民主党の安住淳選挙対策委員長は8日、国民新党の下地幹郎選対本部長と民主党本部で会談した。安住氏は会談で、国民新党側に対し現職重視で支援するよう要請した。これまで、小沢一郎前幹事長は新人候補を優先して支援するよう求めており、選挙支援体制でも「脱小沢」が進んでいる。

 また安住氏は国会内で社民党の渕上貞雄選対委員長とも会談、参院選での選挙協力を継続する方向を確認した。ただ、社民党は連立離脱に伴い選挙区での独自候補擁立を増やす方向で、具体的な選挙協力の行方は不透明だ。【朝日弘行、塙和也】

【関連ニュース】
民主党:参院複数候補区「見直しも」 安住選対委員長
菅首相:「枝野幹事長」発表 代理に「親小沢」の細野氏 樽床氏、国対委員長に
選挙:参院選 民主・安住氏、複数擁立「見直しも」

元衆院議員の有罪確定へ=村助役人事めぐる贈賄―最高裁(時事通信)
新首相動静(6月7日)(時事通信)
次男を11日間トイレ監禁、食事は食パンと角砂糖 母と交際相手を逮捕 (産経新聞)
橋下知事、因縁の樽床氏に「ノーコメント」(産経新聞)
<猟銃>鳥獣駆除作業中に2人死亡 銃で撃たれた跡 京都(毎日新聞)
AD