ハリー・ポッターと炎のゴブレット

テーマ:

はりぽた


 ハリー・ポッターと炎のゴブレット
監督:マイク・ニューウェル
出演:ダニエル・ラドクリフ
    エマ・ワトソン
    ルパート・グリント
    (2005年/米/)

なんとまぁ、1作目から比べると大きくなってしまいましたね~。

ダニエル・ラドクリフの顎が割れる日も近い・・・。(可愛いけど)


今回はハリーの恋話もある、と聞いていったのですが全っ然(笑)

ちょっとときめいているくらいかな?

気になるといえば、ロンとハーマイオニーの方が気になるんですがぁ~!

今回も思いもつかないような不思議な世界が開かれていました。

ホグワーツ以外の魔法学校があってびっくり!ますます深い、ハリポタ・・・・。

ハリーはいつも苦境におかれますね。逆境をくぐり抜けて成長する過程がこの映画の醍醐味とはいえ、もっとハリーに優しくしてあげて欲しい(笑

夢のような魔法の世界から、友とのすれ違い、嫉妬、恋愛、出演者同様物語も成長してきています。

(展開が遅いんですけどね)

次回作も見に行くことでしょう。



自分が魔法使いになれるとしたら-。

とりあえず、車の窓からタバコのポイ捨てした人のバックシートに、その投げ捨てられたタバコをポイッと戻したいです。ということを考え付いたのが第1作目をみた直後。なんてへなちょこな魔法使い!

あとほうきに乗って飛ぶのも「魔女宅」以来の夢(笑)ハリポタの世界はハードすぎるからそこはジブリで!

ああ、また空想界へ飛んでいってました。


原作、1巻しか読んだことないのですが聞くところによると炎のゴブレットも大分原作とかけ離れているようですね?読んでみたくなりました。

久々のファンタジーで心洗われ・・・るとまではいきませんがうきたつような気持ちになれたのは確かです。

そろそろ1作目から通しで見てみようかなぁ?(全部揃ってからの方がいいか・・・)

AD

コメント(4)