賞の実態は!?


佐藤浩一のスカしぶりも見事でしたし(ポスターのうそ臭い爽やかさに思わず笑っちゃった)、篠原涼子の「くねくねダンス」の件もかなりツボ。唐沢敏明の1:9分けの髪型にも爆笑・・・。

笑ったシーンが多すぎて、とにかく「見て」「楽しんで」もらいたい作品だと思いました。


utyouten3   utyouten4
「一番の悪いことは政治家になったことだ」    ありえない、オダギリジョーの額。地味にツボ!


なんでこんなに面白いことを考え付くんだろう・・・・すっかりワールドにはまってしまいました。

そして、実力ある俳優・女優によって作りこまれ、笑いなくしてはみられない1本となっています。

実は「みんなの家」も「ラジオの時間」も未見なのですが、是非見てみたくなりました♪



AD

コメント(8)