大分県別府市光町の大火で行方不明になっていたパート職員、工藤勝蔵さん(54)が17日午前11時過ぎ、同市のJR別府駅ビル内で見つかった。安否不明で、県警別府署が連日、焼け跡を捜索していた。

 同署によると、椅子に座っているのを知人男性(61)が見つけ、近くの交番に「工藤さんらしき人がいる」と通報。駆けつけた同署員2人が本人と確認した。火災は工藤さんら5世帯が暮らす松岡アパート東棟が火元とみられ、同署は出火当時どこにいたかや、その後の行動などについて事情を聴いている。

 同署は14日から焼け跡で遺体捜索を含めた実況見分を続けていた。同火災では31世帯57人が被災、うち1人が死亡した。【祝部幹雄】

【関連ニュース】
火災:桑田真澄さんの父、泰次さんが死亡 住宅が全焼
火災:東京の西新橋で10棟が燃える
火災:ラーメン店の客死亡 埼玉・越谷
火災:群馬で民家全焼 1人死亡
火災:別府でアパートや民家27棟全焼 2人が不明

「公設派遣村」終わる=全入所者が退去-東京(時事通信)
介護2施設でノロウイルス=1人死亡、41人発症-北海道(時事通信)
東京都心で初雪、平年より10日遅く(読売新聞)
<小沢幹事長>厳戒体制のなか長崎で集会に出席(毎日新聞)
自民追及チームが小沢氏の不動産を視察へ(産経新聞)
AD