鳩山由紀夫首相は20日午前、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題で、23日の関係閣僚との協議について「それぞれの意思を集めて議論していく。3月中には政府としての考え方を当然まとめる」と述べた。視察先の東京都品川区内で記者団の質問に答えた。

 ただ首相は「(政府原案をその場で)とりまとめるかどうか、まだ決めていない」と説明。「自分の意思は最終的に国民に示すが、まだその時期ではない(最終決着期限の)5月末は迫っているので、努力している最中だ」と語り、原案をまとめても直ちには公表しない考えを示した。

 首相は23日に、平野博文官房長官、岡田克也外相、北沢俊美防衛相らと移設先について最終調整を行い、その結果を踏まえて月末の日米外相会談や仲井真(なかいま)弘多(ひろかず)沖縄県知事との協議に臨むことにしている。

【関連記事】
「元の木阿弥」の政権交代 「利益誘導」型へ逆戻り
普天間問題 首相「県外は困難、気持ちを大事に…」
米国務次官補、訪日中止で駐米大使に陳謝
首相、普天間移設先の説明は「沖縄が中心になる」
普天間問題で首相、検討段階と強調 2案提示案は「推測記事」
20年後、日本はありますか?

子ども手当法、きょう成立 外国人申請殺到も 財源いまだ綱渡り(産経新聞)
「新人仕分け人」案、1日で幻に=首相要請に党側が難色(時事通信)
【あれから、15年 地下鉄サリン事件】(5)心救われない被害者(産経新聞)
<千葉法相>性別変更夫婦の子、「法的措置を検討したい」 (毎日新聞)
EXILE所属プロが2億所得隠し、国税指摘(読売新聞)
AD