フォーガットン

テーマ:
フォーガットン

監督:ジョセフ・ルーペン

出演:ジュリアン・ムーア、ドミニク・ウェスト

(2005年/英)オフィシャルサイト



最愛の息子を飛行機事故で亡くしてから14ヶ月。

テリー(ジュリアン・ムーア)は立ち直れず、息子の事を思い返し涙の日々を送っていた。

ある日、家族で映ったハズの写真から息子だけが消えている事に気づく。息子の成長記録のビデオテープも消えて砂嵐に。のみならず周囲の誰もが『息子は存在しなかった』と。。。


どこをつまんでもネタバレになりそうな気が(笑)

でも一つだけ言えるのは、映画館で見て良かった~!って事です。テレビの画面では面白さ減ります。

設定として、好き嫌いが分かれる映画だと思いました。でも退屈はしない!びっくりポイント山盛りです。

驚いてちょっとポップコーンとばしたくらい(笑)登場人物、走りまくり。

途中何度も期待を裏切られ、『ええっ?そーいう展開?』とドキドキしましたがラストはキレイにまとまってる。

もう、ジュリアン・ムーアの熱演に涙・涙でした。

自分に子供はいないけど、一緒に見に行ったのが1歳の子供を持つ友人。かなりシンクロしてしまって。。。

息子のサム役がめちゃめちゃカワイイ。


笑えるトコも沢山ありました。

ズバッ!ってね(笑)なんだよ、それは!無理のある設定も、ジュリアンの熱演と散りばめられた笑いポイントで帳消し(笑)迷っている方は是非映画館で見ることをおすすめします。

AD

コメント(3)