ネバーランド

テーマ:

ネバーランド
監督:マーク・フォースター
出演:ジョニー・デップ、ケイト・ウィンスレット
ダスティン・ホフマン、 ラダ・ミッチェル   
(2004年/英・米)
ピーター、そこは夢がかなう場所なんだ。
 信じれば、必ず行ける。

ジョニー・デップ、美…(@◇@;) !!!


20世紀初頭、ロンドン。

人気劇作家 ジェームズ・バリ(ジョニー)は自分の作品に魅力を感じられずにいた。

そんな折、公園でシルヴィア(ケイト)と4人の息子達と知り合う。子供達の豊かな想像力に刺激され

子供の頃に描いた「ネバーランド」を新しい作品として書き始める。

 

                 ネバーランド  
                 バリ家の山荘へ。ますますあらぬ噂が立ち、

                 ジェームズ夫妻の仲も…!?


想像力豊かな可愛い子供たち。でも三男のピーターだけは、現実を見て早く大人になろうとしている。

大人になれば傷つかないと思っているから-。何とか子供らしさを取り戻させようとするジェームズ。

果たしてジェームズのネバーランドは伝わるのだろうか-。


ほのぼのとさせられました。ちょっとすさんだ気持ちだったので心が洗われるような(笑)

私の心のネバーランド、どこへ行っちゃったんでしょう。。。


ピーター役のフレディ・ハイモア、トゥーブラザーズのコですね。パッと見生意気な子供だけど兄弟の中

一番繊細なピーターをうまく演じてます。瞳が印象的。

ケイト・ウィンスレットは若き未亡人(しかも美…)。子供達に力一杯愛情を注ぐ姿、生き抜こうとする姿に

惹かれました。寝間着姿、めっちゃセクシー(笑)というか美しい。。。

ジョニー・デップは美しいんだけど、結構コミカルな動きが多く目の表情にワクワクさせられました。


音楽も優しくて、キラキラしてます。ファッションも古き良き英国スタイル(?)という感じで、ジェームズの

ステッキや、皮の手袋、帽子、素敵です。ディビット家と山荘に出かけるときの車も時代を感じさせられます。かわいい。

何気なくお茶するシーンもいいですね。

落ち着いて、もう一度見ようと思います♪

ネバーランド2 「ピーターパン」の物語は悲しみを乗り越える為にうまれた-

AD

コメント(17)