ドラキュリア

テーマ:
  ドラキュリア
監督:パトリック・ルシエ
出演:クリストファー・プラマー、ジョニー・リー・ミラー、
    ジャスティン・ワデル、ジェラード・バトラー
(2000年/米/99分)

なぜって・・・?聞かないでください(笑)何故見たのか皆目見当がつきません(笑)

大体ホラーは苦手な方でして。。。あまり一人では見ることができません。

なのに、ドラキュリア(笑)。自然に借りてきていましたw( ̄▽ ̄;)w多分心の中で引っかかってたのでしょう。

何かが!その何かが思い出せない~(笑)


ストーリーはヴァンパイヤ系のおきまりパターンから。

滅ぼすことのできなかったドラキュラを封印し、見張っているじーさん・ヴァン・ヘルシング。

実は彼には秘密があり、その秘密によって娘がドラキュラに狙われてしまう。。。

じーさんを恩人として敬う若者が、じーさんの意志を継いで娘を守る・・・


面白いと思ったのは、ドラキュリアの正体!

何故聖なるものが苦手なのか、転がるコインをみて動揺するのか-。

赦しを請うても赦されないものの気持ちが分かるか?

設定としては面白いと思いました。さーて、ドラキュリアの正体は何だったのでしょうU ̄ー ̄U ニヤリ


男前なドラキュリアをオペラ座の怪人役・ジェラード・バトラーが演じています。

見つめられるだけで女性は、彼の元へフラフラと歩み寄ってしまいます。

現代に蘇り、堕落した人類を見つめ(いや、主に女性の裸体を見てニヤニヤしてるのかと思ったんだけど)

歓喜し、自分の王国を作ろうとするドラキュリア。

ラストがちょっと切なかった。。。これ、ホラーに分類されるのでしょうか?


回想(?)シーンや、ドラキュラの視点(非現実世界)の影像は美しかったです。

スピード感があり、心臓が飛び出るような怖さはあまりなく、小さくツッコミを入れながら飽きずに見終えました。Ⅱがあるみたいだけど、どうしよっかな~(笑)

AD