東京原発

テーマ:


監督:山川 元
出演:役所広司、段田安則、岸辺一徳
(2004年/日)
東京に原子力発電所を誘致する!

都知事暴走!?役所広司演じる天馬都知事がトンデモナイ事を言い出した。

電力をもっとも消費する都心が、原子力発電のリスク・自然破壊を地方に押しつけていいのか!?

都会にこそ原発が似合う。。。( ̄□ ̄;)!!都庁の会議室で繰り広げられる原発の安全、エネルギー対策に

ついての論争がメイン。欧米から持ち込まれたプルトニウムが運送中に事件に巻き込まれ…?


最初は、考えの甘い独裁タイプかと思ったんですよ!

原発による経済効果だけを狙っているのかと。

いえいえ。。。

面白い!役所広司がいいかげんなようでいて東京を愛す

都知事を熱演しています。

キレ者副知事を段田安則、メモ&スクラップ魔の産業労働局長を平田満、環境局長を吉田日出子。

東京原発 東京原発2 東京原発3

東京原発4東京原発5東京原発6official

そのほかの出演陣もひとくせあって、会議の間もおかしいです。(会議内容はシリアスなハズ。。。)

狭い会議室内でのやりとりで大半のストーリーが展開されます。

電話で会議に「原子力の安全について」説明参加する原子力安全委員。いーかげんさと、「内緒ですけど」

の口の軽さに笑いがでました。


原子力って本当に安全なの?これからのエネルギー供与は??というテーマがわかりやすく伝わります。

かつ、日本という国の原子力対策についても垣間見えます。わかりやすい用語解説コチラ

最初は説明が多すぎるのでちょっと?と思っていたけど出演者の力量か、いつの間にかのめり込んでいて私も一緒に会議室で考えたり感心したりしている気になりました(笑)

一番笑った(?)シーンは、極秘事項をなぜか米軍が知っていて協力を申し出た連絡を得、全員が

『何で知ってんだよっっ!』って振り向くところ。ホントにね(笑)

結構原子力発電や国の政策、人々の無関心に対して毒を吐いてる映画ですね。

ラストもダーク(笑)一見の価値ありです。そしてとても勉強になりました。

昔、原子力発電所を見学したことがありますが、現場では安全な面を推してますもんね。

この機会に色々と調べてみようかという気になりました。


人生に「絶対」なんて事、あってたまるか!

AD

コメント(10)