レディ・ジョーカー

テーマ:
タイトル: レディ・ジョーカー

監督:平山秀幸

原作:高村薫

出演:渡哲也、徳重聡、長塚京三、吉川晃司

(2004年/日)

公式


“人質は350万リットルのビール"


大企業を震わす社長誘拐・身代金要求-。犯人の真の狙いは社長の身代金5億円ではなく、商品を標的とした20億円だった!


私にしては珍しく、長い感想をつらつらと書いていたのですが、間違えて全部消えちゃった。。。

ぐぅぅ~。

原作を読んでおらず、ストーリーもほぼ知らないまま見たのですが、企業の思惑、犯人の要求、警察組織の実態、すべてが絡み合って『よくできてるなぁ~』って感じでした。

少し予測できてしまった箇所もありましたが、楽しめました。

登場人物の背景とか、よくわからん点もあったので原作を読んで深めたいと思います。

(“レディ"の役どころも今イチつかみきれなかった。もう少し重要な役かと。。。)

あの太い上下巻を2時間ちょっとの映像に収めようとしたら、入りきれないところもありますよね~(^^ゞ

(しかも高村薫氏の本はやけに字数が多く感じるのは私だけでしょうか?)


渡哲也、渋いです。でも一番印象的だったのは徳重聡の目ヂカラ!

吉川晃司の不適な笑みも不敵ある意味印象的でしたけど(笑)

菅野美穂も相変わらずかわいー。きっと原作では佳子(菅野)と孝之の話ももうちょいあるよね…

加藤晴彦もなんかかわいかった。(かわいいという歳でもないのでしょうが。。。)

先に映像を見てから原作を読む事の醍醐味は、登場人物の顔を思い浮かべながら読み進めることができる点。たま~にイメージとまったく合わないときもあるけど。

早く原作を読みたい!気分にさせられた1本でした。


AD

コメント(1)