ガタカ

テーマ:
タイトル: ガタカ

監督:アンドリュー・ニコル

出演:イーサン・ホーク/ジュード・ロウ/ユマ・サーマン

(1997年/米)

公開時キャッチコピー
残酷なまでに美しい未来…愛だけでは君に届かない

文句なし!ここ最近の一等賞です!

遺伝子工学が発達した近未来では、生まれた直後に寿命までわかってしまい、遺伝子操作を受けずに生まれる子供は[神の子]とされる。それは「不適合者」との烙印を押されることであり、何をするにも遺伝子チェックを受け、迫害されてしまう。。。そんな世界でイーサン・ホーク演じるビンセントが知力・体力というギャップを乗り越えるが、遺伝子の壁を越えられず、DNAブローカーと取引した。超エリートのジェローム(ジュード・ロウ)から検体の協力を受けてガタカ・コーポレーションに一級宇宙飛行士として採用され、宇宙へ飛び立つ夢を叶えようとするストーリー。


参りました!!素晴らしい!

ジャンルとしてはSFだと思いますが、ヒューマンドラマでもあり、ラブロマンスあり、スリルありです。

映像がキレイ。音楽・衣装も作品を引き立てています。

なんと言っても、ジュード・ロウ美しい~!ユマ・サーマン鼻たけぇ~!イーサン・ホーク笑わない方がハンサムだぞ~!最後までばれないかとドキドキで、目を離せませんでした。

心に残ったのは主人公の台詞。「おれにできることを決めつけるな!」(だったかな?)えーと、つまり可能性を否定するな、っっていうことを言ってたんですが。

ラストでは検査技師の人情にホロリ。ジュード・ロウの最後の言葉も良かったと思います。

見終えたあとに、大満足な作品でした。

AD

コメント(1)