ミスティック・リバー

テーマ:
 ミスティック・リバー
監督:クリント・イーストウッド
出演:ショーン・ペン、ティム・ロビンス、
   ケビン・ベーコン
(2003年/米/138分)

ボストンのとある街角。ボール遊びをして遊ぶ子供たち。ジミー、ショーン、デイブ。下水にボールを落とした子供たちはちょっとしたいたずらを思いつく。たわいのないいたずらだ。偶然その場を目撃した大人に叱られ、親に話をしにいくからとデイブだけ車に乗せられ連れ去られてしまう。

25年後-。それぞれの人生を歩んでいる3人。街で発生した殺人事件の被害者は、ジミーの愛娘だった・・・。25年前の事件から伸びた黒い記憶の蔓が、3人の間を交錯し真相解明に影をさす-。


娘を思う父親をショーン・ペンが熱演。涙が止まりませんでした。娘の為に裏社会から足を洗い、大切に育ててきた娘。事件の発生とともに顕になる娘の反抗(?)の兆し。つ、辛すぎるよ~。落ち着いてしっかりしているように見えるのですが、娘を失った悲しみ・絶望・犯人に対する怒りがすごく感じ取れました。

miss  警官の制止を振り切り娘の遺体に駆け寄るジミー。


ジミーやショーンは折に触れて「あのとき車に乗っていたのが自分だったら」といいますが、実際に連れ去られたのはデイブ。彼の人生はそこから大きく変わってしまいました。心に大きな傷を負ったデイブ。

彼が森を逃げるシーンが何度も使われますが、「誰も助けに来なかった」。涙が滲みます。

ラストはなんとも納得いかないんですが(怒)サスペンスとして良かったと思います。


「ん?なんだか見たことあるような気がする?」と思ったんですが、どう考えても未見。

ケビン・ベーコンが出てた「スリーパーズ」に似ている?と思ったのですが、そうでもないし・・・。

そうそう、この映画ケビン殿がまともな役(笑)州警の刑事ですよ!最近見た中では怪しい役が続いてたので新鮮!ティム・ロビンスは挙動不審さで光ってました(笑


ちょっと泣けるサスペンス。

AD

コメント(4)