ジョゼと虎と魚たち

テーマ:
ジョゼと虎と魚たち
監督:犬童一心
原作:田辺聖子
出演:妻夫木聡、池脇千鶴
(2003年/日/116分)

夜が明けて間もない時間にボロボロの乳母車を押して歩く、妙なばあさんがいる-。

そんな噂を聞いた直後に、恒夫(妻夫木)は坂道から転がり落ちてくる乳母車に遭遇する。

乗っていたのは、包丁を握りしめた女の子だった。。。


足の不自由な女の子・ジョゼと何の変哲もない大学生・恒夫の恋愛物語。

珍しく恋愛もの?ハイ、妻夫木くんに惹かれました(笑)

知人が「妻夫木は何かエロい!」と言っていたようなのですが、原因はこの映画かな!?

春の雪の番宣でも竹内結子さんとのラブシーンがありましたね。

エロティ・ブッキーの称号を捧げよう(笑)かわいいから何でもアリなんですが(キッパリ)


恋愛物語とは言っても内容は結構シビア。

障害を持つジョゼとの交際に苦悩する恒夫。いや、彼の葛藤は障害そのものではなく浮き世離れした

ジョゼとの距離をはかりかねたから?ではないかと。

そもそも軟派な恒夫がジョゼに対して持った愛はどういった種類だったんだろう?というのがわかりづらく

見終わった今も大変気になっています。ちょっとサイテー?でも現実的には。。。

なんとなーく後味悪し。。。


スウィングガールズでは純朴な女子高生を演じた上野樹里が、見事嫌な女子大生を演じています。

あまりお友達にはなりたくないタイプ。上野樹里は結構好きですよ!

「恋人をとられた!何であんたなんかにー」というのがうまく伝わってムカツキました(笑)

こっそり、本屋の店員が荒川良々だったり、息子(?)役が「青い春」で炸裂してた新井浩文だったり。

くるりの音楽もマッチしてたと思います。

ほのぼの系と思って見たら、ぐっさり来ます。ご注意を!


とりあえず、ジョゼを見習って料理の腕だけは磨いとこうかな(笑)

AD

コメント(9)