フライ・ダディ・フライ!

テーマ:
フライ,ダディ,フライ

監督:成島出
出演:堤真一、岡田准一
(2005年/日/121分)

や~~~~っと観ました(涙

このタイトルと表紙故に、映画化される前から原作気になりつつも読んでいなかった作品。(まだ読んでない・・)

金城 一紀
フライ,ダディ,フライ

中年サラリーマン鈴木(堤真一)。まずまずの出世街道を歩み、優しい妻と可愛い娘がいてマイホームも持ちまぁまぁ満足な日々を送っている。ある日、娘が怪我をして病院に運び込まれたという連絡を受ける。

駆けつけた鈴木の目に映ったのは変わり果てた娘の姿。顔の形が変わるほど殴られていたのだ。

犯人はボクシング部に所属する他校の生徒だという。しかも生徒の父親は大物政治家。。。

心からの謝罪を要求する鈴木だが、権力に跳ね返されてしまう。

しかも娘の信頼も失った鈴木は、やり場のない怒りを抱え、生徒の学校に復讐の為乗り込む。

が、学校を間違えた挙句に暴れているところをスンシン(岡田准一)にノックアウトされてしまうのだったー。

スンシンらは鈴木に「相手をやっつけるため」のトレーニングを持ちかける。

こうして鈴木のアツい夏休みが始まった-。


公式サイト


まず。

「堤真一が高校生の娘のいる父親の設定かよ!」

となんだか時の流れを感じてしまいました。

家族をとても大切にしている父親役。若すぎない?と思いつつもその熱演ぶりに引き込まれてしまいました。大切な娘が傷つけられ、自分のプライドをも踏みにじられて押さえ切れない怒り。

もしも自分の家族が同じような目にあったとしたらー。と置き換えずにはいれません。

「3日もったら褒めてやるよ」と言われたスンシンの過酷なトレーニングに息も絶え絶えしがみつく姿。

り、リアルでした・・・。うまいね。

後半、ぐんぐん成果が見えてくると始めの頑張っていた姿も脳裏にちらつき、「うんうん(´⌒`。qホロリ」と暖かい気持ちになりました。


そして岡田演じるスンシン!渋い高校生ですね~。

誰よりも強くありながらも実は心に傷を負ったまま。表情も陰りがちですが、うーん、岡田君綺麗な顔してますねぇ。思わず見惚れてしまいました。ぶっきらぼうだけど、ホントの優しさを持っている・・っていうのがうまく出てました。

トレーニングの為登った木の上で、ぽつりぽつりと身の上話をするスンシン。

小さな子供のようでした。


『誰の為に闘うのか?』『何の為に闘うのか?』『闘ったその先は-?』


中年サラリーマンの青春映画+若者のおまけつき

って感じでしょうか。爽やかな後味です。

AD

恋愛小説家

テーマ:
恋愛小説家
監督:ジェームズ・L・ブルックス
出演:ジャック・ニコルソン、ヘレン・ハント、
    グレッグ・キニア
(1997年/米/138分)

人気恋愛小説家のメルヴィン。だが、その実態は中年を過ぎて独身、潔癖症で毒舌の嫌われ者。

同じアパートメントに住むゲイの画家サイモンとも諍いの絶えない日々を送っている。

そんなメルヴィンの楽しみはレストランに行き、お気に入りのウェイトレス、キャロルに給仕してもらう事。

だがキャロルには病弱な息子が。息子の為に勤め先を変えるかもしれないと聞いたメルヴィンは

コネを使い、自腹を切って名医を派遣する。

突然の親切に戸惑うキャロル。当然下心があるものと警戒心を見せる。

だがメルヴィンの変わらぬ毒舌ぶり・変人ぶりを目の当たりにし、息子が次第に元気になっていく様を見て彼に感謝するように。

ある日、サイモンが強盗に襲われー。


マンハッタンを舞台に不器用にはぐくまれるラブストーリー。


ジャック・ニコルソンファンの皆様ごめんなさい。

私、どうしても彼の微笑みが邪悪に見えて・・・・・°・(ノД`)・°・

ニコリ じゃなくて ニヤリとしか・・・(笑)

そういうキャラだから?カッコーの余波?

恋愛モノは苦手ですが、ジャック・ニコルソンがいー感じの味付け(笑)をしていたので楽しめました。

な~んでそこまで一言多いかな!?ってくらい余計なことを言っちゃうし、素直じゃないし・・・。

ナイーブな隣人サイモンとの組み合わせで相乗効果が。

サイモンの愛犬、ヴァーデルとメルヴィンの距離が縮まっていく様子は微笑ましかったです。

メルヴィンに懐いてしまったため、落ち込むサイモンを元気付けようとして失敗するシーンは思わず噴きだしてしまいました。


キャロルと食事に出かけ、彼女の機嫌を損ねてしまったメルヴィンが「褒め言葉」を求められて発した台詞。容姿とか、スピリチュアルな褒め言葉が出るかと思いきや、予想外の台詞。きっとああいわれてうれしくない人はいないでしょう!キャロルもまんざらではなかったのに、やっぱり余計な一言で地雷を踏み抜いちゃったんですけど(笑)


子供みたいなメルヴィン。キャロルの為に変わろうとするのが垣間見えて温かい気持ちになりました。恋愛モノがちょっと苦手な方にもオススメな一本。

AD

イン・ハー・シューズ

テーマ:
イン・ハー・シューズ
監督:カーティス・ハンソン
出演:キャメロン・ディアス、トニ・コレット
(2005年/米/131分)

なんてスタイルがいいんだ!キャメロン・ディアス!!


やり手の弁護士の姉と無職でだらしのない妹。

幼い頃からお互いにかけがえのない存在だけれど、いまひとつ気に入らない。

姉の大切にしているものを、悪気はないけど台無しにしてしまう妹。

妹の気持ちを汲み取ってやれない姉。

お互いの不在により、大切なことに気づかされてゆく-。


有閑マダムの紹介 で見たかった作品。DVD化されてましたぁ~≧(´▽`)≦

妹のいる身としては、姉のローズに感情移入するかと思いきや、そうでもありませんでした。

それは、ローズが容姿コンプレックスを除いては完璧すぎるから・・・?

キャメロン演ずるマギーが憎めないから・・・?

頑張ろうとしても、うまくいかない苛立ちや強がりの方が身近に感じられるから。。。

でも姉の立場、というか「妹を守りたい」という気持ちはとても伝わってきたし、わかります。

いいお姉ちゃんだ!見習わないと(笑)実際ウチは妹の方がしっかりしてますが・・・(;^ω^A


そして祖母役のシャーリー・マクレーン!すっかり引き込まれました

娘と孫たちへの想い、充実した日常。(私もアクティブな老後送りたい!)


ラスト、ちょっとじわり(゚ーÅ)ときます。



グラン・ブルー

テーマ:
グラン・ブルー<グレート・ブルー完全版>

監督:リュック・ベッソン

出演:ロザンナ・アークゥェット、ジャン・マルク・バール、ジャン・レノ

(1988年/米・仏/168分)


学生の頃、一度見たのですが再見。


ギリシャの美しい海で出会ったジャックとエンゾ。

ガキ大将のエンゾだったが小さなジャックに潜水で一目置いていた。

ジャックの父親が海で亡くなるという事故によって、ジャックの行方はわからなくなってしまう。

時は過ぎ、一流のダイバーとして活躍するエンゾ。

稼いだ金を使い、ジャックの行方を捜し、勝負しようと試みる。

そしてやっと見つけたジャックをシチリアで開催される素もぐりの大会に引きずり出したのだった。


美しい映像、可愛いイルカ、海を愛するふたりのダイバーのドラマ、堪能です。

冒頭シーンがモノクロで、色づいた時のギャップがまた良いです。

海だけではなく、ギリシャやシチリアの美しい街並みも心を浮き立たせてくれます。

とっても長いんですが、ジャン・レノの愛すべきオレ様演技や、ジャン・マルク・バールのキラキラした瞳を見ているとあっという間です。


「海底はつらい。上にあがる理由が見つからないから-」

海にとりつかれ、恋人にそう語るジャック。自らがその理由になれないジョアンナの慟哭。

ちょっと切ない気分を味わいながらも、やっぱりジャック&エンゾの友情に重みを感じます。


何を得る、というわけではないのですがとてもリラックスできる一本。

THE 3名様 春はバリバリバイトっしょ!

監督:福田雄一 原作:石原まこちん 出演:佐藤隆太、塚本高史、岡田義徳 (2006年/日/63分)


ついに見つけた☆探してたんです~*:..。o○☆゚・:,ヘ(゚∀゚*)ノ。*:..。o○☆


#022 「オレはどうしたらいい?」- ジャンボイチおしのシャツ -
#023 「これが、今だべ?」- ミッキーのオーバーオール -
#024 「ななっっ!!?」-ふるたちストロー -
#025 「あなたはスキーヤーです」- まっつんイチおしのTシャツ -
#026 「盛り上がっちゃうなぁ…」- ミッキーイチおしのサバンナスタイル -
#027 「よしんば…」- まっつんのパソ -
#028 「プチ幸せ」- ジャンボ理想のエルメス -
#029 「オレはどうしたらいい?(2)」- まっつん理想のエルメス -
#030 「ちげーって!!」- ミッキー理想のエルメス -
#031 「犬のマネじゃ笑わないでしょ」- まっつんのケータイ -
#032 「花粉、飛んでっかんな」- 花粉セット -
#033 「ミキ田一少年の事件簿」
ending "男なら3名様"


ん~、だけど1巻目ほどの笑い・インパクトに欠けますね。。。

♯024のパフェおじさんは悲しくもツボりましたが・・・(笑)

1・2を見てキャラ設定がわかってると、面白いかもしれないけどこの巻だけ見ると微妙みたいですヽ(;´ω`)ノ

『待ってました!』って感が大きかったので、それだけで満足な一本。