東京都江戸川区松江のスーパー「マルエツ松江店」で12日、パート従業員の女性2人が一酸化炭素(CO)中毒になる事故があり、調理場にあった鮮魚のケースからCOが検出されていたことが13日、警視庁小松川署などへの取材で分かった。
 COには鮮魚の色落ちを防ぐ効果があるが、食品衛生法で禁じられている。同署はCOが混入された可能性もあるとみて、流通ルートなどを慎重に調べている。
 同署などによると、12日正午すぎ、従業員の女性(71)が鮮魚の調理場で倒れて病院に搬送され、同僚女性(57)も不調を訴えた。いずれも軽症だった。 

【関連ニュース】
疾病牛の肝臓を販売=無許可卸売業者ら逮捕
パロマ元社長らに有罪=「死傷発生の予見可能」
パロマ中毒死、11日判決=元社長ら無罪主張
廃棄とんかつ、かつ重に転用販売=食品衛生法違反の疑い
重体の女性が死亡=東京・足立のアパート放火

<転落>東京・狛江の市立中で女子生徒重体 飛び降りか(毎日新聞)
村井・長野県知事、8月の知事選不出馬を表明(読売新聞)
機会失った? 村井仁知事、憶測呼ぶ退任理由(産経新聞)
<内閣支持率>続落23%「危険水域」近づく(毎日新聞)
介護者を支える「ケアラーズ連盟」発足へ(医療介護CBニュース)
AD