大奥

テーマ:
大奥

監督:林徹

出演:仲間由紀恵、西島秀俊、井川遥、及川光博

2006年/日/125分


正徳二年(1712年)、第七代将軍・家継の時代。将軍と呼ぶにはあまりにも幼い、齢4つの将軍をめぐって、江戸城では表裏舞台がうごめいていた。
第六代将軍・家宣に取り立てられ、幼将軍・家継の後見人となった側用人・間部詮房。能役者から、幕府の実権を握る地位にまで登りつめた間部を快く思わない、秋元喬知をはじめとする老中たちとの醜い幕閣の権力争いが表面化する中、大奥でも、先代将軍未亡人・天英院と若く美しい将軍生母・月光院との女の意地を賭けた闘いが繰り広げられていた。そんな混沌とした大奥に、月光院の推挙で若くして大奥総取締に昇格した絵島(仲間由紀恵)。月光院の信頼も厚く、大奥女中の間でも信頼と人気を集めるに至ったが、それは対立する天英院派の不満とストレスの矛先へと変わっていった。
そんな折、間部と月光院の恋のうわさが流れる。この機を逃さぬ天英院は老中たちと結託し、月光院の右腕である絵島を謀りにかけるのだった。寺社詣の帰りに寄った歌舞伎観劇で、絵島は役者の生島新五郎と出会った。男を知らず生きてきた絵島は、美男子・生島に魅了されてしまう。それが天英院の策略だとも知らずに……。
Amazonより

圧巻。なんて綺麗な着物たち・・・(ソコかい!)

でも確か、衣装代がかなりかかったとかニュースで見た記憶がちらり。うーん、綺麗でした。

大奥といえば、今はよしながふみさんの逆大奥にはまってるんで(あ、こちらも映像化されるみたいですね)将軍が幼くて、お殿様の酒池肉林の世界よりも母と子、月光院と絵島の絆、女の人の恋物語っていうのか。飽きることない2時間でした。(これはドラマの延長だったのかな?ドラマ見てないけど・・・。)

西島氏、いいですね。最後は落ち武者みたいになってましたが・・・。

そして、エンドロールで気づいた、北村一輝!思わず巻き戻して確認した(笑)あっ、メガシャキだ!好きです。

出番少なかったけど。友情出演とかでやたらとキャストも豪華でした。



AD

映画迷走記

事件は超高校級と謳われ将来を嘱望されていた高校球児の殺人事件から始まる。たまたま彼の父である諸岡三郎(石黒賢)から、もう一人の息子である弟 の進也(中村蒼)の捜索を頼まれていた探偵事務所の加代子(加藤ローサ)は、進也にかけられた兄殺しの容疑を晴らすべく、父親の探偵事務所長の浩一郎(宅 麻伸)、愛犬のマサと真相の究明に乗り出す。

時を同じくして、巨大製薬会社である三友製薬内でも事件が起きていた。三友製薬が過去に開発した薬品の治験方法をネタに、三友製薬に恨みを持つ結城 (津田寛治)が強請をかけていたのだ。社長の幸田(大杉漣)から内密に処理すべく指示を受けた社員の木原(小市慢太郎)は、極秘裏に対応を行おうとする が、三友製薬の負の所業を知るにつれ、どう対応するべきか次第に悩み始める。

徐々に繋がりを見せる二つの事件。登場人物それぞれの苦悩の果てに見える事件の真相とは?ドラマW特設サイトより引用


原作:宮部みゆき

監督:下山天

脚本:伊藤崇

出演:加藤ローサ、中村蒼、宅間伸、石黒賢

2010年/110分(くらい)


原作、読んだのだろうか・・・。覚えてない。けど見てるとなんかストーリー知ってたから昔読んだのかも。読書日記をつけ始める前に。宮部みゆきさんの作品好きなので、WOWWOWのドラマWで放映されると知ってから「絶対見よう」と気合いいれてました(笑)随分前に実写化された「クロスファイア」では矢田亜希子が可愛かったんだよね~、と記憶にひたりつつ。。。


加藤ローサちゃん、可愛いですね。加代子役って少しうっとうしがられちゃいそうな感じなんだけど、嫌みなくサラリと好演してました。で、進也役のコ、可愛い~(笑)雨風呂で書いてるみたいですね。今後の活躍に期待です。お兄さんとの信頼関係や最後の台詞がすごくよかった!可愛いし(笑)

元警察犬というシェパードのマサが渋いっす。普段はおじいちゃんぽくしてるけど、いざという時には・・・て。

宅間伸がめっちゃ格好イイ役どころなんだけど、一番涙しちゃったのは石黒賢の熱演かなぁ。DVDになってもっと多くの人に見られるといいな、と思います。

もう一度原作探して読んでみようかな・・・


パーフェクト・ブルー /宮部 みゆき
AD

七夜待

テーマ:
七夜待
監督:河瀬直美
出演:長谷川京子
制作:2008/日/89分


人生のリセットを求めてタイに着いた日本人女性・彩子が、タクシーに連れて行かれたのはホテルではなく森の中。その川のほとりでフランス人青年グレッグに出 会った彩子は、彼が同居するタイ人母子の住む高床式の家に連れて行かれる。言葉も通ぜず、ここがどこかもわからない彩子だが、不安と苛立ちの中でそこで受 けた古式マッサージで心の安らぎを得ていく。少しずつ周囲と調和していく彩子は、そこで七つの夜を過ごす。goo映画より

うがぁ!
まず、なぜこの映画を見ようと思ったのか。
1)七夜侍と勘違いした(ちょっと時代モノかと・・・)
2)あ、タイが舞台なんだ・・・(気になる~)
3)30代女性の自分探しの旅!?これは見なきゃ!

結論から言うと、美しい風景以外に得たモノはなにもない。
残念ながら何を言わんとしてるのか、まーーーーったくわからなかった・・・
異国の地に乗り込んでおきながら、意思の疎通が図れないことにキレ気味な主人公には共感なんてできないし、タイの文化をよく知らない私がどうこう言うことではないけど、幼い子供を出家させたい母親の勝手な言い分にもイライラし・・・。そう、イライラしちゃうんです。

美しい映像も多いけど、日常っていうかさりげないシーンも多く。その繋ぎ方がまったくわからず。感性の問題かもしれませんけど。うーん、残念。最後の大どんでん返しを期待してラストまで粘ったのですが・・・がくり。
長谷川京子さんは美しいです。うん。
わたくし的には音声を消して、映像だけを楽しむならアリなのかな・・・という感じです。




AD
テネイシャスD 運命のピックをさがせ!

監督・脚本:リアム・リンチ

出演:ジャック・ブラック、カイル・ガス、J.R.リード、

制作:2008/米/93分


大のロック好きの少年JBは、ディオ様の啓示を受けてロック求道の旅へ出る。ハリウッドにやってきたJBは街頭でギターを弾くKGに出会い、たちまち彼の腕にほれ込んでしまう。やがて二人はロックユニット「テネイシャスD」を結成。賞金付きのバンド大会を目指すが曲が書けない。そんな時、二人はロック雑誌を見ていると、ビッグになったバンドのギタリストはみな同じピックを使っていた事を発見!“運命のピック”を求める旅に出た。goo映画より


スクール・オブ・ロックを見て以来、何かと気になるジャック・ブラック。

実際に俳優業の傍らテネイシャスDというバンドをやっているそうで、同名のテレビ番組も人気だったとか。


深夜に大爆笑。

田舎に住んでてよかった・・。

ジャック・ブラックの顔の表現力すごくないですか!?

決してお上品なネタばかりではない(上品ではないネタが大半でした)ですが疲れた心にパワーチャージ(笑)


スクール・オブ・ロックの続編がでるという噂も見かけましたが、見たい!ほんとなのかな。

けど子供達は大きくなってしまったでしょうね~~~

ララピポ

テーマ:
ララピポ
監督:宮野雅之
原作:奥田英朗
出演:成宮寛貴、村上知子、中村ゆり
制作:2009/日本/93分


a lot of people

たくさんの人々がいるねー。

風俗のスカウトマン栗野(成宮)は言葉巧みに女性を風俗店やAV業界に送り込む日々。嘘をつくことが幸せになるコツだと幼少時に悟った彼は、嘘八百並べ立てては女の子達の機嫌をとりつつ地獄へと送り込んでいく。が、現実世界を抜け出したかったトモコ(中村ゆり)にとっては栗野は自分を救い出してくれた救世主。嘘と分かっていても栗野を信じAV界へと身を投げ込む。
一方栗野の真下の部屋に住む博は太って・さえない・もてない男。毎夜、栗野の部屋から漏れる情事の音で妄想にふける日々。ある日出会った巨体の小百合と抱き合うが、小百合は自らの隠し撮り裏DVD販売を生業にしていて・・・

いろんな人々がいて、少しの繋がりと、優しさと、悲しさと、世間の辛さと(笑)、ミックスされた作品。
原作読んだ時もちょっと思ったけど、「あちゃ~」って。
成宮くんのチャラいスカウトマン役、めちゃはまってた。オーバーアクションと嘘くさい笑顔(笑)
森三中の村上さんも弾けた演技で。
多少「そりゃないでしょ」っていうような特撮チックな表現はあるものの、笑える。
みんな頑張って生きてる。どんな人でも。いろんな人が。
シュールでパワフルな作品。

ハリー・ポッターと秘密の部屋

テーマ:
ハリー・ポッターと秘密の部屋

2002年

久々見てみた、第二弾。
懐かしいです、もう8年も前なのか~。(映画館に観に行きました)

伯父さんの家で楽しくない夏休みを過ごしていたハリーの元に表れた妖精ドビー。
ハリーの為といいつつもろくな事をしてくれない(笑)ばかりか、楽しみにしていたホグワーツへの帰投をやめろとまで・・・

少し魔法を使えるようになった一同と、やはりぬきんでた才能の欠片がチラホラするハリー。
さらに友情を固め、力を合わせてグリフィンドールを優勝に導いていく。
やっぱ、先生達もハリー寄りっていうか、時々スリザリン寮が気の毒になるときもあるんだけど、うまいんだよね、憎たらしい演技が(笑)

あと何作くらい、ダニエル君の顎が割れずにいるんだっけ・・・
(顎割れ好きだけどさ)
可愛くて懐かしい作品でした♪

ハリー・ポッターと賢者の石

テーマ:
ハリー・ポッターと賢者の石
2001年

WOWWOWで放映されたので、最初の方のストーリーうろ覚えだなと思って見てみた。

ら・・・。

ハリー(ダニエル・ラドクリフ)めちゃかわええ~~~
もう10年近く前だもんね~~~
奥ゆかしいわ~~~

絵に描いたような不幸な少年が魔法学校への入学を許され、トモダチができて・・・
やっぱり不思議な世界観がすごく好きです。

イル・ポスティーノ

テーマ:
イル・ポスティーノ [DVD]

監督: マイケル・ラドフォード
出演: フィリップ・ノワレ / マッシモ・トロイージ / マリア・グラッツィア・クチノッタ / リンダ・モレッティ
制作:1995年/伊/103分
解説(goo映画より抜粋)
ナポリ沖合の小さな小島を舞台に、貧しい純朴な青年が、島を訪れた詩人との友情を通して次第に自己に目覚め、愛を知り、人間として成長していく姿を、温かくユーモラスに描いた感動編。実在したチリの偉大な詩人パブロ・ネルーダ(1904~73)をモデルに、同じチリの作家アントニオ・スカルメタが書いた小説『バーニング・ペイシェンス(燃える忍耐)』(本邦未訳)を、「スプレンドール」などに主演したイタリアの喜劇俳優マッシモ・トロイージが映画化した作品。10年来の親友であるイギリスのマイケル・ラドフォード(「白い炎の女」)に監督を依頼し、予定していた心臓移植の手術を延期してまで撮影に臨んだが日に日に極度に体力が衰えて、クランク・アップの12時間後、95年6月4日に41歳の若さで夭折した。

エンドロールの前にマッシモ・トロイージに捧ぐ、とあったので亡くなっているのかとは思ったのですが・・・
まさに命をかけた、作品なんでしょうか。
物語は淡々とし、美しい風景、閉鎖された環境、フリーターみたいな主人公・・・
不器用な若者が時代のスターにおそるおそる近づいていき、友情を得る。。
意外性はないけれど、美しい故郷の姿に気づかされる若者の姿や朴訥とした人々との触れあいで何かを掴んだかのような老人の姿、なかなか魅せてくれます。でも眠いときはちょっと危険か(汗)素敵な音楽で夢に誘われちゃうかもw

つみきのいえ

テーマ:
つみきのいえ (pieces of love Vol.1)


内容紹介

★第81回アカデミー賞 短編アニメーション賞受賞
★アヌシー国際アニメーション映画祭2008 アヌシークリスタル賞(最高賞) 受賞
★第12回文化庁メディア芸術祭 アニメーション部門大賞 受賞
その他国内外の映画祭にて20の賞を受賞

【作品クレジット】
監督・アニメーション 加藤久仁生
脚本 平田研也
音楽 近藤研二
プロデューサー 日下部雅謹 秦祐子

【あらすじ】
まるで「積み木」のような家。
海面が、どんどん上がってくるので、
家を上へ上へと「建て増し」続けてきました。
そんな家に住んでいるおじいさんの、家族との思い出の物語。

13分のアニメーション。
話題になっていたことはよくみかけたし、ちょこちょこ映像も見たことあったのだけど
全部を通してみると静かな中にもおじいさんの寂しさ・喜び・なつかしさ・悲しさ・
いろいろな気持ちが詰まっていて思わず見入ってしまいました。
ずっと昔から積み木のように建てましてきた家。はじめは奥さんとふたりで。
家族が増え、離れ、また増え、ひとりになり・・・・そんな歴史のすべてをみてきたつみきの家。
寂しいけれど、乾杯シーンを見て少し暖かい気持ちになりました。

レオン

テーマ:
レオン
監督:リュック・ベッソン
出演:ジャン・レノ、ナタリー・ポートマン
制作:1994年/米仏/133分

受けた仕事は完ぺきにこなすニューヨークの殺し屋、レオン。その無口な男へ、悪徳警官に家族を殺された12歳の少女マチルダが助けを求めてきた。復しゅうを誓う少女と、彼女を守る殺し屋。そこに「凶暴な純愛」が生まれた。

ナタリー・ポートマンの美少女ぶりを再確認(笑)
というわけでもないんですが。レオンもう何回も見てるけどこのブログ始めてからは見てない?かも?
数日前に美しく成長したナタリー・ポートマンを見て、懐かしくなって再見。
うう、渋いぜレオン。不器用に生きる孤独なヒットマンが、次第に心を開きマチルダを守ろうと・・・
さすがの躍動感で画面から目を離させません。
同監督の「ニキータ」も好きで何度か見たなぁ。とまた見たくなったり。
孤独なヒットマンが愛を知る・・・っていう設定が私のツボなのかもしれませんが。
何度見てもいいっす。