私の頭の中の消しゴム

テーマ:
ケシゴム
監督:イ・ジェハン
出演:チョン・ウソン、ソン・イェジン
(2005年/韓)
 死よりも切ない別れがある

『泣くぞ!』と気合い入れすぎたのか、号泣まではいきませんでした。

でも『ここが泣かせどころなんだろうな…』とわかっていながらも泣いてしまう(笑)


無愛想なチョルスと破れた恋に傷ついたスジン。コンビニで運命的な( ̄□ ̄;)出会いをして恋に落ちます。チョルスを家族に紹介したいスジン。人生に恐れを抱き、「責任をとりたくない」と宣うチョルス。

スジンのちからわざ(!!)で結婚。幸せな日々を送る中、家への帰り道が分からなくなってしまうスジン。

物忘れが輪をかけて激しくなり日常生活に支障が出始めた頃アルツハイマー 」と診断されてしまいます。

肉体的な死よりも先に、精神的な死が訪れる-

スジンは別れを決意しますが-?


二人の「運命的な出会い」にはちょっと引いてしまったものの、惹かれ合うようになっていく段階がとってもよかった!スジンと一緒に私もチョルスに恋してしまいました(笑)

いや~、惚れるでしょう!あれは!この作品のチョン・ウソン格好良すぎです!

はにかみ笑顔、最高!ナイスバデー!セクシー!ε=ε=ε=ε=ε=(o;´ρ`)o-3


                  チョン・ウソン

MUSA-武士-の時はそこまではまらなかったけれど。チョルスというキャラはまさにツボ。


そして、ヒロインのソン・イェジン。

冒頭シーンのメイクに少し驚きましたけど、笑顔が可愛い!仕事のできそうなワークウーマン風な格好やいかにもお嬢様~なファッションも、彼女はさらりと着こなしています。

普段なら殺意が湧くかもしれない甘えぶりも、ソン・イェジン演じるスジンなら許せる(笑)!

とにかく美男美女の物語なワケです。


後半は切ないです。幾度チョルスとスジン、周りの人の涙を見たことでしょう。

どんなに大切に思っていても記憶はどんどん消えていく。

すべてを忘れてしまうことを恐れるスジン。忘れられる事に苦しむチョルス。

ちょっとネタバレですが、一番泣いてしまったのはチョルスがスジンから「愛してる、ヨンミンさん」と語りかけられたとき。悲しそうな目で「俺もだよ」と答えたシーンでは涙が止まらず。。。。

その後のスジンの悲しみにもひきずられました・・・。


いろいろと突っ込みどころもあるのですが(笑)チョルスを演じるチョン・ウソンを見ただけでも大きな収穫でした。アンダーグラフの「遠き日」はイメージソングなだけで作中に使われているワケではないのですね(^o^;

オフィシャル では使われているのですが。もうイメージがついてしまって・・・。

しばらくは「遠き日」で消しゴムに浸ることにします(笑)



すべての記憶の中で最後まで残っているものが、あなたとの想い出でありますように-。

AD

9000マイルの約束

テーマ:
9000マイルの約束
監督:ハーディ・マーティンス
出演:ベルンハルト・ベターマン、ミハエル・メンドル
(2001年/独/158分)

二次大戦後、戦犯としてシベリアに送られたドイツ兵クレメンス。

「必ず帰る」という約束を果たすため収容所を脱走し9000マイルの道のりを歩きはじめる-。


今知ったのですが、実話に基づく小説が映画化されたものらしいです。

9000マイルって、14,208㎞。大体私が車で1年間に走る距離です\(||_ _)/

ただ、平坦な道じゃなく美しいけれど命をも危険にさらす雄大なシベリアの自然の中、野生動物・追っ手から身を守りながらの逃避行。何度も死ぬような目に遭いながら、心に浮かぶのは妻と娘と会ったこともない息子の姿(゜ーÅ) 不屈の意志で故郷に辿りつきます。

公式サイト にクレメンスの辿った道筋の地図が。


とにかく寒そう、辛そうで心に痛い映画でした。収容所のシーンとか。

見ていて自分の無知さに愕然としました。世界各国で同様に捕虜を働かせたり、虐殺したりという事実があったと思うのですが、あまりに知らなさすぎて。遅いかもしれませんがちょっと調べて みたり。

主演のベルンハルト・ベターマンの両祖父は実際に捕虜収容所に何年も拘束されていたのだとか。

いろいろと考えさせられます。


(見ていて寒くなってしまい、電気カーペット入れました。。。( ̄□ ̄;)!!)


痛い箇所も多いですが、映像的に美しいと思ったシーンもたくさん。

(シベリアの自然。父を待ち続ける母娘の住むドイツ。娘が郵便配達から手紙を奪い去るシーン、綺麗)

大きな感動はありませんでした(゜∇゜ ;)!?が、記憶に残る1本。


AD

バタフライ・エフェクト

テーマ:
バタフライ・エフェクト
監督:エリック・ブレス&J.マッキー・グラバー
出演:アシュトン・カッチャー,エイミー・スマート
(2005/米/114分)
もしも過去が少しだけ変えられるとしたら、
      あなたは誰のために何をしますか・・・?



公開当時、とっても見たかったのに時間の都合がつかなかった作品。


母親と二人で暮らすエヴァンにはずっと入院したままで会ったことのない父親がいた。父親に会いたいと願うエヴァン。時を同じくしてエヴァンの変調に気づく母親。エヴァンの記憶は所々とぎれてしまうようになる。失った記憶の部分では何が起こったのか-。


非常に興味深い内容です。

日々、「あのとき、もしもこうしていたら・・・」と考えることは少なくありません。

不用意な一言で人を傷つけてしまったり、窮地に追い込まれてしまったり。私などはまだまだ人間ひよっこなので常にベストな選択というモノができないです。この映画では「もしも~たら」を実現できる主人公の悪戦苦闘ぶり、心の葛藤が描かれていて、夢のような能力の弱点(?)もみえます。

ほんの些細なことが変わるだけで、自分や周囲の人の人生に大きな影響をあたえるかもしれない。

誰かが幸せになって、誰かが不幸になるかもしれない。もう、神の領域?

時系列がめまぐるしく変わりますが、いや~面白かったなぁ。


主演のアシュトン・カッチャー、見始めはそうでもなかったけど見終わる頃には「格好いいかも・・・?」と思わせる不思議な魅力が。優男風(笑)


ラストが切なかったです。。。。それがエヴァンのとらざるを得ない最上の選択だったのでしょうね。

AD

ボーン・スプレマシー

テーマ:


ボーン・スプレマシー
監督:ポール・グリーングラス
出演:マット・デイモン 、フランカ・ポテンテ
(2004/米/108分)

ボーン・アイデンティティーでは記憶を失った男が自分の過去を取り戻しながら争乱の最中に巻き込まれていくというストーリーだったと思いますが、今回も記憶が戻らないながらも暗殺者に気付き、濡れ衣を着せられた自分の身の安全の為闘いの渦中へ飛び込んでいく-。といった感じです。


前作を見てから時間が空きすぎ、内容をあまり覚えていなかったのが敗因のようです。。。

作戦の名前は何となく覚えていたけど、どんな内容だったのか思い出せないまま終わってしまった(笑)

トレッド・ストーン計画って何だっけ!?

と、いうことはこの作品から見始めるとちょっと入り込めないかも?

マット・デイモン、老けましたね…。私の中のイメージは「グッド・ウィル・ハンティング」とか「リプリー」で止まっていたので改めて見てちょっとびっくり。アイデンティティの時もこんなカオだったかしら。。。?


アクションシーンは純粋に楽しめました。

「彼らに偶然や思いつきなんてないわ。常に狙いがあるのよ。」

と評されていた通り、記憶なくてもさすがトップエージェント。動きに無駄がない(笑)

ひとつ疑問に思ったのは、荷造り(?)するときに色々なところからブツを取り出していたのですが(パスポートはバスルームの鏡の裏に貼り付けてあったし、現金は机の引き出しの奥に落とし込んであった?)大切なモノを金庫などに入れず、わかりにくい場所に隠すのは彼が用心深いから?それとも外国ではそれが一般的なのでしょうか?

なんて些細なトコロに引っかかってる間にストーリーがどんどん進んでしまったり(笑)

舞台が沢山の国々に切り替わるので、たくさんの街の印象が入り交じって面白いです。

先に前作みて予習しておけばもっと楽しめたかなぁ。惜しかったなぁ。

誰か、トレッド・ストーン計画覚えていたら教えてください(笑)


SURVIVE STYLE5+

テーマ:
SURVIVE STYLE 5+
監督:関口現
出演:浅野忠信/橋本麗香/小泉今日子
    阿部寛/岸部一徳
(2004年/日/120分)
Nobody is Perfect-みんなちょっと変態

やっと記事をUPできます(^o^;


何と申しますか、日本映画ではないニホンエイガという事らしいのですが。

監督はCM業界で活躍するディレクターらしく。CMっぽい要素がてんこ盛り。

豪華キャスト含め、かなりのインパクト(笑)


殺しても殺しても凶暴になって蘇ってくる妻(橋本)を殺し続けようとする男(浅野)

観客に催眠術をかけたまま殺し屋(ヴィニー・ジョーンズ)に殺されてしまう催眠術師(阿部)。

催眠術をかけられた観客(岸部)とその家族。

新CMをテープレコーダーに吹き込み、自己陶酔に浸る女(小泉)。

空き巣をして生活する3人組。

5つ(?)の奇妙な人生が錯綜。時に交差し、絡み合う。


テーマはよくわからない(笑)。けれどとてつもない勢いを感じる作品。

出演陣の壊れっぷりがスゴイ!爆笑というわけではないのですが「この人がこんな役を…」という驚きや「ありえね~っ!」という鼻から抜ける笑いの連続。

音楽がかなり疾走感をもりたててくれます。ここ 開くと少しだけ流れます。

浅野忠信は結構怪しい感じの役って多い気がするのですが(そこもスキ!)今回は周りが強烈過ぎて普通かも?妻を殺さなければ、という強迫観念はイマイチ理解できなかったのですけれども。妻がスゴイ!毎回パワーアップ。殺されてもX2戻ってきては夫に愛情を注ぐのですが(そして反撃!)、無表情さが不気味で見てると理解しづらい二人の関係にもなんとなく納得できてしまう(笑)

阿部寛は壊れっぷりがナンバーワン!こんな奴いたらかなりイタイ(笑)でも笑っちゃった~。

岸辺一徳のおとぼけ表情も見逃せないけど、息子役で神木隆之介が出てたのはポイント高い(笑)

けなげです。素直です。こーゆー役がハマってますよね。

家族でショーに出かける時の車中、一家揃って爆音にノリノリだったのが笑えた~。真面目~なカオしてね。

小泉今日子の怪しい笑いも必見。荒川良々の通訳も微妙にツボったかな~。殺し屋無駄に豪華(笑)


と、何を訴えたいのかがわかりづらい作品ではありますが(小林ファミリーの件はわかりやすい?)画面の色遣い・リズム・キャストで魅せます。『こうなのかな~、こうだったのかな~』って結構後々まで考えてしまう(笑)

気になった方は一度公式 チェックしてみてくださいw

チャーリーとチョコレート工場

テーマ:
ウォンカ
監督:ティム・バートン
原作:ロアルド・ダール
出演:ジョニー・デップ
    フレディ・ハイモア
(2005年/米/ 分)

やっと見に行ってきました(≧∀≦)実は一度書いた記事が消えてしまったのですが(笑)気を取り直して。


笑えるくらい傾いた家に住む少年チャーリー。

貧しいながらも両親と二組の祖父母、7人で幸せに暮らしています。

心優しいチャーリーの憧れは町にあるチョコレート工場。

ある日、工場に5人の子供が招待されることになり-!?


なんとも笑いを堪えるのが大変でした( ̄∀ ̄*)

まずは我らがジョニーデップ。へんてこなマッシュカットにまっちろに塗ったカオ(笑)それだけでもやられた~!って感じなのになんてコミカルな動き!表情!大人げないし、「ケケッ」と高笑いするし…(笑)

時々トリップするときの表情がまた(笑)目、やはり目がポイントだったですねぇ~♪

子供の心のまま大人になった人って感じですねw毒を隠し持ってますが。

ネバーランドで共演したフレディ・ハイモア少年は目が澄んでいて綺麗☆

ワタクシ的にはハーレイ 少年以来のヒット!

                     チャーリー


ジョージじいちゃんのひょうきんな姿も大好きです。4人合わせて381歳ですからね。

でもでも。。。この作品を語る(?)うえで、はずせないのはウンバ・ルンバ!!!!

嫌味な子供達や親をこきおろすあの歌!ダンス!動きがたまりません!!!

一番好きなところは水泳キャップをかぶって、次々にチョコレートに飛び込んでいくシーン。

映画館はしーんとしてたんですが「うっくくくくく…」と吹きだしそうになるのを堪えるのが辛かった☆

ご覧になった方のレビューを見てると、「夢に出そう」(笑)というのが多かったですが、まさに!

彼らを見るためにDVD出たら絶対もう一度みたい(笑)

                     ウンバルンバ

Yesのジェスチャーは早速使ってます(爆 あほです。。。

何よりウケたのは、ウンバ・ルンバにそっくりな顔の人を思い出した!

ずっともやもやしてたのが、今日気付いて大爆笑!まぁ、その方はパンチパーマですが…(爆)


夢のようなチョコレートの国。

だけどからくり人形がグロテスクに燃え落ちたり、w( ̄▽ ̄;)wカギをわざと見つからないようにしたり。悪意が垣間見えます(笑)侍さん が斬られていたとおりです。ハートフルウォーミングな映画を期待していってはダメですね!チクッときますよ~!

見終わった後にチョコレートが食べたくなったり。。。≧(´▽`)≦単純~



オペラ座の怪人

テーマ:
オペラ座の怪人
監督:ジョエル・シュマッカー
出演:ジェラルド・バトラー、エミー・ロッサム
(2004年/米/143分)

かの有名なミュージカルの映画化。

かなり大がかりな舞台にゴージャスな衣装。んん~、スゴイ!

作中の歌も俳優・女優がそれぞれ歌っているのだとか。エミー・ロッサムのソプラノ綺麗!!

でも怪人は………?


現代をモノクロで見せて、1870年代をカラーで見せるのにもグッときました。切り替わりが美しい~。

舞台シーンはとても楽しめました。


                オペラ座の怪人

                (↑↑思わず爆笑。小林幸子もびっくり)


で。ひとつ気付いたのだけど、ミュージカルっぽい作品はあまり得意ではないみたい。

(ダンサー・イン・ザ・ダークも違和感あったし)あ、サウンド・オブ・ミュージックは別です。

画的な美しさには目を奪われましたが、いちいち歌ってやりとりをするのが…(-_-;

ちょっと寝そうになってしまいました(笑)長いですしね、これ。

心と時間にゆとりがある時時にオススメです

ブルークラッシュ

テーマ:


ブルークラッシュ
監督:ジョン・ストックウェル
出演:ケイト・ボスワーズ
ミシェル・ロドリゲス
ミカ・ブーレム
(2002年/米/104分)

夏前に、何かの特集で取り上げられていて気になっていた作品。友人の薦めにより見てみたら…

カッコイイーーーーーーーーヽ( ̄▽ ̄*丿

もう秋になろうかというのに、暑いオアフ島のサーフガール達を堪能しました。

10歳若かったら、きっとサーフボード買いに走ってるね(笑)

サーフィンと恋、トラウマに苦しむヒロイン。そばで勇気づけ、叱咤し、夢に向かわせる友人達。

文句なしの青春映画。


音楽がまた素敵でした。ノリノリ(死語?)です(笑)

自然に体が動いてしまう!(端でみるとかなり怪しいですね!?)

でも何が一番気になるかって、それはサーフガール達の水着!かなりの確率でビキニのトップが

うしろヒモなんですよ!波はナイアガラの滝よろしく激しいのに「お、おちちゃわないの?ソレ…」って

ずっと気になってしまいました(笑)

プロサーファーも多数出演しているらしいです。自分としては犬と一緒にボードにのったり子供達が

かわいらしくサーフィンしてる姿にほのぼのしちゃいましたが。


綺麗な海とナイスバデー(筋肉)なおねえちゃん、芸術的なサーフィン。

これだけでも十分楽しめますが、ヒロインの心の葛藤・彼女をとりまく人々の思惑。

良かったですw